1010 Radio

ラジオから色んな情報が発信されるように、車いすの視点から情報や思いを発信。

先週一週間の青森での出来事(593)

2016-07-26 | 青森
7月18日~7月24日まで、青森県内の出来事をテキトーにピックアップ

■18日、八戸ポータルミュージアム「はっち」で、「こどもはっち夏まつり」
■18日、子どもたちにもっと海への理解を深めてもらうことを目指す活動「海と日本PROJECT」の本県版が、青森市の青い海公園で開幕
■18日、大間町で、漁業の安全や大漁を祈願する「天妃(てんぴ)様行列」
■18日、青森市のメモリアルシップ八甲田丸とその周辺で「八甲田丸 港フェスタ」
■18日、黒石市中町のこみせ通りや「理右衛門小路」に、市内の子どもたちが作った251個のねぷた灯籠の点灯式

■19日、ごしょつがる農協木造総合支店で本年産ブランド認定メロンの出荷式
■19日、東北町で第23回県農業青年交流大会
■19日、2013年に作られた立佞武多(たちねぷた)「陰陽(おんみょう) 梵珠北斗星」が、五所川原市の立佞武多の館で解体
■19日、県内の今年のクマ出没件数が、7月19日現在で計276件(目撃269件、食害7件)で前年同期の約1.8倍に
■20日、八戸市内のスーパーで強盗対応訓練

■20日、むつ市の恐山で夏の大祭が始まる
■むつ市のサンマモルワイナリーが大鰐町に整備していた第2ワイン工場が完成
■20日、2代目県防災ヘリコプター「しらかみ」が青森市の県防災航空センターで就航式
■20日、青森市文化会館で、スペイン国立管弦楽団青森公演
■20日、弘前高校が、毎年恒例のねぷた運行

■20日、津軽みらい農協が特許庁に出願していた「津軽の桃」が、地域団体商標に登録
■酒気帯び運転の容疑で逮捕された蓬田村総務課の男性職員(36)に、無免許運転の疑いも
■21日、県内の多くの小学校と中学校で1学期の終業式
■県の「県下一斉ノーマイカーデー」始まる
■三沢市、ごみ焼却施設建て替えへ

■21日、弘前大学と日本政策金融公庫の県内3支店(青森、八戸、弘前)が、地方創生の実現に向け、連携協力を推進する協定
■21日、横浜町の砂浜海岸海水浴場で安全祈願祭
■青森市で開かれた「東北六魂祭 2016 青森」開催による経済波及効果が29億3800万円
■21日、つがるにしきた農協元支店長、詐欺容疑で逮捕
■22日、八戸市のJR八戸線陸奥湊駅自由通路に、夏の風物詩「イカ風鈴」

■22日、新作立佞武多「歌舞伎創生 出雲阿国(いずものおくに)」が、五所川原市の立佞武多の館で完成
■22日、八戸市の長者山新羅神社境内で、夏休み恒例の「森のおとぎ会」が始まる
■22日、県立美術館で、「青森EARTH2016 根(ね)と路(みち)」展が開幕
■22日、「ポケモンGO」、県内でも大きな反響

ポケモンGOは世界を変える: 驚愕のビジネスプラットフォーム
クリエーター情報なし
メーカー情報なし

■22日、青森市新町、古川地区にまたがる夜店通り商店街で、恒例の「夜店まつり」

■22日、弘前市百石町で「百石町納涼夜店まつり」
■本県の高齢化率(総人口に占める65歳以上の割合)は2016年2月1日現在、前年比0.98ポイント増の29.69%と過去最高を更新
■22日、東京・有楽町の東京交通会館内にある本県への移住相談窓口「青森暮らしサポートセンター」が22日、リニューアルオープン
■22日、弘南鉄道大鰐線存続戦略協議会が、2016年の「地域公共交通優良団体大臣表彰」
■22~23日、県立美術館開館10周年を記念する、ピアノ5台による全国でも珍しいコンサート「北十字星からの贈りもの」

■23日、朝早、八戸市でパトカーに追跡されていた軽乗用車が港の駐車場から海に転落し、運転していた51歳の男性が死亡
■23日、弘前市立博物館の企画展「まち・ひと・くらし~移り変わる弘前」始まる
■23日、八戸市中央卸売市場で「夏休み親子しじょう見学会」

小学生の夏休み自由研究ブック
クリエーター情報なし
永岡書店

■23日、五所川原市元町の八幡宮で「子供の森読書会」始まる

読んだら忘れない読書術
クリエーター情報なし
サンマーク出版

■23日、弘前市のはるか夢球場でプロ野球イースタン・リーグ公式戦「東北楽天-日本ハム」

■23日、平川市で11年ぶりに「おのえ夜店まつり」
■23~24日、八戸市鮫の八戸港第一魚市場前の特設コースで「第18回全国水産・海洋高校カッターレース大会」
■23~24日、青森市合子沢の八甲田憩いの牧場で「八甲田牧場まつり」
■23~24日、来年3月で閉校となる弘前市の岩木高校で閉校前最後の文化祭
■2015年度に本県で介護保険サービスを利用受給者、前年度比943人増の6万8705人と、2000年の制度開始以来、最高

■24日、本県から東京まで、ランニングと自転車で被災地を駆け抜ける「未来(あした)への道 1000km縦断リレー2016」スタート
■24日、田舎館村で水田でさまざまな競技を楽しむ「第8回どろリンピック」
■24日、八戸市の蕪島海浜公園周辺で「さめ浜まつり」
■24日、青森市の日本将棋連盟青森支部道場で「家族・ペアリレー将棋大会」
■24日、深浦町役場駐車場で「深浦マグロ料理グランプリ」

■つがる市木造のメロン畑から収穫直前のメロン約450個(時価約27万円相当)が盗まれる

■24日、六ケ所村文化交流プラザ「スワニー」で健康まつり
■24日、平川市の猿賀公園で、4年ぶりに「北限に観(み)る蓮(はす)の花まつり」始まる

東奥日報、NHK青森放送局
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

先週一週間の青森での出来事(592)

2016-07-19 | 青森
7月11日~7月17日まで、青森県内の出来事をテキトーにピックアップ

■11日、十和田湖の夏のヒメマス釣り解禁
■11日、風間浦村下風呂で、夏の名物イベント「元祖烏賊様(いかさま)レース」が始まる
■2017年度県立高校入学試験は来年3月8日に実施
■11日、青森市議会の最大会派・自民清風会(9人)から3人が離脱し、議会事務局に新会派「自由民主党」を届け出て受理
■県内の認定こども園は4月1日現在208施設で、昨年度より50施設増えて全国3位の多さ

■12日、ブルーベリーが収穫期を迎えた八戸市南郷の上ノ山観光農園で開園セレモニー
■12日、深浦町広戸地区で新たに松くい虫被害木4本を確認したと発表
■12日、弘前市の県りんご会館で第30期県りんご産業基幹青年研修の開講式
■青森自民県連、参院選敗北の責任論は出ず
■13日、六ケ所村のむつ小川原国家石油備蓄基地で、大規模地震の発生を想定した防災訓練

■13日、深浦町内6カ所の海岸が、津軽地方で今シーズン最も早く海開き
■本県の日本人の人口(今年1月1日現在)は、133万4258人で前年から1万5097人減
■十和田市三本木一本木沢の私有地内にあるコナラの幹回りが3メートル91センチで、コナラとしては県内最大の巨木
■13日、東宝の新作映画「シン・ゴジラ」を題材とする田舎館村名物「田んぼアート」が見ごろを迎え「見ごろ宣言」
■13日、青森労働局が、4月から全面施行された女性活躍推進法に基づく基準適合一般事業主に2社認定

■13日、青森市で今年初の真夏日
■14日、青森市の八甲田丸近くにある「青函連絡船戦災の碑」前で、青函連絡船戦災犠牲者追悼・平和祈念の集い
■14日、JR上野駅で県とJR東日本が、県産野菜や魚介類で取っただしを活用して減塩につなげる「だし活」のPRイベント
■今年上半期、県警が認知した県内の特殊詐欺被害は30件と、被害額が約1億2500万円と前年同期比で5600万円上回る
■15日、青森空港で不審者が侵入したことを想定し訓練

