1010 Radio

ラジオから色んな情報が発信されるように、車いすの視点から情報や思いを発信。

インドネシアの声(6月16日放送)

2006-06-18 | ラジオ

●インドネシアは2008年の、鳥インフルエンザの撲滅に務める。農業
 省家畜局長は、この問題はウイルスがすでに、かなりの家畜動物に
 蔓延しており、解決が難しくなっているため、撲滅には他の部門との
 協力関係が必要であるとした。

●国会第一委員会のジャルメンリン氏は昨日ジャカルタで、アブ・バカ
 ル・バシル氏の釈放をも含め、インドネシアの法手続きに干渉しない
 よう、オーストラリア政府に忠告した。
 ジャルメンリン氏はアブ・バカル・バシル氏の発言や進退も含め、ア
 ブ・バカル・バシル氏の釈放に付いて違反する法律は無く、アメリカ
 やオーストラリアは、インドネシアの法律主権を評価、尊重しなけれ
 ばならなず、(?)に簡単に挑発されてはならないとした。
 ユスフ・カラ副大統領もアブ・バカル・バシル氏は、すでに2年半の刑
 期を終え 現在法律に基づき釈放されたと話している。

 ユドヨノ大統領はインドネシア政府は、テロの撲滅とアブ・バカル・バ
 シル氏の釈放は別物であるため、この二つの問題を関係付けること
 は無いと表明した。
 またユドヨノ大統領は昨日ジャカルタで、インドネシア政府は引き続き
 フィリピンタイといった隣国の国際協力態勢のなかで、テロの撲滅
 に立ち向かうと述べた。

 アブ・バカル・バシル氏に対しては、すでにインドネシアの法律に基づ
 いた刑が下されているとも話した。
 中東の国際政治問題の専門家はアブ・バカル・バシル氏の釈放で、外
 国から強い非難を受けたことに対し、こだわりを見せないインドネシア
 政府の政治的姿勢を賞賛した。

 インドネシアは主権国家として、当然外国からの圧力に屈してはならな
 い。中東の国際政治問題の専門家は昨日カイロで、アブ・バカル・バシ
 ル氏の釈放に対し、アメリカやオーストラリアが希望を示したことに付い
 ての見解を求められた際、このように述べた。
 「裁判所が下したアブ・バカル・バシル氏の釈放という、インドネシアの
 明確な態度は賞賛するべきもので、国際的、特にイスラム諸国からは良
 いイメージを持たれることになる」とも話している。

アブ・バカル・バシル氏は、2002年10月に発生したバリ島爆弾テロ事件
 の事前共謀の罪で服役していた。

●アラブ首長国の商工会議所は、インドネシアとの経済、貿易、投資分野
 での関係をさらに強化していく方針。
 これは昨日サウジアラビアで、ハリアント代表率いる、インドネシア・アラ
 ブ首長国連邦貿易プロモーションセンター代表団を迎えた際、アラブ首長
 国連邦商工会議所会頭が延べた。
 会頭はインドネシアとアラブ首長国連邦が持つ、さまざまな潜在力は両国
 の協力関係をさらに広げるために、双方の企業家にチャンスを与えること
 になると話している。

 また会頭は2002年、中部ジャワ政府とアラブ首長国連邦が署名した覚書
 を、効果的なものにする必要がある。インドネシア製品のプロモーションに
 とって、アラブ首長国連邦の商工会議所は有用だとも話している。


アラブ首長国連邦

世界経済情報サービス

このアイテムの詳細を見る
ジャンル:
海外
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラジオ・タイランド(6月15日... | トップ | 中国国際放送(6月18日放送) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。