飾釦

飾釦(かざりぼたん)とは意匠を施されたお洒落な釦。生活に飾釦をと、もがきつつも綴るブログです。

昭和の黒い霧・松本清張NO.44・・・映画「ゼロの焦点」(主演:広末涼子)

2009-11-18 | 松本清張

■製作年:2009年
■配給:東宝
■監督:犬童一心
■主演:広末涼子、中谷美紀、木村多江、西島秀俊、加賀丈史、他

公開されたばかりの松本清張原作の映画「ゼロの焦点」を見ました。小説は既に読んでいるし1961年に野村芳太郎監督によって映画化された作品や他にもテレビドラマ化されたものも直前に見ての、映画鑑賞となりました。へたしたらこの映画、テレビの特番との違いはどうなの?となりかねないのであります。なぜなら最近は松本清張の作品は、映画化そのものが久しぶり(25年ぶり)でテレビ特番として放送されることが多くなっているからです。(先日もビートたけしが主演した「点と線」が再放送されていました)で、映画はどうであったか。さすがに原作や映像化されたもので、実はボクが密かに物足りなさを感じている部分をこの映画は膨らませて見せていました。

「ゼロの焦点」には戦争に翻弄された女性の影の部分の歴史的要素が大きなりポイントとしてあるのですが、その肝心のところについて松本清張の小説も過去に見た映像化された作品も具体的に細かくは描かれていませんでした。(立川のパンパン時代の様子についてです)映画ではその立川時代の様子を描いており、犯人がなぜ体を売らなくてはならなかったかを、あるいはパンパン女性二人と失踪した夫・鵜川憲一との出会いを映像として見せてくれます。

その部分がイメージしやすく具体的に描かれているほうが、感情移入しやすいのにとは、清張の小説や映像化された作品をみて感じていたからです。映画はその場面で、女性がこうした苦労をする時代はきっとなくなるだろうという未来に向けた希望を語る部分を挿入し、のちの女性の地位獲得に向けた市長選の応援に至る行動の伏線も張られています。その心の内に秘めた強い意志こそがこの物語を大きく膨らませており、犯人を単なる殺人鬼とはしていないのです。むしろ、今回の映画は犯人が同じ昔のパンパン時代の仲間を殺そうとしたとき、相手の女性は天使のような微笑みを見せて奈落へとダイブした後に残された母子手帳により、逆に良心の呵責に捕らわれ半狂乱となり、演説で失神するといった人間の弱さを描くことにより犯人を悲劇のヒロインに仕立て上げています。

広末涼子演じる夫を失った禎子がラストに犯人に平手打ちを食わせる場面があり、そこに自分の存在証明をかけて女探偵と化した彼女の怒りの表現があるのですが、その前に彼女が大衆の面前で講演する犯人に対して呼びかけた「マリー」の一言はそうは問屋が卸さないよという女の意地であったのかも知れません。

この「ゼロの焦点」は、それぞれ性格が違う3人の女性が登場し女優が上手く演じ分けているのですが、前半は広末、後半は中谷と軸が移動します。特に中谷美紀が熱演で貫禄を見せたといった感じでした。基本的に映画は、最終的には誰も救われない悲しみを多く含んだ物語となっています。そして登場する人物には生来の悪人はいない?という性善説に立っているようにも感じました。エンディングには運命に絆される人の悲しみを浮き出させているように効果的に、中島みゆきの曲が流れました。

※「ゼロの焦点」関連記事です。↓
昭和の黒い霧・松本清張NO.40・・・「ゼロの焦点」
昭和の黒い霧・松本清張NO.41・・・映画「ゼロの焦点」(監督:野村芳太郎)
昭和の黒い霧・松本清張NO.42・・・ドラマ「ゼロの焦点」(TBS/主演:星野知子)
昭和の黒い霧・松本清張NO.43・・・テレビ“知る楽・松本清張”「ゼロの焦点」byみうらじゅん



ゼロの焦点 (新潮文庫)松本 清張新潮社このアイテムの詳細を見る

 