■15日、風間浦村の駒嶺商店が津軽海峡圏域の新たな名産品となる「海峡塩サイダー」の販売開始
■15日、特殊詐欺被害の撲滅や交通事故抑止を目指し、野辺地署員が「常夜燈☆ひかり隊」なるグループを結成し野辺地町内でデビュー公演
■15日、青森市安方のねぶた団地「ラッセランド」では大型ねぶたの台上げ作業が始まる
■15日、八戸市中心街で「第46回八戸小唄流し踊り」
■青森市農振センター、八甲田牛生産取りやめ

■16日、弘前市でNHKの大河ドラマ「真田丸」で石田三成役を演じている、俳優の山本耕史さんのトークショー
■青森市出身の報道カメラマン澤田教一の撮影地、ベトナム人留学生が調査

戦場カメラマン沢田教一の眼―青森・ベトナム・カンボジア1955-1970
クリエーター情報なし
山川出版社

■16日、酒気帯びで36歳の蓬田村職員を現行犯逮捕
■16日、八戸ポータルミュージアムはっちで「夏のブイヤベースinはっち2016」始まる
■16日、JR五能線の人気観光列車「リゾートしらかみ」の新型車両「ぶな」が営業運転を開始

■16日、海上自衛隊の補給艦「とわだ」が八戸港で一般公開
■16日、第67回県中学校体育大会夏季大会が弘前市を主会場に開幕
■16日、国重要文化財の五重塔で知られる弘前市銅屋町の最勝院と八坂神社で宵宮
■16~17日、十和田市の十和田湖畔休屋で第51回十和田湖湖水まつり
■16~18日、八戸市の八戸公園内にある緑の相談所で「世界の昆虫展」

昆虫は最強の生物である: 4億年の進化がもたらした驚異の生存戦略
クリエーター情報なし
河出書房新社

■16~18日、黒石市豊岡の会場・天空村で「手しごとアート」をテーマとする展示・販売イベント「こでんてんin天空村」
■五所川原市田町の老舗豆腐店「下山豆富店」と直営店「豆久庵」が31日をもって閉店
■17日、田舎館村名物の「田んぼアート」第1会場に描かれた、NHK大河ドラマ「真田丸より 石田三成と真田昌幸」の見ごろを、三成を演じる俳優・山本耕史さんらと宣言

真田丸 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
クリエーター情報なし
NHK出版

■17日、青森市の県民福祉プラザで第40回県民囲碁まつり段級位認定大会
■17日、青森市文化会館で「2016年そろばんグランプリ・青森」

■17~18日、弘前市を発着点に津軽路200キロを駆け抜ける「第1回みちのく津軽ジャーニーラン」

東奥日報、NHK青森放送局
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

先週一週間の青森での出来事(591)

2016-07-12 | 青森
7月4日~7月10日まで、青森県内の出来事をテキトーにピックアップ

■4日、むつ市はクマ出没相次ぎ「非常事態宣言」
■4日、弘前市が新たな食のブランドとして開発した「白神めぐみ寿司(すし)」の披露会
■4日午後4時ごろ、むつ市のJR下北駅から南東に約1.5キロの同市若松町の住宅街で、体長約1メートルのクマ1頭を目撃
■4日、がん患者やその家族、友人を対象にした絵画・写真コンテスト「リリー・オンコロジー・オン・キャンバス」で、青森市の男性が描いた「雪片付け」が優秀賞
■2016年上半期の県内企業倒産件数29件、負債総額は28億4700万円増の81億8200万円

■県立高校15校のうち、3校が政治活動の事前届け出制を取りやめていたことが判明
■4日、青森市が、青森駅の土地や施設を所有するJR東日本、県と基本協定を締結したと発表
■築90年を超えるJR五能線で最も古い木造駅舎・陸奥森田駅(つがる市)がホーム側を中心に大幅に改装
■青森花火大会と、ねぶた海上運行の有料席増設
■4日、三沢市の交差点で、アメリカ軍三沢基地に所属する女性軍人の夫が衝突事故を起こし、相手の女性に軽いケガをさせた上そのまま走り去ったとしてあて逃げなどの疑いで逮捕

■5日、警察学校で警察官の「職務質問競技会」

取調べ・職質に使えるヒント集―人はどうやってウソを吐くか。そのウソを見抜く。アクティブ・コミュニケーションのすすめ
クリエーター情報なし
東京法令出版

■5日、県警本部の50代男性警部が自宅で自殺、職場でパワーハラスメント(パワハラ)に遭ったことをうかがわせるメモ

警察のすべて
クリエーター情報なし
宝島社

■5日、大阪・梅田に青森県と岩手県が特産品を販売するアンテナショップが開店しオープンセレモニー
■5日、鰺ヶ沢町小屋敷町の鳴沢りんごセンターで、2016年産スイカの目揃(めぞろえ)会
■県内23自治体病院の常勤医数(5月1日現在)は535人(研修医107人含む)で、病院を運営する上で必要な総数765人より230人不足

■6月末現在の、県内でのクマ目撃・食害の合計件数は192件で、うちむつ署管内(同市と東通村)が53件と4分の1以上
■5日、八戸市鮫町の種差海岸インフォメーションセンターの来館者数が40万人に達する
■6日、八戸市の大館地区で、地元の名所や伝説などを紹介する「ふるさと大館・周遊案内」看板の除幕式
■6日、むつ市の、むつ総合病院に新たに建設される「人工透析センター(仮称)」の安全祈願祭
■6日、三沢市と青森銀行、みちのく銀行、青い森信用金庫、県信用組合の4金融機関が、地方創生に関する包括連携協力の協定

■6日、青森市の工藤清泰・浪岡区長が、鹿内博市長に辞表を提出
■6~9日、黒石市の夏の恒例行事「横町納涼夜店まつり」
■三本木町(現・十和田市)出身で十和田奥入瀬観光大使を務める歌手・菅原都々子さんのアルバム「ゴールデンソングス」が5月に発売

菅原都々子ゴールデンソングス
クリエーター情報なし
テイチクエンタテインメント

■7日、日本記念日協会に申請していた「黒にんにくの日」の登録が認められる
■青森刑務所は2017年度から新たに、受刑者向けの職業訓練で簡単なパソコン技術などを学べる「ビジネススキル科」の開設を予定

■7日、鯵ケ沢町で全国の若手酪農関係者が交流する「らくのうサミットin青森」
■8日、平内町の沖合で、小型の漁船が転覆し、乗っていた67歳の息子が搬送先の病院で死亡、一緒に漁船に乗っていた93歳の母親が行方不明
■8日、八戸市の白浜海水浴場で、海開きを前に安全祈願祭
■8日、青い森鉄道が、同社社員の50代女性が寝坊し、下田駅(おいらせ町)の同日の窓口業務開始が40分遅れ、午前7時20分に
■8日、八戸市の洋食店で、八戸産の魚介を使った「フィッシュアンドチップス」の試食会

■9日、深浦町の北金ケ沢漁港荷捌所で、日本海沿岸の10漁協が連携し魚介類や漁業の魅力を発信する「つがる日本海お魚大漁まつり」
■9日、八戸港に海上自衛隊最大の護衛艦「いずも」入港
■9日、青森市の県近代文学館で「青函を旅した文人たち」開幕
■9日、十和田湖小学校体育館で、十和田八幡平国立公園の十和田八甲田地域指定80周年を記念する式典
■9日、むつ市の旧田名部駅前の通りに、空き店舗を改修した新たな商店がオープン

■9~10日、八戸市の是川縄文館で開館5周年記念イベント
■10日、青森刑務所で「青森矯正展」

刑務所わず。 塀の中では言えないホントの話 (文春文庫)
クリエーター情報なし
文藝春秋

■みちのく銀がベトナムの商業銀行と業務提携へ
■県内一のサクランボ生産地・南部町で、晩生種「紅秀峰」が収穫期
■県医師会が7月中に、「こどものネット依存相談窓口(仮称)」を設置

