大阪近代建築BLOG

消えていく近代建築に異議申し立て
−大オオサカまち基盤(大バン)−

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ビルマニアカフェ(ま)

2008-09-13 17:12:42 | ニュース&トピック
近代建築はすっかり数が少なくなったものの、
現存する建物はとても素敵に使われるようになりました。
大大阪モダン建築をはじめ、いろんな本に紹介され、
お笑いやタコ焼きだけじゃない大阪を発信する一翼を担っていますよね。

近代建築よりはずっとたくさん残っているけれど、
そろそろ寿命?というカン違いの元でこの頃どんどん壊されている
1950〜70年代のビル達に、みなさん気付いていました?
築30〜50年、中年世代のビル達は物理的にはまだまだ働き盛り。
しかし設備の老朽化(直せばよいのだ!)だとか
情報発信が消極的だとかの理由で、空室の目立つテナントビルや、
建替えたいのだけどなかなかね・・・と言われながら使われている自社ビルの数々は、
実はめちゃくちゃ素敵なんですよねぇ・・・
ということを伝えたいイベント、『ビルマニアカフェ2008』をやります!

主催するのは、大バンメンバー2名を含む、4人組。
揃ってこの時代のビル(戦後ビルって呼んでます)のマニアですが、
自分達だけ楽しんでいるのは申し訳ないくらい素敵なので、
みなさんに教えてあげたくて、おせっかいながら二日間の開催です。

万博に向かって未来しか見ていなかった高度成長期。
当時、若者達は人数も多かったし、ハートもアツく、
熱気と興奮の中でデザインし、施工し、または施主となり、
どんどん街をビルで埋め尽くしていったようですが、
そのビル達の、一見同じように四角いのにびっくりするほど個性的な姿は
どうかしてる!と思わずにはいられないくらい、なんかがはみ出してるんです。
情熱?熱気?勢い?
なぜか、古いものを良いなぁと思うような静かな気持ちではなく、
煽られて高揚するような、そんなエネルギーを感じるビルがいっぱいあるんです。

百聞は一見に如かず。ぜひビルマニアカフェ2008に足を運んで下さい!

とりあえず、お茶しに行こう、音楽聴きに行こう、
はたまたレトロモダンな家具を買いに行こう、でも何でもOK。
モノは試しにぜひいらしてください。

ビルマニアカフェ2008
日時:2008年10月11日(土) 12日(日)
会場:西谷ビル2号館3階(地図はこちら
11日:charge free(1ドリンク制) 12日:charge1500円(1ドリンク付)

 ・クミスケシフォンも食べれるカフェ
 ・夜長堂プロデュースのオリジナルてぬぐいやマッチを販売
 ・会場内の椅子やテーブルは購入可能(レトロ雑貨・家具のレアレアさん提供)
 ・素敵なビルをシャワーのように浴びるスライドショー
 ・こんな物件探してたあなたにビルマニア不動産
 ・Arts & Craftsの中谷ノボル氏、grafの服部滋樹氏、ゴンチチのチチ松村氏
  が登場するカフェトークでは、メンバーからのビル自慢も★
 ・そして大トリのライブにはARGYLEが登場!
 ・高岡伸一氏による館内ツアーは予約制です(詳しくはこちら
 ・同時開催で山田コウと辺口芳典の写真展
  「そそるビルを放棄しないEXHIBITION」も!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 美章園温泉のかけら(の) | トップ | 同潤会記憶アパートメント展 vo... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
用心 (アレアレ)
2008-10-08 09:24:17
レアレアって南船場のお店なくなってたんですけど、まだやってはるんですか?
ブログに質問したら消されちゃったし、ちょっと怪しい。
レアレアさんは移転中! (まさきち)
2008-10-09 12:24:35
レアレアさんは新店舗への移転準備中みたいです。
なので家具を実物購入できる機会は現在のところビルマニアカフェ2008のみ、となります☆
うう参加したかったなぁ (フランキー中尾)
2008-11-03 21:56:49
大バンの皆様、ご無沙汰しております。
11月8日のまち歩きの告知のアップ
ありがとうございます。

ビルマニア、行きたかったですね。
のりみさんルートで情報はわかっては
いたのですが、ちょうど愛媛県で
http://homepage3.nifty.com/nakanochou/
があって、ささやかな世話役にあたっている
私としては泣く泣く断念せざるを得なかった
のでした。

ご当地の土産話や、神戸の「ええはがき」
などなどネタが集まっておりますので、
また機会があればぜひ、ご披露できればと
思っております。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
寿命 (寿命.com)
寿命の基礎知識や老化現象について