週刊松本清張 3号 (デアゴスティーニコレクション)デアゴスティーニ・ジャパンこのアイテムの詳細を見る

 

ゼロの焦点 [DVD]松竹このアイテムの詳細を見る

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昭和の黒い霧・松本清張NO.4... | トップ | 狂咲き万歳!鶴屋南北の世界... »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
松本清張作品。 (BC)
2009-11-19 20:49:30
飾釦さん、はじめまして。
~青いそよ風が吹く街角~のBCと申します。
トラックバックありがとうございました。(*^-^*

>そして登場する人物には生来の悪人はいない?という性善説に立っているようにも感じました。

松本清張の作品は人間の栄光と陰を浮き彫りにする物語が多いですよね。
心のブレが物哀しい事件を引き起こしてしまうというか・・・。
すなわち、誰にでも起こりえる事として描かれているところが
松本清張作品の怖さでもあり凄さなのかもしれないですね。
Unknown (kumiko)
2009-11-19 21:02:31
TBありがとうございます。
中谷さん、熱演でしたねー。ただ、木村さんの死で暴れたシーン後の顔はあまりにきれい?という気もしましたが。
私がどうしても理解できないのがこのタイトルです。なにが「ゼロの焦点」なんでしょう?
コメント (飾釦)
2009-11-19 21:51:06
いただきありがとうございます。

BCさんへ
おっしゃるように誰にでも起こりえること、それが清張の特徴かもしれませんね。先日アップした記事、知る楽の中でみうらじゅんさんもそのようなことを言っていました。またよろしければ見てやってくだい。ありがとうございました。

kumikoさんへ
私が思うタイトルの解釈は、ゼロとはやり直したい過去をないことにすること、焦点とは立川時代のことではないかと考えています。すべてはそこから始まったんじゃないのかなと。またよろしければ見てやってください。ありがとうございました。
TBありがとうございました (ハル)
2009-11-20 11:35:03
お礼が遅くなってしまい、申し訳ありません。

「ゼロの焦点」、市長選がああいった形で意味を持っていくとはつゆ知らず、見流していました。
その伏線が、この作品の重要なポイントになるとは…。
やられました
コメント (飾釦)
2009-11-21 01:56:01
ありがとうございます。

ハルさんのブログの中の指摘、
“そしてやっぱり幸が薄い、木村多江さん”

あまり今の女優について詳しくないのでなんなのですが、華がないなーと見ていたらやっぱりそうだったんですね。
犬堂式 (Bianca)
2009-11-21 12:19:12
TBありがとうございます。1961年の映画や原作をしっかりご覧とのこと、私もそうですので頼もしく感じました。ところで、飾釦さんは犬堂監督と年齢が上でしょうか下でしょうか。犬堂式解釈(馴れ初めのいきさつ)をそのまま受け取れますか?私はかなり疑問に感じましたが・・・・。
コメント (飾釦)
2009-11-21 23:11:11
いただきありがとうございます。

犬童監督(1960年生まれ)と私(1961年生まれ)は一つ違いになりますから、同時代となります。

で、犬堂式解釈なのですが

①立川時代を描いたことはよりドラマティックに見せるためには必要であると思う
②そこで室田佐知子が女性が幸せになる時代がくると語る台詞は、物語の展開と佐知子の性格を見せるには効果的であったと思う。
③ただし、学校に逃げて鵜原が助けることとか、そこで田沼久子が一目ぼれ?する設定には、ちょっと無理があるというか、漫画的でありすぎると思う。
③立川時代を描いてくれたことはよかったが、もっと違う描きかたの方が重みがでたと思う。
④監督と同世代と知り、漫画の影響をうけているんだろうなと、少し希望的観測のような設定をしているところがそのように感じるしリアリズムに水を差してしまう要素もあると思う。