■10日、「むつ科学技術館」(むつ市)が、1996年7月の開館20周年を迎え記念イベント
■10日、第1回十和田湖マラソン大会
■10日、弘前市の岩木山桜林公園付近で「岩木山トレイルランニングフェスティバル2016」
■10日、参議院選挙の青森市の開票作業で担当者が、選挙区と比例代表の不在者投票者数を2000人あまり多く誤ってパソコンに入力したため間違った確定投票率を発表
■10日、本県の参議院選挙の投票率は55.31%で前回、3年前の選挙を9.06ポイント上回る

この国を揺るがす男:安倍晋三とは何者か (単行本)
クリエーター情報なし
筑摩書房

■10日、参院選本県選挙区は民進党新人の田名部匡代氏が30万2867票を獲得し初当選
■10日、第9回「高校かるた夏の東北大会」で、五所川原、木造の生徒で構成する本県Aチームが優勝

東奥日報、NHK青森放送局
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

先週一週間の青森での出来事(590)

2016-07-05 | 青森
6月27日~7月3日まで、青森県内の出来事をテキトーにピックアップ

■27日、南部町で16日発見され、“子グマ”として一時的に保護されていた幼獣2頭について、町農林課はクマではなくタヌキの子どもと発表
■27日、青森市長が記者会見で、青森駅前の再開発ビル、「アウガ」を運営する第三セクターが土地や建物などの固定資産の価値を見直す「減損会計」を適用した結果、23億8500万円の債務超過であることを発表
■27日、「弘前市企業誘致推進協議会」が設立
■27日、弘前市で、本県発の機能性素材「あおもりプロテオグリカン(PG)」のブランド化を推進する新法人「一般社団法人あおもりPG推進協議会」の設立総会
■八戸市のクリニックが運営する老人ホームなど、居住系施設での看取(みと)りに対する職員の不安やストレス解消へ手引書作成

■2017年度公立学校教員採用試験倍率6.9倍、過去10年で最低
■27日、青森市新町商店街にある伝統工芸品販売「むらた工芸」が青森地裁から破産手続き開始決定
■28日、「八戸ポータルミュージアムはっち」が、開館から約5年4カ月で来館500万人を達成し、同館で記念セレモニー
■新郷村肉用牛生産組合の黒毛和種の子牛の総販売額が2015年度で10億円を突破
■28日、佐井村で村内男性と村外女性の出会いを演出しようと、初めて企画した婚活イベント

■29日、「イサバのカッチャ」にふんした人たちが、八戸市の高速道路の料金所で安全運転を呼びかけ
■29日、青森警察署で「嘱託警察犬」の委嘱式
■29日、航空自衛隊三沢基地第3航空団は、夜間の待機勤務中に飲酒したとして、同航空団飛行群第8飛行隊の男性隊員29人を同日付で減給10分の1から30分の1(いずれも1カ月)の懲戒処分
■29日、青森市の再開発ビル「アウガ」を運営する第三セクター・青森駅前再開発ビルが経営破綻状態に陥った問題で、鹿内博市長は、アウガ「公共化」の道筋を7月か8月につけて辞職する考え
■29日、県選挙管理委員会が、小中学生を対象にした主権者育成の新規事業「フルーツ選抜総選挙」をスタート

■29日、五所川原市と日本自動車連盟(JAF)青森支部が、観光の振興、災害発生時の被災車両撤去などで協力し合う包括協定を締結
■本県の2015年10月1日現在の高齢化率(人口に占める65歳以上の割合)は29.9%で、10年の25.7%(確定値)より4.2ポイント上昇し、1920年の調査開始以来過去最高を更新
■日本原燃が六ケ所再処理工場について、2018年度上期としている完工時期を最長で2年5カ月延期することを内部で検討
■鯵ケ沢町にある七里長浜港の取扱貨物数量が、2015年度は21万9542トンと、初めて20万トンの大台
■おいらせ町は津波災害に備え、一般有料道路「百石道路」の町内沿線4カ所に町民が逃げ込める「避難階段」を設置

■30日、津軽鉄道で恒例の「七夕列車」の運行が始まる
■30日、弘前市の岩木山神社で、日常生活の中で無意識のうちに心身に積もった罪や穢(けが)れを払う「大祓(おおばらえ)式」
■30日、青森市の青い海公園内「ラッセランド」に「ねぶたガイド隊」の本部を設置
■30日、黒石市と六戸町が、「電算システムの共同利用に関する協定」
■30日、八戸市の八戸消防署訓練場で消防救助技術県大会

■30日、青森産業会館で県内外の食品バイヤーらに、県産農林水産物や加工品を紹介する「青森の正直」商談会
■7月1日、弘前市、鯵ケ沢町、深浦町、西目屋村で「白神まるごと体験博覧会」始まる
■1日、県内各地の河川でアユ釣り解禁
■1日、県内路線価、青森市・新町通り再下落
■1日、県内5月の有効求人倍率で、むつ公共職業安定所管内の下北地域が1.04倍(原数値)となり、1963年の集計開始以来初めて1倍台に到達

■1日、全農県本部が、県産米の主力品種である「つがるロマン」「まっしぐら」のPRタレントに、NHK連続テレビ小説「マッサン」でヒロインを演じた米国女優シャーロット・ケイト・フォックスさん(30)を起用

シャーロット・ケイト・フォックス 誘惑のジェラシー [DVD]
クリエーター情報なし
オルスタックソフト販売

■1日、JR五能線80周年でラッピング列車運行開始
■1日、本県と北海道南地域、JRグループが一体となって取り組む大型観光企画「青森県・函館デスティネーションキャンペーン(青函DC)」が開幕
■1日、歌手・吉幾三さんの衣装や楽器を展示する「吉幾三コレクションミュージアム」が、「立佞武多の館」前に移転して新装オープン

芸能生活40周年企画 シングルパーフェクトコレクション
クリエーター情報なし
徳間ジャパンコミュニケーションズ

■1日、弘南鉄道で「納涼ビール列車」運行始まる

■1日、津軽鉄道で「風鈴列車」の運行を開始
■1日、県写真館協会が、本年度の県写真館コンテストの審査結果を発表
■1日、八甲田高田大岳頂上にニホンジカ2頭
■1日、南部町の向小学校で、全校児童による県南地方の盆踊り「ナニャドヤラ」のコンクール
■1~3日、青森市の県観光物産館アスパムで「うまい森 青いもりフェア」

■五所川原商業高校の20代男性教諭2人がそれぞれ、女子生徒を自宅に招き入れるなど不適切な行為があった問題で、教諭2人を6月30日付で懲戒免職処分
■県議会の2015年度政務費執行率 最低の78.2%
■三沢市が、婚姻届を提出したカップル向けに、記念撮影用メモリアルボードを作成
■2日、青森市の県立美術館で開催中の「改組 新 第2回日展青森展」の入場者が1万人を突破
■2日、青函DCのスタートを記念し、むつ市のJR大湊駅で「大湊駅前まつり」

■2日、第9回県民スポーツ・レクリエーション祭が開幕
■2日、日本航空協会は、県立三沢航空科学館に展示されている旧陸軍の一式双発高等練習機を「重要航空遺産」に認定
■2日、青森市の道の駅「なみおか アップルヒル」で「ラベンダーまつり」
■2日、作家、演出家、画家の大宮エリーさんが、十和田市中心商店街に手掛けた「虹のアーケード」が完成し記念イベント
■2日、弘前市で「Red Bull BC One(レッドブル・ビーシー・ワン)」の弘前予選

■2~3日、五所川原市の菊ケ丘水郷公園で「第26回ごしょがわら花菖蒲せせらぎまつり」
■2~3日、青森市内のホテルで第60回東北六県将棋大会
■3日、弘前市で縄文文化の価値や魅力を紹介するイベント「あおもりJOMONフェスタ」
■3日、第25回AOMORIマラソン大会
■3日、県民福祉プラザで第37回全国少年少女囲碁大会県予選

■3日、八戸市の種差海岸天然芝生地で種差海岸観光まつり
■3日、青森市の中央市民センターで第33回県連珠選手権
■3日、弘前公園で「SHIRO FES.2016(城フェス)」
■3日、むつ市大畑町の「ちぢり浜」で、海洋研究開発機構むつ研究所主催の沿岸観察会
■3日午後1時ごろ、大間町のスーパー・ファミリーマートさとう大間店の店舗前のカート置き場に乗用車が突っ込む。けが人なし

