さきっちょ日記

毎日の献立や焼物のコレクションなどなど

カナダ旅行⑥

2017年06月19日 | 行ってきました
4日めの朝、朝食後さっそくナイアガラの滝までお散歩です

   

   

   


一度ホテルに戻り、8時30分観光が始まります



最初は滝を横から見られる『テーブルロック』へ

   

ここはカナダ側の川とほぼ同じ高さに展望台があります

   

まるで自分達も川底に吸い込まれそう

   


次はカナダ滝の裏側へ

まずはエレベーターで下に降ります

黄色のポンチョを着て滝の横へ

   

風向きのよって時々水しぶきがとんできます


そしていよいよ滝の裏側へ

   

水の量が激しくて、向こう側が何も見えません

   




バスに乗って次に向かったのはホテルの近く、昨夜・今朝と滝を見にきた場所です

   

そちらからは船に乗って滝を見ます


エレベーターと徒歩でまずは滝つぼと同じ高さまで行き、船に乗り込みます

   



ガイドさんの説明では二階は人が多過ぎて良く見えないうえに水しぶきからの逃げ場もないと

言うことで、私達は皆一階への船首に向かって左側の位置を確保です




まずはアメリカ滝の目の前に

風向きが変わると、大量の水しぶきがかかります

例えれば、大雨の時のよう

   

アメリカ滝のすぐ隣にあるブライダルベール滝

   

上から見ていた時は気が付きませんでしたが、どちらの滝つぼにも岩がゴロゴロしていました。




滝から離れたら、こんどは船首の方に移動

カナダ滝が近づいて来ただけですでに台風並みの雨と風


あまりの雨の量にこんどは船の右側に移動です


その頃にはカナダ滝が目の前に

(さっき居た場所は滝のすぐ横の崖の上と、中ほどの黄色の小さな点々の所)

   

風向きがこちらになると、暴風雨の中継のような激しいものになり

視界が真っ白です

   


さすがに耐えきれずひさしの下に逃げ込みました


カナダ滝で折り返してもう一度アメリカ滝の前を通り、クルーズは終わりました。



こちらの青いポンチョを着た船はアメリカ側から出た船です

   


顔も足元もカメラも濡れましたがとても楽しかったです



船を下りて、バスに戻る途中メープルの木がありました

   

カナダ国旗のあの葉です。


そしてここでもリスと遭遇

   

現地の人にとっては、普通の事みたいでみんな知らん顔していました


次にバスで向かったのは『ワールプール』という場所です。

ナイアガラの滝を経て流れ出た川がいきなり90度の急カーブを描く入江となり

その流れが渦潮となっているポイントです。

   

この気になる構造物はエアロカーなるもので向こう岸まで行って戻ってくるものだそうです。

   

(借り物の画像です)

   

ちなみに手前の土地と向こう岸はカナダです。

そして、右側にある川に挟まれている土地はアメリカだそうです。



また滝から11キロほど離れた公園で花時計も車窓から見ることができました。

   



バスは昼食場所があるナイアガラの滝の方へ戻ります
   



カナダ旅行⑦に続きます

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カナダ旅行⑤ | トップ | カナダ旅行⑦ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む