プログラミングのメモ帳

日々のプログラミングで気づいた点や小技(Tips)などを紹介します。(Windows XP/Vista、VC2008)

プロセスのメモリ情報を取得

2008年07月07日 15時55分00秒 | プロセス関連

プロセスのメモリ情報を取得するにはGetProcessMemoryInfo()関数を利用します。(戻る)

  1. プロセスのハンドルを開く(OpenProcess)
  2. プロセスのメモリ情報を取得(GetProcessMemoryInfo)
  3. プロセスのハンドルを閉じる(CloseHandle)

取得可能なメモリ情報

  1. ページ・フォールト数(ページ フォルト)
  2. 現在ワーキングセット(メモリ使用量)
  3. 最大ワーキングセット(最大メモリ使用量)
  4. 現在ページプールの使用サイズ(ページ プール)
  5. 最大ページプールの使用サイズ
  6. 現在非ページプールの使用サイズ(非ページ プール)
  7. 最大非ページプールの使用サイズ
  8. 現在ページングファイルの使用サイズ(仮想メモリ サイズ)
  9. 最大ページングファイルの使用サイズ

※カッコ内はタスクマネージャでの表現です。

プロトタイプ宣言

HANDLE OpenProcess(
    DWORD   dwDesiredAccess,    // アクセス・フラグ
    BOOL    bInheritHandle,     // ハンドルの継承オプション
    DWORD   dwProcessId         // プロセス識別子
);

BOOL CloseHandle(
    HANDLE  hObject             // オブジェクトのハンドル
);

BOOL GetProcessMemoryInfo(
    HANDLE                      Process,            // プロセスのハンドル
    PPROCESS_MEMORY_COUNTERS ppsmemCounters,     // 構造体のポインタ
    DWORD                       cb                  // 構造体のサイズ
);

構造体

typedef struct _PROCESS_MEMORY_COUNTERS {
    DWORD   cb;                             // 構造体のサイズ
    DWORD   PageFaultCount;                 // ページ・フォールト数
    SIZE_T  PeakWorkingSetSize;             // 最大ワーキングセット
    SIZE_T  WorkingSetSize;                 // 現在ワーキングセット
    SIZE_T  QuotaPeakPagedPoolUsage;        // 最大ページプールの使用サイズ
    SIZE_T  QuotaPagedPoolUsage;            // 現在ページプールの使用サイズ
    SIZE_T  QuotaPeakNonPagedPoolUsage;     // 最大非ページプールの使用サイズ
    SIZE_T  QuotaNonPagedPoolUsage;         // 現在非ページプールの使用サイズ
    SIZE_T  PagefileUsage;                  // 現在ページングファイルの使用サイズ
    SIZE_T  PeakPagefileUsage;              // 最大ページングファイルの使用サイズ
} PROCESS_MEMORY_COUNTERS, *PPROCESS_MEMORY_COUNTERS;

サンプル

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <windows.h>
#include <Psapi.h>      // Psapi.Lib

// マクロ関数
#define DISP_PARAM(n)    (n), ((n) / 1024)

// メイン関数
int main( int argc, char *argv[] )
{
    PROCESS_MEMORY_COUNTERS pmc = { 0 };
    DWORD dwProcessID = GetCurrentProcessId();
    HANDLE hProcess;
    
    if ( argc > 1 ){
        dwProcessID = atoi( argv[1] );
    }
    if ( (hProcess = OpenProcess(PROCESS_QUERY_INFORMATION,FALSE,dwProcessID)) != NULL ){
        if ( GetProcessMemoryInfo(hProcess,&pmc,sizeof(pmc)) ){
            printf( TEXT("プロセスID                        :%lu\n"), dwProcessID );
            printf( TEXT("プロセス・ハンドル                :0x%p\n"), hProcess );
            printf( TEXT("ページフォールト数                :%10lu個\n"),             pmc.PageFaultCount );
            printf( TEXT("最大ワーキングセットのサイズ      :%10luバイト(%lu KB)\n"), DISP_PARAM(pmc.PeakWorkingSetSize) );
            printf( TEXT("現在ワーキングセットのサイズ      :%10luバイト(%lu KB)\n"), DISP_PARAM(pmc.WorkingSetSize) );
            printf( TEXT("最大ページプールの使用サイズ      :%10luバイト(%lu KB)\n"), DISP_PARAM(pmc.QuotaPeakPagedPoolUsage) );
            printf( TEXT("現在ページプールの使用サイズ      :%10luバイト(%lu KB)\n"), DISP_PARAM(pmc.QuotaPagedPoolUsage) );
            printf( TEXT("最大非ページプールの使用サイズ    :%10luバイト(%lu KB)\n"), DISP_PARAM(pmc.QuotaPeakNonPagedPoolUsage) );
            printf( TEXT("現在非ページプールの使用サイズ    :%10luバイト(%lu KB)\n"), DISP_PARAM(pmc.QuotaNonPagedPoolUsage) );
            printf( TEXT("最大ページングファイルの使用サイズ:%10luバイト(%lu KB)\n"), DISP_PARAM(pmc.PeakPagefileUsage) );
            printf( TEXT("現在ページングファイルの使用サイズ:%10luバイト(%lu KB)\n"), DISP_PARAM(pmc.PagefileUsage) );
        }
        else{
            printf( TEXT("%lu:GetProcessMemoryInfo()関数のエラーです。\n"), GetLastError() );
        }
        CloseHandle( hProcess );
        return 0;
    }
    printf( TEXT("%lu:OpenProcess()関数のエラーです。\n"), GetLastError() );
    return 1;
}
  • ヘッダファイルとしてPsapi.hをインクルードします。
  • インポートライブラリとしてPsapi.Libをリンクします。

関連記事


『ソフトウェア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プロセスのハンドル数を取得 | トップ | プロセスのI/O操作情報を取得 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。