東奥日報、NHK青森放送局
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

先週一週間の青森での出来事(589)

2016-06-28 | 青森
6月20日~6月26日まで、青森県内の出来事をテキトーにピックアップ

■青森県が介護事業所の認証制度開始
■青森市は7月から、外見では分かりづらい障害などがあり、手助けを必要する人が、周囲に支援を求める際に提示できる「ヘルプカード」の配布開始
■外国人向け労働相談、本県未整備
■20日午後3時ごろ、青森発札幌行き全日空1899便が、右側のエンジンを停止させて新千歳空港に緊急着陸
■20日、青森市選挙管理委員会が、市内15高校に選挙啓発用のぼり旗を配布

■20日、資生堂ジャパン東北支社青森オフィスの協力を得て、今年のミスねぶた3人を対象にメークアップセミナー
嶋田ちあきのメークマジック「旬顔になるパーフェクト・メークアップ・レッスン」 [DVD]
クリエーター情報なし
小学館

■八戸市民病院は、従来型より高度な救命処置が可能な新型ドクターカー「V3」の運行を7月1日から開始
■20日、青森県警察本部は、暴力団などの組織犯罪への「山口組」抗争で対策会議
■政府の「行政事業レビュー」で大間原発補助”廃止すべき”
■20日、青森市のアラスカで、若手農家を育成する「若手農業トップランナー塾」の開講式

■20日、六戸町が町民の健康増進を図る「元気アップポイント事業」をスタート
■五戸町出身の姉妹クリエーター「東京ハイジ」が人気
■21日、県がニホンジカ自動撮影カメラの設置開始
■21日、田子町の新・ご当地グルメ「ガーリックステーキごはん(ガリステごはん)」が、年間目標の累計7千食を85日目で突破
■2015年度に青森労働局に寄せられたパワハラ相談は833件で過去最多

■21日、六戸町出身で、昨年3月の大相撲春場所を最後に定年退職した、元立行司・第37代木村庄之助の畠山三郎さんを同町に招いて最後の慰労会
■21日、青森市の公衆浴場で、入浴客に特殊詐欺への注意を促すチラシ付きのシャンプーとコンディショナーを配る
■21日、十和田市、青森市、八戸市、弘前市で、特殊詐欺を狙ったとみられる不審電話が17件
■21日、全国唯一の町営市場「南部町営地方卸売市場」が開設50周年記念式典
■22日、第24回参院選が公示、本県選挙区は3氏届け出

■22日、弘前文化センターで、油・砂糖・塩の三つを減らした「3ダウンレシピ」で作った料理の試食会
■22日、八戸西高校と五戸高校で、直木賞作家の松井今朝子さんが「見ること 聞くこと 読むこと」と題して講演
■22日、第46回八戸小唄流し踊りに向け、八戸ポータルミュージアム「はっち」で、一般参加者対象の講習会
■22日、県庁で、2020年東京五輪・パラリンピックに参加する海外チームの事前合宿誘致に向けた本年度最初の市町村連絡会議
■22日、複合ビルの建設を計画していた青森地域開発(青森市)は、青森地裁から破産手続き開始決定、負債額は約1億3500万円

■22日、三戸町民プールがオープン
■22日、黒石市、藤崎町、田舎館村でサル目撃相次ぐ
■十和田市内で特殊詐欺を狙ったとみられる、十和田市役所職員名乗る不審電話
■22日、県とセブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂が、「高齢者等の支援に関する協定」を締結
■22日、青森市新城山田の住宅街や新城中央小学校周辺でサルの目撃情報が相次

■23日、田舎館村の「石のアート」の新作となる俳優石原裕次郎さんの図柄が、同村高樋八幡の会場でほぼ完成

石原裕次郎 全曲集
クリエーター情報なし
テイチクエンタテインメント

■23日、十和田市とおいらせ町の期日前投票所に、全国初となる子どもを遊ばせられる簡易の「キッズコーナー」を設置
■五戸町選挙管理委員会は、参院選の投票率向上を目指し、同町の五戸高校生のデザインによる啓発ポスターを100枚作製
■23日、県は2015年産の飼料用米118.8トンを主食用米として販売し食糧法に違反したとして、中泊町の秋田博町議(75)に同法に基づき販売方法などの改善を求める勧告
■知り合いの女性の自宅に100回以上、無言電話をかけたとして今月6日、逮捕された青森市に住む男(25歳)がそれとは別の無言電話を550回以上にわたって母校の県立青森高校にかけたとして業務妨害の疑いで再逮捕
イラスト・チャートでわかりやすい擬律判断・軽犯罪法
クリエーター情報なし
東京法令出版


■24日、安倍晋三首相が参院選本県選挙区の候補応援のため、三沢市を訪れ街頭演説

アホノミクス完全崩壊に備えよ (角川新書)
クリエーター情報なし
KADOKAWA/角川書店

■24日、参院選の投票率向上に向け、投票を呼び掛ける広告を車体にラッピングした青い森鉄道の普通列車の運行が始まる
■24日、大型観光企画「青森県・函館デスティネーションキャンペーン(青函DC)」に先駆け、JR東京駅本県や北海道南地域への誘客を図る「圧巻!体感!青函!青森・函館フェア」始まる
■24日、県産業技術センター水産総合研究所の漁業試験船「開運丸」(199トン)が、アカイカの資源調査のため、北太平洋に向けて八戸港を出港
■津軽地方の園地でリンゴ黒星病流行の兆し

■24日、大相撲元関脇若の里で5月に断髪式を行った西岩親方が、母校の弘前市新和小学校を訪問
■24日、18日昼、弘前市の「コープあおもり和徳店」で男が現金約7万円を奪い逃走した強盗事件で、強盗の疑いで本籍弘前市、住居不定無職の男を逮捕
■青森市の再開発ビル「アウガ」を運営する第三セクター・青森駅前再開発ビルが、2015年度決算で約23億円の債務超過
■24日、南部町フルーツ狩り実行委員会が町民ホール「楽楽(らら)ホール」で、「南部町さくらんぼ狩りセレモニー」
■八戸市に県内初のアイスホッケー専門店

■25日、県市長会と県町村会が、東京23区の区長でつくる特別区長会と、観光や経済、文化などさまざまな分野で連携協定
■『小児救急電話相談』の相談件数が、平成27年度、5300件を超え過去最高

最新 赤ちゃん・子ども病気百科―0-6才 (主婦の友新実用BOOKS)
クリエーター情報なし
主婦の友社

■25日、岩木川カヌー競技場で、日本カヌー連盟主催の「カヌーワイルドウォータージャパンカップ」第3戦と西目屋村主催の「白神カップカヌー大会」
■25~26日、青森市で東北6県の代表的な夏祭りが年に1度集結する「東北六魂祭2016青森」
■26日、五所川原市金木町の津軽三味線会館で、北海道を代表する民謡の一つ「江差追分」の生演奏会が始まる

■26日、藤崎町の地元グルメの頂点を決める「ふじワングランプリ」
■26日、弘前市の土手町通りで「よさこい津軽」
■26日、平川市碇ケ関地区で恒例の「たけのこマラソン大会」
■26日、五所川原市中心部の立佞武多(たちねぷた)通りで恒例の「ヤッテマレ軽トラ市」始まる
■26日、八戸市の市水産会館で「第7回日本さかな検定」

からだにおいしい魚の便利帳 (便利帳シリーズ)
クリエーター情報なし
高橋書店

■26日、十和田市の中心商店街の一部を歩行者天国にした「とわだストリートフェスタ」

東奥日報、NHK青森放送局
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

先週一週間の青森での出来事(588)

2016-06-21 | 青森
6月13日~6月19日まで、青森県内の出来事をテキトーにピックアップ

■13日、北陸、本県を含む東北が梅雨入り、本県の梅雨入りは平年より1日、昨年より13日早い
■13日、ヨーロッパの「サンティアゴ巡礼の道」を単独で歩く千キロの旅に挑戦していた八戸市の元高校教諭が、出発から46日かけて最終目的地であるスペインの聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラにたどり着く
■13日、県りんご協会が、2016年産リンゴの結実状況調査を開始
■13日、県庁北棟で「18歳選挙権、高校生メッセージリレー写真展」始まる

