父の記

2018年01月13日 | Weblog

昨夜、氏神様の宮司様が記した,書類が出てきました。

思い出の記と記されて

昭和7年,御調郡南部地区体育競技大会では、二百メートルの競走では、優勝しています。

また、村内の青年会柔道大会で,四等に入賞、また円盤投げの競技に選手として、出場したり

スポーツは万能選手でした。

一方、とてもユーモアに富み、十五人もの演芸会の後に、アトラクションとしてした

演芸が、皆さんにとても人気を呼んで、喜ばれたとの記録もあります。

思えば、明るくて、何事にも積極的な性格の命は、人々にとても,

好感をもたれていた円満な人柄だったのです。

消防の出初式の日、目標物を、ポンプを押して、その放水で標的を落とす競技には

筒先を持ち「この人が一番の主役)競技を盛り上げていたのは、

村民の話題に何時もなっていました。

一方非常に友情心があつく、心の優しい人でした。

と書き記されていました。

父のことでした。

 下記は 20歳前に亡くなった、幼馴染の友達を思って、投稿した父の詩だそうです 

友の死

友よ死―友は…死する        

嗚呼・・友は死したるか

我何とし居して良いのやら

只呆然と天をにらみぬ

身体は鼓動を感ず                 

この世のはかなさ

未来永劫親友と

誓いしまでの友なるに

何とて生木をさく如く

別れをするか 天無情

夢中で立てる友の前

あまりにも痛まし姿かな

異郷の友の文持ちて

彼の別れ出来ざるを

残念なりと去り行きぬ

彼あるなれば二人して

不幸の友をなぐさむに

言葉一つもよう言わず

永久の別れが残念だ

胸のはりさく思いこそ

涙の小川堤きれて

わきて流る血の涙

露の命と聞きたれど

格まで早しとは思わずや

無情だ天は何故に

しばしの寿命をかさざりし

哀れ二十歳一期とは

あまりも痛まし悲しき姿

今更思うも涙の種

されど君の思い出は

姉の背にて遊びし頃

なつかし母校にあの時や

気楽を分かち辛酸を

共に学びし学窓の

軍服身に着く嬉しさや

野外演習の帰り道

楽しく語る時は来ず

四年の訓練へてからは

一緒に行こうと喜びつつ

壮丁検査の希望をも  

同級生の再会や

初老記念のその日まで

希望に生きると語りしに

共に祝すると誓ったに

我を残して君去りぬ

我の寂しさ人知らず

我の悲しさ人知らず

君の死と聞き驚きは

異郷の友も同じこと

彼が出発その間際

プラットホームでかく言いぬ

河野がいないが残念だ

僕なき後は君一人

不幸の友を慰めて

くれと語った旅の人

男性的な彼だもの

泣きはせないが寂しさは

顔に浮かぶをいかにせん

嗚呼、無情だ運命は

格まで誓いし親友を

一人はこの地で別れさし

一人はこの世を去るとは

三人会うのは二度とない

共に踊った盆踊り

同窓会の楽しさも

二度と再び来らぬや

実に無情は人生よ

月は隠れて現るる

花は散れども又咲くる

隠れて現れぬ

散りて咲かぬは

独り死出の旅途こそ  (完)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

炊き込みご飯

2018年01月11日 | Weblog

今日の夕食は、新年を迎えて、初めての炊き込みご飯

人参、シイタケ、あぶらげ、貝のむき身を入れての、炊き込みご飯

出来上がると、1番に、74年前亡くなった、叔父を思い出して

炊き込みご飯を仏壇にお供えしました。

写真でしか、見たことのない、叔父ですが、

母に、「姉さん炊き込みご飯が、出来たらお供えして下さいね。 」と言って

戦地に行ったそうです。

父も、私が生まれる2か月前に、ニューギニア・ラビ方面で亡くなっていますが

何も聞いてないので、・・・・・・・

炊き込みごはんは、唯一叔父さんの思い出です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

干し大根作り

2017年12月24日 | Weblog

今秋の、柑橘類は,害虫で、さっぱり   

我が家だけでないので、あきらめもつきましたが。

秋野菜の、大根は、太らないし、白菜も、大きくならないし

さっぱりの、秋野菜たちです。

小さいながら、干し大根用に、頑張って作りましたよ。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年の柑橘

