『 まさき へ 』 騙されるな!奴らは狂っている! 

2012年のお正月 愛息「まさき」は異人さんに連れられて行っちゃった・・・。狂気の家系で育てられる不安・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

まさきの作品を眺めながら

2016年10月08日 23時34分34秒 | きみ去りしのち・・・
まさきの卒園まで残すところ1ヶ月少々となった2月初旬に幼稚園で工作展みたいなものが催されました。
私が幼稚園に行ったのは半日仕事を終えてからの土曜日だったような気がしますが定かではありません。
ただ、当日まさきとは会っていないような気がします。

まさきの工作、絵、文字を眺めながら思いました・・・。
おとうさんが知らないうちにすべて上手になっていたんだな・・・。

夏休みに行った旅行について書かれた作文みたいなものもありました。
そこには写真が貼られていました。
吹割の滝で撮った写真でした。
写っていたのはまさきとまさきの母親でしたけどね・・・。
まあ、旅行の時は何故だかまさきと写真に写るのも嫌だったから・・・。

まさきの持っている写真の中でおとうさんがプツリと居なくなった時期があるよね。
過去に撮った写真ならまだしも薄々予感しながら一緒に写真に収まるのが嫌だったから・・・。
この頃の写真はあとあと見るのも辛くなるだろうから・・・。
でも、携帯のカメラで撮ったのは数点あります。

まさきの書く文字、まさきの描く絵、まさきの工作をそばでずっと見ていたかった。

何故?まさきの母親だけがまさきのそばにいられるんだ?
何故?他人に笑われるような家庭に導いたまともな思考能力がないババアがまさきのそばで笑っていられるんだ?
止めてくれ!そんな家庭で育った長男である叔父がまさきの父親のまねごとをするのは!
止めてくれ!ババアにそっくりな思考しかできない叔母の生んだガキ共とまさきを兄弟のように扱うのは!

お前らじゃ、無理なんだよ!キチガイどもの家から学校に通うまさきを想像し悔しくて仕方がありませんでした。

まさきが年長さんの 2013年2月初旬の頃
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 上野動物園の記憶 | トップ | 誕生日おめでとう! »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。