18歳からの政治の教科書―――メディアに踊らされない賢い有権者になろう
クリエーター情報なし
彩雲出版

■13日、青森市の浪打小学校で盲導犬について学ぶ教室

■県内企業景況2期連続マイナス
■2015年度の本県への、ふるさと納税額は前年度に比べ8億1100万円で2.8倍、件数は5倍の4万5758件に
■14日、参院選に向け、県選挙管理委員会は投票用紙を県内40市町村に搬送
■14日、県警などは、青森市の青森駅前でチラシなどを配って利用客らに特殊詐欺被害への注意を促す
■14日、県警音楽隊が、青森市の県警察学校で、新隊員4人の特訓の成果を発表する演奏会

■三沢市の県立三沢航空科学館で展示されている旧陸軍の一式双発高等練習機が、7月2日付で日本航空協会(東京)の重要航空遺産に認定されることが決まる
■14日午後4時25分ごろ、平内町の県道夏泊公園線で、平内町の男性(72歳)の軽乗用車がクマと衝突。男性に怪我は無し
■青森市民病院の職員が患者の診療情報に関する映像と画像を、本人の承諾を得ずに動画共有サイト「ユーチューブ」に投稿していたことが判明
■15日、日本郵便東北支社、外ケ浜町の竜飛崎をデザインしたオリジナルフレーム切手「津軽半島最北端 龍飛岬~津軽海峡を望む風の岬~」を発売
■青森市内の県営住宅を管理する指定管理者・コーポラス青森グループが、入居者や連帯保証人に関する書類57枚を紛失

■深浦町のマグロ漁が例年より1カ月遅れで本格化
■15日、安倍首相が地方遊説のため青森市で街頭演説

安倍官邸とテレビ (集英社新書)
クリエーター情報なし
集英社

■15日、平川市選挙管理委員会とイオンタウンは、イオンタウン平賀に共通投票所と期日前投票所を設ける覚書
■15日、野辺地町が観光用のレンタサイクル事業を開始
■15日、社民党の吉田忠智党首が八戸市庁前で演説

■三村申吾知事と十和田市の小山田久市長は15日、丸川珠代環境相に対し、「国立公園満喫プロジェクト」のモデル事業地域に十和田八幡平国立公園を選ぶよう要望
■16日、14時21分頃、北海道内浦湾を震源とする地震で大間町、風間浦村で震度4、青森市、弘前市、黒石市、五所川原市、十和田市、むつ市、つがる市、平川市などで震度2を観測
■2015年に認知症やその疑いで行方不明になったとして、警察が届出を受理したのは本県で前年比11人減の42人で、3人の死亡が確認
■16日、県警と青森海上保安部、青森港管理事務所などは、青森港新中央埠頭や周辺の海域で、旅客船に対するテロリストの襲撃を想定した対策訓練
■16日、八戸港所属の中型イカ釣り船1隻が、同港第3魚市場に船凍スルメイカ約8トンを初水揚げ

■第三セクター・青森駅前再開発ビルの5月の店頭売上高が1億891万7千円となり、前年同月比12.5%減少
■南部町の県立名久井農業高校が、日本環境化学会の高校環境化学優秀賞を受賞
■16日、弘前市の常盤野小中学校で、日韓のトップダンサーによるヒップホップダンス公演
■小児救急電話相談の2015年度の相談件数は、前年度比1459件(37.3%)増の5369件と、06年度の事業開始以来、過去最多
■17日、青森市の酸ケ湯温泉は、老朽化の著しかった湯治棟3号館のリニューアルを終え特別内覧会

■17日、八戸市が、長根公園に建設する市屋内スケート場(仮称)の実施設計の概要を市のホームページに公開
■17日、国の文化審議会は、国史跡の「是川石器時代遺跡」(八戸市)について、市有地約5500平方メートルを追加指定するよう文部科学相に答申
■18日、県立美術館開館10周年記念「改組 新 第2回日展青森展」開幕
■本県の民生委員の8割が、高齢化がピークとなる2025年、「高齢者の生活環境が悪くなる」と厳しい見方を示す
■弘前市高岡の高照神社で「宝物展」

■弘前市が事務処理放置300件
■南部町で発見の子グマ2頭を、動物愛護から一時保護
■十和田市の三本木農業高校と大手ジーンズメーカー「リー・ジャパン」(東京都)が、同高生徒の実習服を共同製作
■18日、田子町農山村広場で「田子にんにく収穫祭」
■18日、青森市の「ねぶたの家 ワ・ラッセ」で開催された「2016ミスねぶたコンテスト」で、グランプリに山口智胡(ちこ)さん

■18日午前11時50分ごろ、弘前市「コープあおもり和徳店」に男が女性店員に刃物のようなものを突きつけて脅し、レジの現金約7万円を奪って逃走
■18日、七戸町の観光農園で「しちのへバラまつり」始まる

はじめてでも簡単! 楽しいバラづくり ローズレッスン12か月 (別冊NHK趣味の園芸)
クリエーター情報なし
NHK出版

■18日、五所川原市の中心街で「奥津軽虫と火まつり」
■18日、鶴田町の道の駅「鶴の里あるじゃ」で、開業15周年を記念し、鹿児島県さつま町フェア&全国「道の駅」フェア
■18日、五所川原市金木町で五穀豊穣を願う、さなぶり行事の「金木町虫送り」

■18日、弘前市の太宰治まなびの家で生誕前日祭シンポジウム
■18日、弘前市悪戸地区の岩木川河川敷運動公園で「古都ひろさき花火の集い」
■18~19日、青森県佐井村で「佐井村ウニ祭り」
■18~19日、青森市文化会館で「重症心身障害児(者)を守る全国大会」

写真でわかる重症心身障害児(者)のケア: 人としての尊厳を守る療育の実践のために (写真でわかるシリーズ)
クリエーター情報なし
インターメディカ

■19日、青森市文化観光交流施設「ねぶたの家 ワ・ラッセ」で、「ミスター跳人(はねと)コンテスト」

■19日、むつ市大畑漁港魚市場で「大畑海峡サーモン祭り」
■19日、五所川原市金木町の芦野公園で作家太宰治の生誕祭
■19日、大鰐町阿闍羅山の山道や未舗装路などで「大鰐町長杯 青森トレイルランニングin大鰐」
■19日、弘前大学構内の旧制弘前高校外国人教師館で「弘大カフェ」がオープン
■東北町と田子町の選挙管理委員会が18、19歳の新有権者宛てにPRはがきや文書を郵送

■青森市新庁舎、市長再び「立体駐車場」案
■19日、三沢三沢早稲田の小川原湖東岸にある遺跡「野口貝塚」で初の見学会

東奥日報、NHK青森放送局
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

先週一週間の青森での出来事(587)

2016-06-14 | 青森
6月6日~6月12日まで、青森県内の出来事をテキトーにピックアップ

■6日、クルーズ客船「にっぽん丸」が、むつ市の大湊港へ寄港
■五所川原市鎌谷町の「ツルツネ書店」が19日の営業を最後に閉店
■6日、弘前城本丸の石垣大改修に向け、本年度の現地発掘調査に着手
■6日、青森市の野内川にヤマメの稚魚3500匹を放流
■青い森鉄道が5年連続の黒字、初めて黒字額が1千万円を超える

■県内の民間路線バスを維持するため、国、県、市町村が2015年度に投入した補助金は総額5億1193万6千円
■つがる市森田町の第三セクター「つがる地球村」が、市内産米で作った米粉麺「もっちりつるん」販売開始
■7日、中泊町の新・ご当地グルメ「中泊メバルの刺身と煮付け膳(メバル膳)」が、年間目標2万食を、デビューから341日目で達成
■7日、県産業技術センター畜産研究所が、雄の黒毛和牛の一卵性双子を生産する技術をほぼ確立したと発表
■7日、日本各地とロシアを周遊している大型客船「ダイヤモンド・プリンセス」が、青森市の沖館埠頭(ふとう)に接岸

