水面の風景プラン

目標は金閣寺の池での制作。今はその為の実績づくりで頑張っています。by 平間雅己

違和感。。。

2016-09-15 21:00:00 | 制作日誌

制作活動を長年やってきたせいか

 

「会社員として。。。」

なんて話を聞くと違和感を覚える。

 

20代の頃にアシスタント時代を過ごした事があるのですが

助手をしていた作家さんの話で

 

「定年を迎えた親父の姿が寂しそうで何もかも失ったような悲壮感に苦しんでいた。」

「僕のおじいさんは職人で死ぬまで現役を貫いた人だった。僕はおじいさんの様になりたいだから作家という職人として頑張っているんだ。」

「傍らで教員職もやっているのだけど正社員という感覚はない。一人の人間としてそこに関わっているにすぎない」

「だから、組織になじむ事はありえない」

 

と仕事の後に酒を飲みながら語ってくれました。

3年間ほどお世話になりましたが彼の生き様は一貫してましたね。

 

今、僕も自由奔放な人生から何年もかかって一般企業と関わる生活を営んでいます。

 

彼と同じ年齢なり、彼の気持ちがよくわかる様になりました。

 

「生きている間にあと何点作品を作る事ができるか?」をいつも考えているので

焦りも感じています。

 

その反面、長年否定し続けた企業の中に自分をさらしてみて

それまでの考え方に変化が起きないか期待している自分もいる。

 

さて、どうなる事やら。。。

 

 

 

 

写真は2001年に制作した

カシュー漆によるマケット(模型)作品です。

p(^^)q

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やっと一段落。。。 | トップ | 文化の日まで。。。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

制作日誌」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL