I miss you

いつか 必ず あなたに逢える事を信じて。

スターウォーカー クールブルー

2017-04-05 22:18:27 | 怒り



             最近はめっきりアナログ手紙が来なくて淋しい限り。             


             パソコンやスマホでのメールのやり取り嫌いではないけれど
             基本的には、便箋に一字一字認めるやり方が好き。


             7,8年前に 思いきってお買い上げした某社の万年筆。
             思いきってと書いたのは、私が愛用している万年筆の中では
             まぁソレなりにお高かったので。


             私は紺色が大好きで、お買い上げした万年筆は
             その色に惚れて買ったようなモノなのだけれど。


             イザ使ってみると、インクの出が良くない。
             縦書きで便箋にすらすらと文字を書くと(^^;)
             書くたびに字がかすれる、横に書いてもモチロンかすれますが。

             これでは読めないと思い、ソコを書き直す。

             書き終わるまでそんな調子で、とても汚いお手紙になる。
             こんなお手紙を出しても、相手が喜ぶはずはないと思う。

             
             で、この汚いのを出すべきか止めるべきか迷う。。。
             ...と言うのも
             まぁ便箋もソレなりの品に拘るので、ポイッ!と簡単に捨てられない。




             そんな状態の万年筆の出番の頻度が 当然高いはずもなく。

             先日 その万年筆のキャップを取ってみると
             主軸とでもいうのか、ペン先のついている部分が
             緑錆にでもなったような感じにみえて。
             


             書きずらい万年筆で、ほとんど使っていないので
             その部分に汚れが付いて緑錆をおこすという事は考えにくいし
             モチロン、緑錆というのかどうかも定かではないのだけれど。


             どういうことなのか見て頂こうと持参したのだが
             修理内容&金額を聞いてびっくり。       
             見積もりすると、見積りだけでも5千何がしかかり
             で、修理をすることになると3万数千円もかかると。

             ひぇ~~~~!!


             若かりし頃、その某社の万年筆を買いましてね
             その万年筆は未だに何事もなく使えるのですが。             


             まぁ なんといいますか。。。。
             3万何がしの修理代を惜しむような貧乏人は、
             そんな万年筆を使うなという事ですよね。
             でも、お買い上げしてしまいましたしね。



             車のエンジンがかからなければ、車の用を足しませんし
             万年筆もインクがちゃんと出なければ字が書けない。
             まぁ万年筆はボトルのインクを使えばそれで済みますが。
             持ち歩きに、ボトルまで持って行きませんしね。


             どうしたものかと チト 悩んでますの。



             車の件と言いい、この万年筆と言い 最近ついてません。
       


             まぁ 車に比べましたら 万年筆のほうがお安いですが。

             でもねぇ。。。。



             













  

             
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« その心理がワカラナイ | トップ | 人の振り見て。。。 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

怒り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。