■8日、八戸市で全国の飲食関連業者が独自の商品や最新の情報を紹介する「食の博覧会inはちのへ」
■十和田市上下水道部が、車検切れに気づかず公用車を4回運転
■8日、県教育委員会の「がん教育」が青森市の浪岡高校を皮切りに始まる
■8日、陸上自衛隊第9師団司令部は、第39普通科連隊(弘前市)が5月に射撃訓練で使用した実弾の薬きょう30発分を紛失と発表
■8日、第42回放送文化基金賞テレビドキュメンタリー部門で、青森放送(RAB)制作の「しあわせ食堂 笑顔と孤独と優しさと」が最優秀賞に

しあわせ食堂
クリエーター情報なし
光人社

■8日、八戸市の八戸ポータルミュージアム「はっち」で、第46回八戸小唄流し踊りの打ち合わせ会
■8日、五所川原市で5月29日に行われた「走れメロスマラソン」の男子10キロ40歳代の部について、同マラソン実行委員会が、申込者とは別の人物が走る不正出走があったと発表
■8日、八戸市根岸小学校で、能楽の鑑賞会
■生活困窮者自立支援制度で、本県の窓口に寄せられた相談件数は2015年度、1867件で、人口10万人当たりの月平均では11.4件と全国平均(14.7件)を下回り、東北では最も少い
■8日、県選挙管理委員会は、大学生ら若者でつくる「あおもり投票率向上サポーター」の会議

■8日、昨年、十数年ぶりに盆踊り大会が復活した七戸町の白石分館地区で、今年の大会に向けたお年寄りらの練習会
■9日、中国の孫振勇・駐札幌総領事が、県庁を訪れ三村申吾知事と懇談
■9日、田舎館村名物「田んぼアート」第2会場の道の駅いなかだて敷地内で2015年に始まった「石のアート」の今年の題材が、俳優の故石原裕次郎さん
■9日、現役機長らJALのグループ社員でつくる「JAL自転車クラブ」の12人が本県入り

人生下り坂最高!
クリエーター情報なし
ポプラ社

■県教育委員会は県立高校15校(全日制、定時制)が学校外で政治活動や選挙運動に参加する生徒に対し、事前届け出を求める方針

■弘前市と弘前大学は本年度から、ブータンでリンゴ栽培指導
■米軍が毎年三沢基地に一時展開している無人偵察機「グローバルホーク」について、今年は三沢配備なし
■9日、弘前市文化団体協議会が創立10周年祝賀会
■9日、中三弘前店で、創業120周年祭の特別企画第1弾が始まる
■10日、政府は午前の閣議で、八戸市を中核市に指定し、来年1月1日に移行することを決定

■10日、八戸市の更上閣で「能面展」始まる

能面の世界 (コロナ・ブックス)
クリエーター情報なし
平凡社

■10~12日、青森市民美術展示館で「広島・長崎を語り継ぐ原爆写真展」

広島・長崎―原子爆弾の記録
クリエーター情報なし
平和のアトリエ

■2015年度に県内の消費生活相談窓口に寄せられた特殊詐欺に関する相談が、前年度を140件上回る2032件
■11日、青森市でオストメイトの全国大会が始まる

オストメイトビジネスマン 世界を駆ける~いのちとの引きかえで失ったもの、そして得たもの
クリエーター情報なし
WAVE出版

■11日、五所川原市市浦地区で、五穀豊穣と無病息災を願う伝統行事「相内の虫送り」

■11日、東京都立川市にある同駅構内で、東北新幹線・北海道新幹線をアピールする観光イベント「行くぜ東北! 来いへぇ青森!!」
■本年度の県職員採用試験の申込者が723人となり、5年ぶりに前年(716人)を上回る
■11日、国立病院機構青森病院が、弘前市の市民会館で遺伝性の難病「筋ジストロフィー」への理解を深めてもらう公開講座
■11日、むつ市の徳玄寺で、同市出身の映画監督・川島雄三没後53年の墓前祭

監督川島雄三 松竹時代
クリエーター情報なし
ワイズ出版

■12~12日、青森市の青森産業会館で「青森ドラッグストアショー2016」

■12日、青函トンネル内で午前と午後、北海道新幹線の列車計2本が停止信号を受けて緊急停止
■12日、野辺地町の烏帽子岳で恒例の山開き登山
■12日、八戸市中心街の「八戸屋台村みろく横丁」で、市民ら約200人が長さ約80メートルののり巻き作り
■12日、青森市で県ノルディックウォーキング協会の設立総会
■12日、三沢市のミス・ビードルドームで屋外クラフト展「3丁目のクラフト」

■12日、弘前公園内を駆け抜ける「第4回弘前城リレーマラソン」
■12日、青森市の県労働福祉会館で、「乾癬(かんせん)」患者の会「青森乾癬患者友の会」設立総会と学習懇談会

東奥日報、NHK青森放送局
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

先週一週間の青森での出来事(586)

2016-06-08 | 青森
5月30日~6月5日まで、青森県内の出来事をテキトーにピックアップ

■30日、青森市が青森大学、青森中央学院大学と避難所協定
■八甲田・硫黄岳の「松の雪形」今年も早め
■30日、五所川原市金木町の芦野公園で約30年間飼育され、5月5日朝に死んだ雄ヒグマの墓標が完成
■30日、階上町の県栽培漁業センターで育てたアワビの稚貝を本年度初出荷
■「青森暮らしセンター」(東京・有楽町)利用で26人が移住決定

■長野産の矢尻が三内丸山を越え北海道福島町の館崎遺跡で、縄文前期-中期(5千~4500年前)の地層から出土
■30日、密漁されたアワビ、およそ50万円分を買い取ろうとしたとした、階上町の水産加工会社の社長を逮捕
■30日、火星最接近で弘前市にある天文台で観察会
■30日、五所川原農林高校の生徒たちが育てている「宇宙毛豆(大豆)」の種を使った種まき体験会
■30日、県内の4月の求人倍率1.06倍と過去最高更新

■31日、外ケ浜町三厩梹榔(ひょうろう)地区で大雨による土砂崩れが発生し、民家や空き家計3棟が被害
■31日、東北電力の青森、岩手、秋田の3支店による大規模停電に備えた復旧合同訓練が始まる
■任意団体「県産米需要拡大推進本部」が、ごしょつがる農協(本店五所川原市)を会員から除名
■田子町にソフトバンクの人型ロボット「Pepper(ペッパー)」を教材に使ったロボット教室が開講
■6月1日、青森市三内の県立精神保健福祉センター内に「ひきこもり地域支援センター」を開設

■1日、米軍三沢基地のアメリカンスクールに通う子どもたちが、三沢市公会堂で「ソロバンコンテスト」
■1日、県産業技術センターりんご研究所内の調査園で、リンゴ3品種を対象とする今年最初の果実肥大調査
■1日、青森港に係留している旧青函連絡船「八甲田丸」の汽笛を毎日正午に鳴らす取り組みを開始
■5月の平均気温、県内20カ所で歴代1位を更新
■1日、むつ市が、ふるさと納税でお礼の特典の品目や寄付額のコースを拡充

■1日、八戸市営バスの一部車両で映像広告の放映を開始
■1日午後5時38分、、外ケ浜署は出入国管理および難民認定法違反(不法残留)の疑いで、中国籍で住所不定、無職王フェン茉(ワンフェンロン)容疑者(44)を現行犯逮捕
■1日、昨年本県ロケを行った、台湾の連続テレビドラマの主演女優・陳美鳳さんが、県庁で三村申吾知事と懇談
■1日、弘前大学は、女子学生に対してハラスメント、不適切な言動があったとして、人文社会科学部の50代男性准教授を1日付で、停職6カ月の懲戒処分

それ、パワハラです 何がアウトで、何がセーフか (光文社新書)
クリエーター情報なし
光文社

■弘前市のご当地アイドルグループ「りんご娘」の活動が、高校の英語教材

■2日、弘前市などが楽天に1軍戦開催を正式要請
■2日、七戸町、役場庁舎など駅近くに移転の方針
■2日、八戸市の一家3人がニラと誤りスイセンを調理して食べ、吐き気、嘔吐(おうと)の症状で救急搬送
■2日、青森市浅虫の青い森鉄道「浅虫中学校踏切」に新たに設置された障害物検知装置の使用を開始
■2日、県と県観光連盟が東京都内のホテルで「県・津軽海峡周遊観光セミナー」