以上のようなことから、50%成功、50%失敗とみたいです。

Biancaさんが、お書きになっている部分は、言われてみれば変と思いました。気づきをありがとうございました。またよろしくお願いします。
TB、ありがとうございます (まつぞう)
2009-11-25 23:40:43
2回目のTBを頂戴し、ありがとうございます。
飾釦さまの記事や他の方々の「ゼロの焦点」の深読み、感心致しました。
話は変わりますが、12月にmetro「妹と油揚」公演、飾釦さまのお好みの範疇に入っていませんか?
私も楽しみにしています。
知りませんでした (飾釦)
2009-11-26 10:21:45
まつぞう様

2回もTBし恐縮です。またコメントもいただきありがとうございます。

metroの「妹と油揚」公演については知りませんでした。貴重な情報ありがとうございます。

またよろしくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

23 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ゼロの焦点 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。松本清張原作、犬童一心監督、広末涼子、中谷美紀、木村多江、杉本哲太、崎本大海、野間口徹、黒田福美、本田博太郎、西島秀俊、鹿賀丈史。松本清張の名作とされながら、ディテイルはかなり杜撰というか、不自然だ。
◆『ゼロの焦点』◆ ※ネタバレ少々 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:日本映画、犬童一心監督&脚本、松本清張原作、広末涼子、中谷美紀、木村多江、西島秀俊共演。
ゼロの焦点 (LOVE Cinemas 調布)
松本清張生誕100年記念作品。新婚間もない夫が謎の失踪、手がかりを求めて夫を追う新妻に襲い掛かる連続殺人の謎――、同名の傑作小説の映画化だ。出演はアカデミー賞作品賞『おくりびと』の広末涼子、『嫌われ松子の一生』の中谷美紀、『ぐるりのこと。』の木村多江...
ゼロの焦点 (いい加減社長の映画日記)
観たい映画が4つも公開された昨日の土曜日。仕方ないので(?)、レイトショーのはしごをすることに。時間を調べて、1本目は「ゼロの焦点」を鑑賞。「UCとしまえん」は、普通の人出かな。「ゼロの焦点」は、中スクリーンで、6~7割。【ストーリー】見合い結婚で夫・憲...
ゼロの焦点 [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2009/11/14製作国:日本上映時間:131分鑑賞日:2009/11/14監督:犬童一心出演:広末涼子、中谷美紀、木村多江、杉本哲太、西島秀俊、鹿賀丈史愛する人のすべてを知っていますか?+あらすじ+結婚式から7日後、仕事の引き継ぎのため金沢に向かった鵜原憲一(西島秀俊...
ゼロの焦点 (Akira's VOICE)
断崖に柵を!  
ゼロの焦点 (今日の本音は)
松本清張生誕100年記念、映画「ゼロの焦点」を見てきました。先日はTVで「点と線
『ゼロの焦点』 (めでぃあみっくす)
昭和のにおいが全くしない映画でした。それゆえに謎解きの先に見えてくる、戦後という時代が生み出す重みも感じなければ、その時代を描いたがゆえの面白味もありませんでした。 別に『沈まぬ太陽』と比べる訳ではありませんが、見終わった後の感想としては「今更なぜこの...
ゼロの焦点 (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[ゼロの焦点] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:6.0/10点満点 2009年98本目(92作品)です。 【あらすじ】 昭和32年。鵜原憲一(西島秀俊)と結婚した禎子(広末涼子)。 その結婚式からわずか7日後、仕事の引き継ぎのために金沢に向...
[映画『ゼロの焦点』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆面白かった。  『ALWAYS』以降、日本のVFX技術は、作品の中で、本当に違和感なく、物語の回想シーンの戦後直後から、昭和30年代までの風景を見事に再現している。  その中で、割とオーソドックスなシナリオで役者が熱演している。  これまでの邦画(日...
