キャバリアのかめとパッチワーク

精一杯生きたキャバリア犬かめとの思い出と
趣味のパッチワーク

母のこと

2017年03月23日 | 趣味


歯の治療で私の家に来ていた母が
山口に帰りました。


こちらに居る間は
テレビ体操をしたり





ひ孫と塗り絵やカルタをしたり





庭の草抜きをしたりして過ごしました。



母のつぶやき

「若いと思っていたのに、90歳は歳だね~~。」

若いと思っていたんだ!


「ここの台所は、私の言うことを聞かないね~~~。」

IHクッキングヒーターとノンタッチ水栓はお嫌いのようです。


「ここは、同じような家ばかりで目印がないね~~。」

ここは第一種住宅専用地域ですから。


「この家は狭くて歩く所が少ないね~~~。」

自宅は、私が小学生の頃に建った物で
母屋とは別に、室内廊下続きで父の両親が住んでいた離れがあります。
母はその広い家で
廊下に手すりをつけて母屋と離れを行き来して
足の衰えを防いでいます。

「歯が良くなったら何でも食べられて嬉しいね~~。」

何でも?それは間違いです。
お肉は圧力鍋で柔らかくしていますし、
堅そうな物は小さく切ったり隠し包丁を入れいます。


帰る前日に、母のバッグの中を見ていたら
ビニール袋に包まれたチョコレートを発見。
これは何と聞いたら

「何か事故などにあった時に食べる非常食。
いつもバッグに入れているのよ。」

なるほど。
母のバッグは、バンドエイド・裁縫道具・カイロ・ビニール袋・・・・・
何かあった時の物でパンパンです。
膝が悪いので荷物は軽い方が良いと思うのですが、
減らしてはくれません。


元気そうに見る母ですが
膝が悪いので歩くのはゆっくりです。
記憶もあやふやな時があります。

そろそろ一人暮らしは大変なのではと感じます。

でも、自宅での母は
私の家に居る時の母より生き生きとしています。


母の調子を見ながら
何が母にとって良いのかを
妹と考える年になりそうです。


コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

桜のタペストリー

2017年03月13日 | パッチワーク


1歳の頃
ヨーグルトを取られないように
かめの耳をひっぱっていたWちゃんは、




現在5歳です。

母が歯の調子が悪く
以前歯の治療をして貰った
私の家の近くの歯医者さんに行きたいと言うので
作品展が終わった後
山口に迎えに行きました。

母の歯医者さん通いなどで忙しくて
玄関のお雛様のタペストリーを片付け忘れていました。
それに気が付いたWちゃんに、
「ババ、まだお雛様を片付けていないの。
私がお嫁に行けなくなったら困るから早く片付けて。」
と言われました。





お雛様の後に、桜のタペストリーを飾りました。





つるし雛でも桜の飾りを習っています。

今日のような寒い日が続くと
桜はまだまだかしら?




次回の作品展の作品を何にするかまだ決まらないので
小物を縫っています。







コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

作品展

2017年03月05日 | パッチワーク


パッチワークの作品展が終わりました。

先生がお教室を開かれて1年目から通いはじめて
25年が過ぎました。

先生のセンスとお人柄の素晴らしさで
月に2回のお稽古は楽しみです。

これからも、老眼の目を大事にしながら
続けていきたいと思っています。





今回の大きな作品は
孫のベッドカバーです。
ハートがあって可愛い色と言う孫のリクエストに応えて作りました。








この作品はかめが付き合ってくれた最後の作品になりました。



かめに似た可愛い犬を真ん中に
大好きな動物を刺繍しました。








ウエーブのある耳が可愛いでしょう。



海のかめのハワイアンキルトです。






むら染めの青が綺麗でしょう。
夏に壁に飾るのが楽しみです。


思い出深い作品をもう1点と言われて出したヘキサゴンの作品です。









この作品は、
模様が出るように色を配置していくの苦労しました。


この作品展で、このブログを読んでいて
会いに来て下さった方がありました。

その方の愛犬もキャバリアで車椅子を使っているそうです。
写真を見せてもらいましたが
可愛い目をして車椅子で上手に歩いていました。

かめが空に行って1年以上たつのに
かめの事を覚えていて下さって
とても嬉しかったです。

かめからまた素敵な出会いをもらいました。


BB様、見に来てくれてありがとう!
一番古い生徒なので持ち場を離れられなくて
ゆっくりお話ができなくてごめんなさい。
赤いコートで颯爽と現れたBB様は
あちこち不調がありそうには見えませんでした。

どらさんから写真は綺麗にはっきりとと言われ
緊張して写真を撮りました。
でも、上手く撮れませんでした。

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

小太郎君

2017年02月23日 | 趣味


去年の12月に
結婚で神奈川県に来てからの友達のMさんにメールをしました。
そのメールの中で
恐る恐る「小太郎君はどうしている?」と聞きました。
「16歳であちこちが衰えているけれどまだ散歩をしています。」の返事。

小太郎君の写真を送って貰いました。
元気そうで嬉しくなりました。





以前、小太郎君はMさんと
1時間かけて町田から歩いてかめに会いに来てくれました。


その時の小太郎君。
8歳です。





かめと一緒の写真を写したかったのですが
小太郎君の大きさにかめがビビり
写せませんでした。

小太郎君は家に入るのを嫌ったので、
ウッドデッキにつなぎました。
私たちのおしゃべりの間お利口に待っていました。


かめは安全な部屋の中でおもちゃ遊び。
7歳です。





そのメールから1週間後
Mさんから「小太郎が亡くなりました。」のメールが・・・
私に送ってくれた写真が最後の写真になったそうです。
小太郎君は、最後まではってトイレに行き
1日も介護をさせてくれなかったそうです。


今週、久しぶりにMさんとランチをしました。
お互いの犬がどんなに立派だったかを話しました。

黙って自分の老化を受け止めて
淡々と生きられる日まで生きる。

犬の素晴らしさを話した
楽しい時間でした。


コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

つるし雛展

2017年02月16日 | 趣味


つるし雛の先生が
お稽古をしている「はこの和」さんに
雛飾りをディスプレイされました。





この一角だけ春が来たようです。


先生の作品、お稽古の先輩の方の作品です。

私の作品もちょこっと出して下さいました。






私の作品は
桜の木に飛んでいるつばめとうぐいすです。

壁に下がっている牡丹・水仙・菊は
色も形も綺麗で
私も、つるし雛を作り終えたら作ってみたいです。

うさぎの人形は
袷の着物を着ています。
どの着物も良い色です。

右端にさがっている桜。
桜に乗っている子供。

どれも素敵です。





小さいつるし雛。
普通のサイズの飾りでも作るのが大変なので
これを作るのは
私には無理そうです。
でも、作りたい!





お座布団に座った猫。
可愛らしさに、連れて帰りたくなりました。

つるし雛を作り終えたら
先生に和布の犬の作り方を教えて貰うのを
楽しみにしています。


「はこの和」さんは小田急江ノ島線の東林間から
歩いて4分位のところにあります。
ハンドメイドの作品の販売と手作りの教室をされています。
お近くの方はのぞいてみてください。
雛飾り展は3月3日までやっています。

自宅も雛飾りを出しました。
かめの側には小さい大内塗のお雛様を置きました。






お雛様の後ろから
「人形よりひなあられ!!」と言う
かめの声が聞こえてきそうです。



BB様が言うように写真がよくないよね。
スマホの写真です。
スマホで拡大すると綺麗にみえるのだけれど・・

デジカメでも写したので
デジカメの写真をアップします。



これも良くないね。




これが私のチャレンジしているつるし雛です。




コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加