団塊世代おじさんの日常生活

夏 日本で二番目に気温が高く、陶器と虎渓山と修道院で知られる多治見市の出身です。

「今どきの若い者は・・・」

2017-05-18 04:30:34 | 日記
中日新聞の投稿欄に77歳の男性が、「『若い者』への偏見反省」というタイトルで投稿されていました。


 「今どきの若い者は・・・」。
何かにつけてそんな思いを抱いていた私ですが、先日、それが偏見だったと思える出来事がありました。

 ある量販店で買い物をして駐車場に戻ると、
私のそばに30歳代ぐらいの男性が立っていました。
車のドアを開けた時に突風が吹き、隣にあった私の車に当たってしまったとのことでした。
1歳ぐらいの男児を連れていましたが、当ててしまった車の持ち主が現れるのをずっと待っていたのです。

 立ち去ってしまってもわからないという状況の中、
長時間待ち続けてくれていたとは、
奇跡のように思えてきました。
その日より少し前、電車の優先席を占領している若者を苦々しく眺めた経験があったので、
なおさら新鮮でした。

 さらに1ヶ月後、また驚くことがありました。
保険会社を介してのやりとりで十分だと考えていたのですが、あの若者夫婦が自宅に
お詫びに来たのです。
「今どきの若い者は・・・」なんて、もう言いません。


 以上です。


 この30歳代ぐらいの男性はしっかりしていますね。
若者はダメだとか年寄りはダメだとか、人を年代で一括りして判断してはいけないですね。
しっかりした若者もいれば、電車の優先席を占領する若者もいます。

 施設でバイトをしていた時、こちらが挨拶しても知らん顔している若者もいれば、
向こうから挨拶してくれる若者もいました。
若者とか、年寄りかという事よりも、本人の人間性ですよね。

 
 「立ち去ってしまってもわからないという状況の中、
長時間待ち続けてくれていたとは」。
このような状況で、私はこの30代の男性のような行動が出来たのか、自信がないです。(苦笑)






舟木一夫 特集 学園広場/高校三年生/修学旅行/仲間たち/君たちがいて僕がいた/あゝ青春の胸の血は/初恋/高原のお嬢さん
ジャンル:
ウェブログ
コメント (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「二日目のカレー」は、とて... | トップ | 聞き間違えました。(苦笑) »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (kei)
2017-05-18 08:08:21
良いお話ですね。
こんな方ばかりだと、世の中もっと過ごしやすくなると思いますが
自分が同じ行動ができるか?と考えると疑問です!(笑)
私が娘や孫と一緒に電車に乗る時、
娘や孫は、優先席が空いてても絶対に座りません。
私は席を譲られるのが嫌なので、空いている時は座る様にしてます。
人間性ですね (かっつん)
2017-05-18 08:27:21
僕自身悪い人間だとは思ってませんがこの青年のようにふるまえるかというと自信がないです
色んな映像が頭の中を巡ります(笑)
すみませんでした~~
勿論相手の車に大けがさせたわけではありませんが・・
日本だからこその光景ですね (くちかずこ)
2017-05-18 10:37:24
こんな国の人間であることを誇りに思います。
が、くちこは、きっと立っていないなあ。
傷が酷ければ、手紙、連絡先位は残したかもですが。
財布なんかも、結構な割合で届けられて返ってきますよね。
若者も、高齢者も、届けているように思います。
ずっと、こんな国であって欲しいです。
Unknown (かずちゃん)
2017-05-18 10:59:03
私も以前に似たような経験があります。
私の場合スーパーの駐車場だったので、お相手の番号で呼び出しをしてもらっておわびを言って、後は保険会社に任せました。

