音次郎の夏炉冬扇

思ふこと考えること感じることを、徒然なるままに綴ります。

土曜ドラマ「監査法人」

2008-06-22 01:02:37 | 映画・ドラマ・音楽
「トップセールス」に続いて、NHKの土曜ドラマを2クール連続で楽しんでおります。これまであまりドラマにはなじみがなかったところを舞台にした「監査法人」は、早くも一部では話題を呼んでいるようです。

私は放映前に番宣を見たときから、あの磯崎先生がどう反応するか注目していましたが、やはりウォッチされているようで、軽妙なレビューを読むのが実に楽しいし、先日はコメント欄に、ドラマの監修に携わっている「さおだけ屋」の山田真哉氏が突然降臨して言い訳していたのも面白かった。でもそれだけにとどまらず、世間には会計士ブロガーって結構いるもんで、例の「厳格監査」や「承認できません」というセリフに皆で突っ込み入れまくりです。

それでも、会計を扱ってドラマに仕上げることの困難さにチャレンジしているNHK名古屋の制作陣に敬意を表したいですね。素人の私でさえも「うーん・・」と首を捻る微妙なシーンもあるのですが、あまり細かい点を指摘するのも野暮だと思いますので、良い点を取り上げて行きましょう。

実際はどうなのか知りませんが、難関の国家資格を持つ公認会計士たちが独立独歩で、自らの知見と誇りにかけて会計監査を遂行するという監査法人は、フラットな組織なんですね。トップである理事長や先輩に対して、若手が「あんた」呼ばわりしたり、平気で罵倒するというのは、普通の会社ではあまりない光景で、なんか新鮮さを感じさせる設定です。

第1話の北陸建設工業の粉飾決算というのも、先のミサワホーム九州のケースをすぐに連想させる内容でした。未完成の住宅をすでに完成して顧客に引き渡したと見せかけて売上を前倒しで計上し、監査法人の目を逃れるためにさまざまな工作をしていたという件です。でも会計ビッグバン以降はどうか知りませんが、引き渡しが3月に集中し、ノルマ数字へのプレッシャーが厳しい建設業界は、決算期に引き渡せなかった物件を「先食い」するという、この粉飾手口は古典的かつポピュラーで、住宅メーカーなどでも支店レベルの判断で、こっそり行われていたんじゃないでしょうか。でも未来の受注残を先食いするわけですから自転車操業に陥り、結局次の決算期もやる羽目になるので、なかなか止められないんですけどね。

前クールの「トップセールス」も、主人公の高校の同級生である記者が、排ガス規制に絡んだ自動車メーカーのスタンスを批判する記事を止められて、上司に「雑誌に広告が入ってるからですかっ!」と食ってかかる場面がありましたが、こんなキワドイのは民放じゃ絶対できません。21~22時台のドラマは住宅関連やクルマが有力なCMスポンサーですからね。というわけで、必然的に民放ドラマは当たり障りのない「恋愛」ドラマや荒唐無稽の「学園」ドラマが多くなる傾向にあるのです。だからこそスポンサーをつけないNHKには社会派ドラマ、特に平日TVをなかなか見る時間のないビジネス社会にいる視聴者のために、今後もこのように「企業」にスポットを当てたものを期待したいところです。

キャスティングですが、「結婚できない男」で阿部ちゃんの部下の設計士見習いを演じた塚本高史が主人公の会計士。女性顔負けのぬらぬらと光った官能的な唇が特徴の若手俳優です。その相棒がNHKお気に入りの松下奈緒。彼女はシャープで端整なんですが、いわゆる男顔というやつで色気はあまり感じません。でも最近は水道橋駅周辺なんかで見かける、大原やTAC帰りの女子大生でも結構綺麗でお洒落な娘も散見されますから、リアリティーはあります。

目を引くのは、なぜか利重剛が前クールに続いて連続出演していること。「トップセールス」では、ヒロインが社長になったSUW(もちろんBMWがモデル)東京の専務役でしたが、今回は財政監督庁の検査局長に扮しています。この人は脚本家の小山内美江子のご子息で、あの金八先生を書くための有力な取材源だったというだけでなく、亡くなった早熟の美人作家鷺沢萠の元夫としても知られています。いつの間にNHK「専属」俳優になっていたのでしょうか?

今日の第2回も飛鳥屋という大手食品メーカーのトップに、若杉(塚本高史)が本社ロビーでいきなり直訴していましたが、足尾銅山鉱毒事件の田中正造じゃないんだから(;´Д`)/

さてさて、会計士ブログでも巡回に行きますか。


『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ザ・マジックアワーと田宮二郎 | トップ | 学校が倒壊する »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
勉強になります (hiro)
2008-06-22 15:25:46
中身の濃いブログで感心します。

私はあまりNHKドラマを観ませんでしたが、「トップセールス」から観はじめました。夏川が好きで全編観ましたが、今回のドラマは内容がとても素晴らしいと思います。

今後もブログを見させていただいて、勉強させて頂きます。
同じです (音次郎)
2008-06-29 11:55:14
>hiroさん、コメントありがとうございます。
私も「トップセールス」が好きで、エントリーも書きましたが、NHKには大人向けドラマを続けることを期待したいですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
監査法人 (資料保管庫・管理人のひとりごと)
NHKさんのドラマですが、クライマーズ・ハイで記者を、ハゲタカで企業経営を…というプロフェッショナル路線で、次は会計士か?と思ったのですが、どちらかというと、ジャッジの路線のようです。
「監査法人」NHK土曜ドラマ (ももたろうサブライ)
今日から始まったNHK土曜ドラマ「監査法人」を観た。 どんな企業でも決算報告には公認会計士の監査がついているものだけど、特に監査法人による外部監査は厳格で、不正操作等があった場合は監査法人自体の責任が問われる、と思っていた。  ところが大企業の粉飾決算...
「監査法人」第2話 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 ~ドラマ編(仮))
大手食品メーカーの経理処理を主導しているのは 会社のメインバンク。 第2話『800億円の裏帳簿』
「いずれジャパン監査法人は崩壊する・・・」:NHK土曜ドラマ「監査法人」第二回は明日です(笑) (法務の国のろじゃあ)
このエントリーは公開時刻自動設定機能によりエントリーしております。 完全に今回は
監査法人・第2話「銀行登場」 (山吹色きなこ庵・きままにコラム)
もうっ!NHK~~~! 野球延長をする場合は、「延長します」だけじゃなくて、次の
ドラマ監査法人の感想の感想 (『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』100万部?日記)
NHK土曜ドラマ「監査法人」第1話の感想コメント、みなさまありがとうございました。そして、放映後。ドラマの感想が書かれたブログやミクシィ、2ちゃんねる等を拝見いたしましたが――――――おおむね好評のようで良かったです (*´▽`)特に多かったご感想は、「....
現役会計士に聞く!ドラマ「監査法人」第2回を見て (NHKドラマ「監査法人」を切る!)
前回に引き続き、4大監査法人で監査業務の経験のある会計士に、 ドラマ「監査法人」第2回の意見や感想を聞いていきます。
「監査法人」第2回 (トリ猫家族)
 う~む・・理事長(橋爪功)と健司(塚本高史)はどういう関係なんでしょうね~? もしかして親子なのかな~?とか思ったんだけど・・ いくら意見が違うからって、上司を「アンタ」呼ばわりはしないよね~?  バーでの二人の会話はおもしろかったですね。 「理想...