ゼロの焦点 (広末涼子&中谷美紀&木村多江) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆広末涼子さん(のつもり) ◆中谷美紀さん(のつもり) ◆木村多江さん(のつもり) 映画『ゼロの焦点』に広末涼子さんは鵜原禎子 役で、中谷美紀さんは室田佐知子 役で、木村多江さんは田沼久子 役で出演しています。原作は松本清張さんの長編推理小説です。1961年にも...
「ゼロの焦点(2009)」 時代の断層 (はらやんの映画徒然草)
今年は松本清張の生誕100年ということです。 僕はミステリー好きですが、松本清張
「ゼロの焦点」過去を知られたさきに発生した人生隠蔽殺人事件 (オールマイティにコメンテート)
「ゼロの焦点」は松本清張原作の「ゼロの焦点」を映画化した作品で、お見合い結婚したばかりの夫が突然失踪して、妻となった女性が夫の赴任地だった金沢へと向かいそこで出会う人たちが次々と殺されて事件に巻き込まれるストーリーである。昭和30年代前半という時代と事...
ゼロの焦点 (だらだら無気力ブログ)
  生誕100周年を迎えた松本清張の同名傑作小説を生誕100周年記念で映画化。 結婚して間もない夫が出張に出かけてそのまま失踪してしまったことから 妻は夫の失踪の行方を調査するうちに連続殺人事件に巻き込まれていき、 やがて衝撃の真実にたどりつく様を描く...
男の気持ちが一番ミステリー。『ゼロの焦点』 (水曜日のシネマ日記)
松本清張の小説を映画化した作品。昭和30年代の日本を舞台に描かれたサスペンスドラマです。
ゼロの焦点 (花ごよみ)
原作は松本清張の同名小説。 松本清張の生誕100年ということです。 監督は犬童一心。 広末涼子、中谷美紀、木村多江の、 3女優の競演が話題の作品です。 共演には西島秀俊、杉本哲太、 鹿賀丈史といった 面々が配されています。 本もかなり昔ですが読んでいたし ...
ゼロの焦点 (Diarydiary!)
《ゼロの焦点》 2009年 日本映画 お見合いで鵜原 憲一と結婚した禎子、しかし
『ゼロの焦点』(2009)/日本 (NiceOne!!)
監督・脚本:犬童一心原作:松本清張出演:広末涼子、中谷美紀、木村多江、西島秀俊、鹿賀丈史、杉本哲太、崎本大海、野間口徹、黒田福美、本田博太郎公式サイトはこちら。(TOHOシネマズ1か月フリーパス鑑賞 4本目)<Story>見合い結婚で夫・憲一(西島秀俊)と...
「ゼロの焦点」:駒込千駄木町バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}ずいぶん大がかりなくい打ちだな。 {/hiyo_en2/}ちょっとした大工事ね。 {/kaeru_en4/}測量機器の焦点合わせとか、一部の狂いも許されないんだろうな。 {/hiyo_en2/}つまり、ゼロの焦点は許されないって言いたいの? {/kaeru_en4/}いやいや、犬童一心監督の...
ゼロの焦点 (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  過去に何度もTVドラマや映画化されている作品である。太宰治と同じく松本清張も、生誕100周年を迎えるようだ。松本清張といえば代表的三作として、『砂の器』、『点と線』に並んで本作があげられる。 松本清張は『或る「小倉日記」伝』で、芥川賞を受賞...
『ゼロの焦点』 (京の昼寝~♪)
 □作品オフィシャルサイト 「ゼロの焦点」□監督・脚本 犬童一心 □原作 松本清張 □脚本 中園健司 □キャスト 広末涼子、中谷美紀、木村多江、西島秀俊、鹿賀丈史、杉本哲太、崎本大海、野間口徹、黒田福美、本田博太郎■鑑賞日 11月22日(土)■劇場...
ゼロの焦点 ε-(;ーωーA フゥゥム (労組書記長社労士のブログ)
【 56 -13- 1ヶ月フリーパスポート=4 】 昨日は社労士試験、合格発表の日だ、みんなはどうやったのだろうか?自分が試験監督したあの人はどうやったのか?【今年の合格率は7.6%(前年7.5%)】  で、自分はまたまた映画の日、昨日は無料パスポートではなくて試写会に...
ゼロの焦点 (えんため日記)
舞台は、ここ石川・・・