I miss you

いつか 必ず あなたに逢える事を信じて。

2016-09-18 12:44:27 | ちよっとした話


              小樽への旅は、とても楽しいものでした。

              今回は車ではなく、電車を利用。
              車の生活をしていると、電車に乗る機会はほとんどありません。

              せっかくの小樽へのプチ旅なので、お天気の良い日を選んで。
              何故かと言いますと、小樽が近くなってくると車窓からの眺望に海が。
              空の青は海の青。。ですからね。
              たまに見る海なので、青い海が観たいと思いまして。

              小樽が近くなって車窓から海が観えてくると思わず「あ!海」と声が。
              海を観ると 何と言いますか、独特の感動があります。

              小樽は観光客でごった返してましてね、私達も暫し 観光客気分。

              暑いくらいの一日で、7月にオープンしたN小樽芸術村へ。
              アールヌーボー、ガレやラリック等の展示品にため息が漏れました。
              私は、こういうガラス工芸品等を観るのが大好きで、
              大好きが高じて2年前に箱根のラリック美術館へ足を運んだのですが
              あの頃、噴火云々で気がそぞろでゆっくり観て回ることが出来なく
              是非、もう一度足を運んでみたい美術館です。


              そうそう、帰路に着く電車で思わぬサプライズ。
              雨が降り出してきたのですが、上がり際に虹が。
              それも二重の虹で、海から海への とても大きな虹。
              海から海への虹を観たのは初めてで、その虹はそれはそれは美しく。
              自然の粋なプレゼント、帰りまで楽しませてくれるなんて。


              電車は久々でしたが、電車の旅は旅情を誘いますね。
              ガタンガタンと言う音を聞きながら、
              こんなゆっくりとした旅も良いものだなぁ。。と。

              ダーリンが居ない生活が10年。
              10年もよくぞ持ったものだ...
              でも、この生活は まだ先があるのよねぇ...
              なんてことをツラツラ思いながらの電車の旅でした。
















              
       
              
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ちよっとした話 | トップ | SF的な夢 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。