簡単に読めるインスタントブログ

ガチな内容やプチなネタまで幅広く載せるよ。HP開設前の準備的なブログだと思うよ。

ネットのカタルシス

2016-10-17 23:08:32 | 社会
ゲス不倫の川谷とベッキーにせよ、人工透析は自己責任の長谷川豊にせよ、

知名度のある人物はいつの間にか無責任な意志媒体のネット民の興味を刺激する

日配のような題材になってしまったようだ。

ネットに晒されて炎上と言う名の祭りにされて、更には社会的立場を喪失して

仕事さえも失う結末になってしまった。


果たしてこれは一般市民の正義感からだろうか、いや違う一種の集団ヒステリーの

ような向う見ずで冷静な判断を欠いた行為であり、無為無形な優越感に浸り楽しむ

ための娯楽でしかない。


ネット民が枯渇している社会性を手に入れて清涼感と自己満足に陶酔してしまうのだろう。

本来の社会性はこうした魔女狩りやリンチのようなものでは無いはずだ。しかし

今のネット社会の意識は何を勘違いしているのか、こうした他人の悪行を大勢で貪る為に

構築されていて、今や当然の事となり卓上に乗った有名人を標的として、日頃のうっぷんを

晴らす為のカタルシスを求めている。


誰にでも容赦無く牙を剥くところは、ISのクソコラグランプリのアノニマスに性質を

同じにする。もしかするとこうした働きかけがスムーズに発生し、尚且つ拡がりを持つ

ように、扇動役としてプラグに火花を散らすまでは用意周到に準備されいるかもしれない。

その後、煽りに誘発された一般のネット民を飲み込んで大きな波となる。


逆に「PPAP」のピコ太郎の動画は、ネット媒体にヒットして再生回数を伸ばした

良い例のひとつ、一過性でしか無かったものの、世界中からの注目が彼に集中した。

何がきっかけになるか解らないまでも、どこかに多くの人の感性を刺激するものがあれば、

ピコ太郎のように奇跡的な成功を見せる場合もある。その一つの条件が世界中の人に理解

される事である。どこにでもあるフルーツとボールペンを利用して、誰にでも理解できる

単純な理論に奇抜なファッションが、ピコ太郎が成功した理由だと思う。


ゲス不倫の川谷や長谷川豊がカタルシスに潰されたとすると、ピコ太郎は単純さ故に

覚えやすさと感染力が強かった。


ジャンル:
ネット
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 8年越しのタックスヘブンと... | トップ | 工作員媒体が潰れていく »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。