簡単に読めるインスタントブログ

ガチな内容やプチなネタまで幅広く載せるよ。HP開設前の準備的なブログだと思うよ。

イーストウッドのトランプ支持?

2017-01-30 23:17:37 | 国内国際情勢
かつて映画『マディソン郡の橋』で中年の不倫を好演した主役の二人、メリル・ストリープと

クリント・イーストウッドが2016年の大統領選挙戦で両極端なコメントを出した。

クリント・イーストウッドが「私の生きた時代ならばトランプのような発言は差別に当たらなかった。」

と言えば、メリルの方はトランプ氏の選挙中の差別的なパフォーマンスを批判した。

映画を見たことのある人からはあの二人の不仲が妙に印象的に映ってしまう。

それは映画の影響で先入観でしかないのだが、そうと解っていてもそれでも白黒つけたくなるのが

野次馬根性で人の心情だ。

どうしてもメリルのトランプ批判はヒラリーが選挙で落選した負け惜しみにしか聴こえないばかりか、

果たして選挙の終わった後にトランプの言動をイチイチ掻い摘んで批判していたらどのような印象を

持たれるかは定かでは無いばかりか、返って煩いおばさんと呼ばれてしまうだろう。

かつてOJシンプソン裁判で、被告人の残酷性ばかりを訴えていた原告側が批判されたように、決して

快い印象を受けるだけではない。


イーストウッドがトランプの行動が差別と見なされなかった彼が生きた数十年前の時代と比べて

今が良くなっているかは解らないにしろ、どちらの意見も尊重はされるべきだ。

そしてどちらもトランプ氏を主語とする内容の話なので、改めて大統領選挙戦はトランプ氏が中心で

あったなと感じさせる。

ヒラリー支持者がトランプを批判して反作用的にヒラリーを支持する形ばかりが主体となり、何故

ヒラリーが大統領に相応しいかを議論し評価を得る場面が少なかった。本質的にはメールアカウント問題

など、政治家としての資質に関する話題が乏しかったので、このスタイルを選択するほか無かったのだろう。




『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 石原慎太郎の都議会へ参考人... | トップ | アベノミクス後の外資と軍事。 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。