■3日、十和田市が、十和田八幡平国立公園十和田八甲田地域指定80周年を記念した市主催行事を発表
■3日、青森市の「ねぶたの家 ワラッセ」で、7日に発売する本県向けビール「一番搾り 青森づくり」の初飲み会
■3~6日、第69回県高校総合体育大会
■十和田市は9月から、子どもの医療費無料化の助成対象を拡大
■昨年12月に佐井村に漂着した木造船から見つかった4人の遺体の遺骨について、北朝鮮が自国民の可能性が高いとして返還要求

■県内でのクマの目撃や食害などの件数が、今年は5月末で71件となり、同月までの累計比では過去10年で最多
■青森市長島にある県庁舎の耐震・長寿命化に向けた改修工事が本格化
■浅虫水族館で14年間にわたり飼育されてきたホシエイ1匹が、古巣の男鹿水族館(秋田県男鹿市)へ
■航空自衛隊三沢基地でF2戦闘機を運用する第3航空団第8飛行隊の築城(ついき)基地(福岡県)への移駐が7月下旬
■4日、シドニー五輪の100メートル背泳ぎで銀メダルに輝いた中村真衣さんが、鶴田町の町B&G海洋センタープールで水泳教室

■4日、県選挙管理委員会は投票率アップのため、若者の視点を取り入れた投票啓発のテレビ・ラジオCMを青森市のエフエム青森で収録
■4日、大間町総合開発センターで、医療、福祉、行政関係者と住民が一緒になって今後の地域医療・福祉のあり方を考える集会「コラボ・ラボ」
■4日、弘前市立博物館の特別企画展「水野美術館コレクション 花鳥風月-近代日本画 美の系譜」が開幕
■4日、弘前市の弘前大学医学部学生支援センターで、医学生を対象に、臨床研修病院の合同説明会
■4日、大鰐町地域交流センター「鰐come」で、恒例の「万国ホラ吹き大会」

なぜ、あなたの話はつまらないのか?
クリエーター情報なし
あさ出版

■4~5日、階上町交流の森広場で「はしかみ臥牛山(がぎゅうざん)まつり」
■5日、新郷村で伝説の「キリスト祭」

イエス・キリストは実在したのか?
クリエーター情報なし
文藝春秋

■5日、三沢市民に米国文化を紹介する国際交流イベント「アメリカンデー」
■5日、八戸市南郷の青葉湖展望交流施設「山の楽校」近くの山林で、地域伝統の焼き畑農法復活に取り組む住民らが火入れ
■5日、黒石市北部の六郷、上十川両地区と六郷中学校の最後の合同運動会

■5日、むつ市大畑町沖の海上に船が転覆した状態で漂流
■5日、NHK青森放送局が制作する青森発地域ドラマ、「進め!青函連絡船」の撮影が終了(9月21日水曜日の午後10時から、BSプレミアムで放送予定)

青函連絡船の記録 (ARCHIVE SERIES)
クリエーター情報なし
生活情報センター

■5日、青森市内のホテルで、茶道の江戸千家不白(ふはく)会青森支部創立50周年記念茶会
■5日、八戸市南郷の島守地区にあり、鎌倉時代後期から約700年にわたり続くとされている水田で田植えまつり

東奥日報、NHK青森放送局
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

先週一週間の青森での出来事(585)

2016-05-31 | 青森
5月23日~5月29日まで、青森県内の出来事をテキトーにピックアップ

■23日、青森駅ビル「ラビナ」が開業から30周年
■23日、2018年で創建300年を迎える弘前市西茂森の曹洞宗観音山普門院で、弘前市内のトップを切って宵宮
■県内でマイナンバー番号カード申請7.8%
■23日、田子町の新・ご当地グルメ「田子ガーリックステーキごはん(ガリステごはん)」が累計5千食を突破
■23日、県産リンゴジュースなど1万5千本をフィリピンに初出荷

■本県の糖尿病死亡率(人口10万人当たり)は18.2で、2年連続で全国最悪

関西電力病院のおいしい糖尿病レシピ (主婦の友実用№1シリーズ)
クリエーター情報なし
主婦の友社

■本県の2015年の出生数は8621人と、統計がある1950年以降、過去最少を更新
■防衛省が11月から陸上自衛隊第5普通科連隊(青森市)を中心とする部隊を11次隊として派遣する方向

自衛隊の国際貢献は憲法九条で―国連平和維持軍を統括した男の結論
クリエーター情報なし
かもがわ出版

■23日、東京で作家・津島佑子(本名・里子)さんの「お別れの会」
■23日、県産業技術センターりんご研究所県南果樹部が育成したサクランボの新品種「ジュノハート」の生産技術研修会

■弘前ねぷた参加団体協議会は、組ねぷた(人形ねぷた)の歴史や制作技法などをまとめた冊子「組ねぷたを見直そう」を製作
■24日、鯵ケ沢町で今季のアユ稚魚の出荷開始
■24日、世界的なジャズトランペッターの日野皓正さんが、八戸市の八戸ポータルミュージアムはっちで公開リハーサルを行い、八戸北高の吹奏楽部の生徒60人と共演
■24日、フランス船籍のクルーズ客船「ル・ソレアル」(総トン数1万700トン、全長142.1メートル)が青森港に初寄港
■24日、黒石市の民家近くで子グマ1頭駆除

■24日、十和田市の三本木農業高校で全校田植え
■弘前市の長谷川達温(たつおん)さん(1921~89年)の画法技術を後世に伝えようと、達温さんの弟子らが6月上旬、同市で「長谷川流ねぷた塾 玄龍庵」を開講
■25日、青森市の青森商業高校で、楽天株式会社による電子商取引授業「楽天IT学校」始まる
■七十七銀行(本店・仙台市)が今秋、八戸市に拠点を開設
■25日、青森市内の小学校で、視覚障害者や盲導犬について理解を深めてもらう出前授業「盲導犬学校キャラバン」

ハーネスをはずして 北海道盲導犬協会の老犬ホームのこと
クリエーター情報なし
あすなろ書房

■むつ市が塩分やカロリーを抑えた「ヘルシー弁当」の提案

組み合わせ自由自在!基本のお弁当: 幼稚園児から中高生・大人まで、対象に合わせてセレクトできるラクうまヘルシーレシピ
クリエーター情報なし
学研パブリッシング

■25日、平川市の猿賀神社で、伝統行事「御田植祭」
■三沢市の建設関連会社「大久」が、入札参加資格の審査で虚偽の申請
■県管理の国道や県道に設置されたほかの気象表示板装置177基のうち、風速計システム14基を含む24基が故障
■三沢市立三沢病院が、昨年3月下旬に県南・下北地方で初めて導入した最先端のがん診断機器「PET-CT(陽電子放射コンピューター断層撮影)」の2015年度利用者は1201人

■25日、タケノコ採りシーズン本番を迎え黒石署が、この時期入山者が増える平川市葛川地区に今年も県内唯一の臨時交番を開設
■25日午後10時55分ごろ、八戸市糠塚狐森の山林から出火、不審火の可能性
■26日、県高校総合体育大会の陸上競技が開幕
■青森港に係留している旧青函連絡船「八甲田丸」(同市所有)の汽笛を、5年ぶりに毎日1回正午に鳴らす
■26日、深浦町で、1983(昭和58)年の日本海中部地震から33年となるこの日、大規模地震を想定した防災訓練

■26日、本年度の「ミスおしまこ」3人を発表
■26日、下北圏域にあるすべての地域包括支援センターが一堂に会した情報交換会
■東通村尻屋崎の県天然記念物・寒立馬(かんだちめ)が出産シーズン
■作家太宰治が明治高等小学校(旧金木村、現五所川原市)在学中、旧制青森中学校を受験した日の様子などを記した恩師の日記が、本県の文学愛好者でつくる「文学で青森を応援する会」の調査で見つかる
■26日午後2時ごろ、階上町金山沢鎌津倉の林野から出火

