簡単に読めるインスタントブログ

ガチな内容やプチなネタまで幅広く載せるよ。HP開設前の準備的なブログだと思うよ。

清宮選手の柔軟性について考える。

2017-08-02 23:32:18 | スポーツ
2017年夏の甲子園西東京大会決勝で早稲田実業が東海大菅生に2-6で敗れ清宮幸太郎の高校生最後の夏が終わった。

多くの高校野球ファンが期待した3年最後の年に甲子園での活躍には惜しくも届かなかった。180㎝を超える大きな体に加え

柔軟性も兼ね備えた逸材だと評価されている。 日本を代表する野球選手で今も尚メジャーで活躍するイチロー選手は世界的に

見てもスイングが柔らかくボールに対応する能力が高いとされている。 専門家の言う清宮選手の場合の柔軟性が体の関節の

柔らかいストレッチ性を示しているのか打撃プレーの柔軟性なのかは正直には解らないです。



彼の今後の進路については多分プロ野球へ進むのが一番ベストだと思います。

これまでの超高校級スラッガーと称され、怪物と恐れられ甲子園を沸かせた選手の多くは投手でも打者でも高校卒業後にプロへの

進路を表明し成功してきた。そして何よりも野球が大好きな時に希望するプロ入りするのが望ましいと推薦します。

そして必然的に興味の先は高校生時代は大活躍をした清宮選手が、果たしてプロ野球でその類まれな才能を開花させることが

出来るかに注目が集まります。

それで今後もプロ野球で活躍できるかどうかを考えた時の判断基準として清宮選手の野球選手として柔軟性とは何ぞや? 

という最初の疑問に再びぶち当たる。ヨガのような関節の柔らかさのことかプレーの順応性のことか未だに良く解らない。

最初の課題から一歩も前に進まない。実は只の印象で柔軟性との言葉を使っているだけで意味を理解している人は少ないように思う。


清宮選手は甲子園出場にはなりませんでしたが、今後もミスター柔軟性と言われるようにプロへ進み活躍して長く野球を続けて

欲しいです。そして彼が10年以上後に引退する時に、昔のような柔軟性が無くなったのが引退の原因でしょうねと多くの専門家に

評価されて欲しいです。 柔軟性の意味は要らないのかもしれない。












ジャンル:
スポーツ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 茨城県で予兆が多いし地震も... | トップ | 第3次安倍第3次改造内閣 8... »

コメントを投稿