簡単に読めるインスタントブログ

ガチな内容やプチなネタまで幅広く載せるよ。HP開設前の準備的なブログだと思うよ。

茨城県で予兆が多いし地震も多い。

2017-08-02 23:18:03 | 地震の予兆は当たらない
2017年7月19日茨城県久慈浜海水浴場で「ドチザメ」30匹が泳ぐ姿が目撃された。

今年の7月の茨城県のサメの出現はその翌日に福島沖での震度4の地震で直ぐに予兆と結果が整った地震の予兆だと思われた。

だがしかし早合点せずに2年前の2015年8月に茨城県でサメが出没した時と同様に1か月は様子を見る必要がある。

・8月2日2時2分 茨城県北部 震度4 深さ約10km M5.5

・8月2日7時20分 茨城県南部 震度4 深さ約50㎞ M4.6


サメの目撃から約2週間後に茨城県で震度4の地震を2度観測している。どちらも内陸部に震源を置く地震です。

海洋性動物の異常行動がみられる地震の予兆例として海に震源地を置く海溝地震でないと辻褄が合わないような気がして

屁理屈のこじ付けのように感じてしまう。別に決まりは無いのだがやはり海洋性動物の異常行動は海に要因を持つべきだと思う。

サメの目撃からまだ2週間だ。後2週間待っても茨城周辺で大きな印象的な地震がなければ、態々2年前のサメの目撃例まで遡って

「地震の予兆としてサメが露わる」を否定しようと思う。 サメの目撃を予兆として捉えると例が多すぎて取扱いが面倒なので

出来れば、サメは地震の予兆と関係が無いように願いたい。 深海魚位に珍しい出現率ならば少しは予兆として考える。



さて少し角度を変えて今回の茨城県北部での地震を考えると、去年の暮れ

・2016年12月28日 茨城県北部 震度6弱 深さ10km M6.3があります。

この時の地震にフィリピンで季節外れの台風が発生していました。 そうです。茨城県の地震はサメの目撃の予兆にも関わりがありますが

台風の多発性にも関連がある状況です。なぜか茨城県での地震は多くの予兆関連と絡む可能性が高く、最近の地震雲の目撃例の多さも

また茨城県地震らしさだと思います。このような予兆と結果の結びつきが強い茨城県の地震はきっと住民からの関心が強いからだと思う。

楽観的にそう考えたい。強い地震の前触れや予兆だとは考えたく無い。あくまでも楽にです。










ジャンル:
超常現象
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北朝鮮ミサイルと稲田朋美ほ... | トップ | 清宮選手の柔軟性について考... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。