2017年11月25日 | Weblog

さっぱりです。

年間の予防時期には、ちゃんと、予防しました。

けれども、柑橘が、色づくにつれて、シャビダニが見えてきて 

黒いみかんばかりです。

町中の柑橘、シャビダニだらけです。

みかん作り 50年 初めてのことです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かんころ作り

2017年11月25日 | Weblog

11月も、あっという間に、終わりそう、  

朝から、サツマイモを、洗って、皮とり 

紫芋と、鳴門芋で、かんころ作り

来年夏用です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月がもう終わり

2017年10月29日 | Weblog

に、追い回された、10月です。

一様、ちゃんと、イノシシ対策の、金網はしていますが、

イノシシのほうが、一枚も二枚も、上を行って5日続けて柑橘畑に入られました。

早生ミカンが、3個残っていたとか。。。。。。。。

ジジは、大変ノイロウゼになった様子ですが

イノシシに負けてなるものかと、金網の補修 トタン板の貼り付けに 大忙し 

補修が、終わった後の、毎日、雨が降っても見回りです。

やっと、イノシシもあきらめたようですが ????

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴーヤの松前漬け

2017年09月17日 | Weblog

先日、友達から教えてもらった、ゴーヤの松前漬けに、挑戦

とてっもさっぱりと、苦みもなくて、受けてます。

材料は  ゴーヤ(正味) 500g 線切りにして 2~3分茹でる

      人参  50g

      さきいか  65g

      線切り昆布  25g

調味料

     醤油   50g

     ラキョウ酢 25cc

     みりん    25cc

     砂糖    70g

調味料を混ぜ合わせた中に、人参、さきいか、昆布を入れて混ぜ

湯がいた、ゴーヤも、温かいうちに入れて混ぜ合わします。

冷めたら、冷蔵庫で、保存食

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月に入って

2017年09月07日 | Weblog

8月29日の、一粒万倍日に蒔いた、野崎白菜、大葉春菊、エべレスト大根、金時人参が

それぞれ、芽を出したところに 今日の雨 ホッとしています。

明日は、秋野菜の、蒔きつけ 

白菜 大根 ホウレンソウ タアサイ チンゲンサイ 小松菜 カブ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴーヤの佃煮

2017年08月07日 | Weblog

我が家に、今夏最初のゴーヤができました。

早速、友達から教えてもらった、ゴーヤの佃煮に挑戦 

材料

ゴーヤ 2本 500g

醤油 薄口  30cc

    濃口  30cc

    黒酢  20cc (これが大切かな?)

砂糖     150g

ちりめんじゃこ、花かつお、ゴマ 

作り方

ゴーヤを,縦半分に切り、種を取り、5mmの薄切りにして

湯通し(2~3秒)して、ざるに移して、固く絞る。水分がかなりでます。

ホウロウ鍋に、醤油、砂糖 酢を入れて、すぼったゴーヤとチリメンをいれて

煮汁がなくなるまで煮詰める。

火を止める前に、花かつお、ゴマを入れて、出来上がり

苦くなくて、夏の食が進みます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月に入って

2017年08月01日 | Weblog

暑い日が、毎日です。

残ってたツバメが、今日で、皆巣立ちました。

4カ月余り、にぎやかだった軒下の傘を下して

トイレ掃除、傘にたまった糞は、沢山な量でした。

また、来年に・・・・・・・

今日は、ブロッコリの種蒔きと、キャベツの小苗の植え付け

コメント
この記事をはてなブックマークに追加