I miss you

いつか 必ず あなたに逢える事を信じて。

想う

2017-04-25 16:14:27 | 寂しい



              愛さん 日々の生活の中で多々 あなたを想います。

              一吉君 あなたの事も想いますが、やはり母親の方が出番が多いです。



              愛さん。。。。
              お料理を作っていると あなたの味付けを想います。
              いつも ほんとうに美味しいお料理を作ってくれましたね。

              晩年、あなたが台所に立つことがなくなって。。
              私の拙い手料理に一度も文句を言った事がなく
              いつも美味しい、美味しいと言って食してくれましたね。


              ダーリンが亡くなって、私の精神状態は何時も一杯いっぱいで
              あなたの、その褒め言葉にも嬉しさ感じず 仏頂面。


              なぜ もっと笑顔を見せてあげられなかったかと
              後悔と言う言葉が かなりの頻度で頭の中を過ぎります。



 
              一吉君。。。
              男親と言うのは損な役回りかも知れませんね。
 
              正直なところ、貴方の事をあまり好きではなかったのですが
              でも、このところ夢に出てくる頻度は高いですねぇ。

              私の事 心配なのでしょうね。
              何時だったか、霊感の強い知人にことづけを頼んだでしょ。

              ご無沙汰しているその知人が、一吉君がこう言ってるよと
              ワザワザその事を教えに来てくれたことがあったわね。


              あの時はびっくりしたヮ。
              彼女の頭の中で、急に一吉君の声が聞こえたんですって。
              なんだか すごい話よね。




              私ね、男に生まれついた人は 皆 器用だと思ってた。
              貴方が とても器用な人だったのでね。

              そうではない事もあると知ったのは、ダーリンと一緒になってから。


              貴方の最期とダーリンの最期があまりにも近く
              貴方に満足の行く事ができなかったことが 後悔です。


 

              『M』
              なんだかんだ言っても、ダントツに想うのは やはりあなたの事。
              想うと言うより、貴方の事は 日常ね。
 

              今日はヨガ。
              帰宅してから気になっていた、先日切って頂いたヒバの木を
              嫌々ながら?束ねていたら雨が降ってきたの。


              きっとあなたが 無理してやらなくてもイイよ、と
              雨を降らせてくれたんだと思ったヮ。
              コレ幸いと とっとと家の中に入ってきました。




              生きてる人間は。。
              自分の都合の良いように亡くなった人を登場させるものよね。

              結局は何時か 私がやらなければならないのだから ね。

               
              















   
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 勤労 | トップ | しゅんくん »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。