■27日、弘前中央青果で行われたハウス栽培メロン「アムさんメロン」の初競りで、大きいサイズの5玉入り8キロ箱に過去最高値となる25万円
■27日、八戸市庁前の市民広場で、三八地区の高校の応援団による恒例のエール交換会
■27日、六ケ所村で行方不明になっていた土佐犬が、おいらせ町の草むらで死んでいるのを発見
■27日、青森市で「青函地域経済活性化フォーラム」
■27~28日、八戸市公会堂文化ホールで、八戸市出身の詩人・村次郎の生誕100年イベント

■27~30日、「八戸南部氏庭園」(八戸市売市4丁目)で春の一般公開
■柏木農業高校と黒石商業高校の生徒が共同開発した新商品「すっぽんパイ」が完成
■28日、東京都港区の六本木ヒルズにある地上約45メートルの屋上庭園で、近隣住民らによる県産米「青天の霹靂(へきれき)」の田植え
■28日、東京・両国国技館で、昨年9月に引退した、大相撲元関脇若の里関(弘前市青女子出身)の引退、年寄「西岩」襲名披露大相撲
■28日、五所川原市のつがる克雪ドームで、元プロ野球選手を招いた少年野球教室

■28日、黒石市三島の水田で幻の銘柄米といわれるムツニシキの田植え
■28日、むつ市の釜臥山展望台が、冬期間の休館を終えて約半年ぶりに開館
■28~29日、弘前市百沢の岩木山桜林公園で、陶磁器やガラス、木工、染織など全国各地のクラフトが集う野外フェア「津軽森・つがるもり2016」
■28~29日、田舎館村の道の駅「いなかだて」で「錦鯉(にしきごい)品評会」

泳ぐ宝石 錦鯉
クリエーター情報なし
新日本教育図書

■29日、はちのへホコテン実行委員会側に、「爆発物仕掛けた」FAXが送られホコテンを中止

■29日、六戸町の「七百鉄道記念館」が一般公開
■29日、五所川原市内で作家太宰治の故郷を走る「走れメロスマラソン」
■29日、八戸市長苗代の馬淵川左岸河川敷で「馬淵川・高瀬川総合水防演習」
■29日、県立美術館で「棟方志功サミットin青森」
■29日、設立50周年を迎えた表千家同門会東北6県の支部が、弘前市で献茶式

表千家 (新独習シリーズ)
クリエーター情報なし
角川(主婦の友)

■29日、弘前市の弘前文化センターで、たばこの健康被害防止を啓発する記念フォーラム

東奥日報、NHK青森放送局
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

先週一週間の青森での出来事(584)

2016-05-24 | 青森
5月16日~5月22日まで、青森県内の出来事をテキトーにピックアップ

■16日、県警はJR新青森駅で不審物の対処訓練
■16日、新郷村ふるさと活性化公社は、同公社の人気商品「飲むヨーグルト ザ・プレミアム」を米国・ニューヨークの日系スーパーチェーン向けに輸出
■16日、県、市町村などによる本年度の春季養殖ホタテガイ実態調査が始まる
■2014年8月に閉館した、青森駅前にある旧青森グランドホテルの解体作業が本格化
■県弁護士会に登録する弁護士が2004年度末から約3倍に増え、2015年度末で118人に

ベテラン弁護士の「争わない生き方」が道を拓く
クリエーター情報なし
ぱる出版

■16日午後9時8分、八戸市のJR八戸駅で、東北新幹線下り「はやぶさ31号」が運転士のミスで停車位置から約24メートル手前で止まり、最後方のドアがホームから約3メートル手前で開くトラブル
■16日、むつ市大畑町の旧田名部高校大畑校舎で、巡回中の警備員が野球場にある防球ネット1束と近くの木製ベンチ6基が焼けていたのを発見
■17日、6月25、26日に青森市で行われる「東北六魂祭 2016 青森」について、同祭実行委員会が開催概要を発表
■17日、東北電力が西目屋村に建設した津軽発電所の営業運転を開始したと発表
■17日、ニホンジカを監視するため、東北森林管理局が、鯵ケ沢町内の国有林に自動撮影装置(センサーカメラ)を設置

■キ100形のラッセル車「キ104」をモチーフにした、弘南鉄道萌えキャラ「白雪つばさ」デビュー
■宝塚歌劇団の星組トップスター北翔海莉(ほくしょうかいり)さんが、「八戸特派大使」
■18日、南部町の長谷ぼたん園で、今シーズンの開園と「ぼたんまつり」開幕を祝うセレモニー
■18日、青森市で高レベル放射性廃棄物の最終処分地選定に関する自治体向け説明会
■18日、八戸市でビアガーデン始まる平川市が幹部職員にタブレット端末配備

■平川市が幹部職員にタブレット端末を配備
■18日、青森市役所前で特殊詐欺被害防止へ注意呼び掛け
■18日、宇宙航空研究開発機構の川口淳一郎教授が、十和田市の三本木高校・付属中学校で講演

はやぶさ、そうまでして君は~生みの親がはじめて明かすプロジェクト秘話
クリエーター情報なし
宝島社

■青森市の浅虫水族館でペンギンの赤ちゃん誕生
■八戸市鮫地区でウニ漁

■19日、台湾から青森空港へのチャーター便運航を働き掛ける県などのミッション団が青森空港を出発
■鯵ケ沢町と東洋大学は、域学連携の一環で鰺ヶ沢町にある国史跡・種里城跡の新たな復元模型を制作
■19日、三沢高校で英語科の1年生を対象に、英語漬けの一日を過ごす「イングリッシュ・デー」
■風間浦村「活ウニの販売会」始まる
■19日、青森市で参議院選挙に向け、選挙事務に携わる市町村の担当者を集めた説明会

「安倍一強」の謎 (朝日新書)
クリエーター情報なし
朝日新聞出版

■19日、青森市の市立南中学校で自転車安全講習会
■20日、県立中央病院は県議会常任委員会で、「PET-CT(陽電子放射コンピューター断層撮影)」を25日から運用すると報告

悪性腫瘍診断のためのPET/CTパーフェクトガイド
クリエーター情報なし
中山書店

■20日、東京都のJR上野駅で、本県や道南地域の物産を販売する「あおもり産直市」始まる
■20日、平川市の柏木農業高校で、恒例の全校田植え大会
■20日、深浦町は、弘前大学と「弘前大学深浦エコサテライトキャンパス」開設の覚書を交わす

■20~21日、弘前市の弘前商工会議所会館で、「第16回全国高校ファッションデザイン選手権大会」1次審査
■20~22日、青森市で日本車椅子カーリング選手権大会
■21日、大鰐町の茶臼山公園で「大鰐温泉つつじまつり」が開幕
■21日、弘前市民会館で第24回全日本リンゴ追分コンクール

リンゴ追分・これくしょん
クリエーター情報なし
日本コロムビア

■2015年度の本県のドクターヘリ出動件数は828件と、2009年3月の運航開始以来、過去最多

■21日、青森駅ビル・ラビナの「もくもく 木育広場」の来場者が5万人を達成
■風間浦村の桑畑地区の海岸で、数字やハングルのような表記がある漂着船1隻が漂着
■21日、下北ジオパーク構想推進協議会が、千葉市の幕張メッセで日本ジオパーク認定の第一関門でプレゼンテーション
■十和田市の大深内中学校、洞内小学校、松陽小学校の3校が本年度から、「コミュニティ・スクール」
■21~22日、青森市でチェーンソーの技術を競い合う「日本伐木チャンピオンシップ」

■21~22日、八戸市福祉公民館で第18回県高校かるた選手権大会
■22日、青森工業高校同窓会が、5年前まで校舎があった青森市篠田地区の跡地で旧校舎記念碑の除幕式
■22日、青森市浪岡本郷の本郷小学校の運動会で、地域の老人クラブ会員約20人が仮装行列
■22日午後4時半ごろ、六ケ所村尾駮野附の男性(72)方の犬小屋から土佐犬が行方不明

東奥日報、NHK青森放送局
コメント
この記事をはてなブックマークに追加