だまって立ち去るということは頭になかったです。もしもそれをしたら、一生後悔したと思います。

逆に当たってもいないのに、ドアが当たったと難癖をつけられたこともあります。
当たる音がしたと・・・
若いママでしたが、なんか恐怖すら感じました。

世の中いろんあことが起こります
でもどんなことも年齢に関係なくその人それぞれの生き方をうつしだしてると思います。
私にも同じ事がありました。 (すみこはん)
2017-05-18 11:13:47
昨年5月3日、道の駅で車を降りた瞬間、突風で隣の車に判らないくらいの傷を付けてしまいました。
事務所に行って車の持ち主を呼び出してもらい訳を話し、連絡先を交換しました。
翌日掛かって来た電話では「目立つ傷でも無いから修理は結構ですよ、忘れて下さい」と言われましたが
3万円の商品券とこちら地元のお菓子をお送りしました。

家族12名での最後の遠出でした。
夫もとても車を大切にしていましたから、たとえ塗料が付着したくらいの傷でも申し訳ないと思いました。
私も自信がないです。 (masamikeitas)
2017-05-18 11:16:33
keiさん、こんにちわ。

>自分が同じ行動ができるか?と考えると疑問です!(笑)

私も自信がないです。
相手の車の持ち主がどんな方かわからないのは、とても不安で逃げ出したくなります。(苦笑)

>私は席を譲られるのが嫌なので、空いている時は座る様にしてます。

なるほど。(笑)
私も最近は抵抗なく座ります。
以前私より年上と思われるご婦人が席を譲ろうとされた時は、お断りしましたが。(苦笑)
車を運転されていると (masamikeitas)
2017-05-18 11:22:28
かっつん、こんにちわ。

>色んな映像が頭の中を巡ります(笑)

車を運転されていると、いろんな場面に出会われたでしょうね。
私が思うには、相手がどんな方なのかが一番不安だと思います。
逃げれるものなら逃げたい気持ちになりそうです。(苦笑)

>勿論相手の車に大けがさせたわけではありませんが・・

かっつんが、もし相手が怪我でもされる事故を起こされたら、誠心誠意努める方だと思います。
私もこちらですね。(苦笑) (masamikeitas)
2017-05-18 11:25:28
くちこさん、こんにちわ。

>傷が酷ければ、手紙、連絡先位は残したかもですが。

私もこちらですね。(苦笑)

>若者も、高齢者も、届けているように思います。
ずっと、こんな国であって欲しいです。

一部の人を除いて、日本人は誠実な人が多いですよね。(笑)
なるほど (masamikeitas)
2017-05-18 11:30:41
かずちゃん、こんにちわ。

>私の場合スーパーの駐車場だったので、お相手の番号で呼び出しをしてもらっておわびを言って、後は保険会社に任せました。

なるほど、これなら相手も悪く思わないですよね。

>だまって立ち去るということは頭になかったです。もしもそれをしたら、一生後悔したと思います。

これをしたら、私も引きづりますね。(苦笑)

>逆に当たってもいないのに、ドアが当たったと難癖をつけられたこともあります。
当たる音がしたと・・・
若いママでしたが、なんか恐怖すら感じました。

こんな若いママさんがいるんですか!
ビビりますね。(苦笑)

>でもどんなことも年齢に関係なくその人それぞれの生き方をうつしだしてると思います。

そうですね。
できるだけ誠実でありたいですね。
相手の方もすみこはんの誠意に驚かれたのでは。 (masamikeitas)
2017-05-18 11:35:52
すみこはん、こんにちわ。

>翌日掛かって来た電話では「目立つ傷でも無いから修理は結構ですよ、忘れて下さい」と言われましたが
3万円の商品券とこちら地元のお菓子をお送りしました。

相手の方もすみこはんの誠意に驚かれたのでは。
ほんのちょっとに傷で、そこまで対応されるなんて。
相手もいいとおしゃっているのに。

>夫もとても車を大切にしていましたから、たとえ塗料が付着したくらいの傷でも申し訳ないと思いました。

自分の車を大切にされている方は、同じように相手方の車も取り扱われるんですね。
感心しました。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。