簡単に読めるインスタントブログ

ガチな内容やプチなネタまで幅広く載せるよ。HP開設前の準備的なブログだと思うよ。

ヒラリーのあの写真が信用出来ない。

2017-04-19 23:17:49 | 国内国際情勢
往生際の悪いヒラリー・クリントン

2016年の次期大統領選ではトランプ候補に対して終始リードを保ちながら勝利は目前に思われたヒラリー候補ですが、

最終的にはベンガジ大使館襲撃事件の私的Eメールアカウント使用疑惑の再発が響いて、劇的な逆転負けを期した。

その衝撃も冷めやらない米国大統領選挙の数か月後、ヒラリーが飛行機内で新聞を読む姿が映された写真がツィッターで

拡散された。 問題となったのは、偶然にもこの写真がペンス副大統領が州知事時代に私的メールアカウントを

公務で使用した事実を認める内容が書かれた記事をヒラリーが見つけた劇的な瞬間だったからだ。


この写真を鵜呑みにするとヒラリーを選挙で敗北に追い込んだ理由がペンス副大統領となるとFBIの捜査はおろか、

平然と罷り通ることに思わず不公平と憤りを感じてしまうだろう。そういうのに予定通りのカモって言うんだな。

ツィッターで拡散されたこの写真は恐らく自作自演だろうな。普通なら有り得ない構図でもある。



日付は2017年3月4日午前6:19

ヒラリーが膝の上に新聞を置きその上に本を置き、手にはスマフォを持ち、更には座席横のテーブルには新聞が2紙、

加えてその隣の席に座る人物と仕事の打ち合わせでもしている最中だ。時間は早朝6時だ。

新聞3紙、文庫1冊、スマフォを両手で操作しながら隣の人と打ち合わせ。 数多くの情報媒体に囲まれながら選挙後も

終わる事の無い多忙な朝を演出しているようだ。ワザとらしくて在り得なさ過ぎてまるでコントだ。

幾ら待っていても35億が近くに寄って来ない キャリア・ウーマン。

ここまで説明しておきながら画像は載せない。めんどくさい。見たい人はネットで適当に探して来い。



ヒラリーは工作の為に他人のアカウントまで利用するようになったのか。この人も工作活動としてツイッターを

使わせてほしいと頼まれたら断れよ。この写真ネタのカラクリを知っても今後ヒラリーを支持するとは思えない。




往生際が悪いというか、一言物申したいのだろうな。「私は罠(疑惑)に嵌められた被害者」みたいな所だろうなー。

しかし実際にヒラリーが異議申し立てをして土俵に上ると、相手も構えて対抗するだけの意見を出して来ると思うから、

何処と無く誰と無く何となく相手とガッツリ組まない様に牽制するだけの捨て台詞ならぬ写真でのアピールだ。

ペンス副大統領とトランプ大統領は無視をして大人な対応を心掛けた。既に相手にする価値の無い政治家だ

噛んでも味の無くなったガムみたいだ。



しかし大人気の無い私はイチイチ彼女の牽制に意識を巡らせる。 

私的なEメールアカウントの使用だけでは無く、その送り先とメールの内容を示すべき。特にベンガジ大使館の

襲撃事件の起こった日にヒラリーは何処に私的なメールを送り何が書かれていたのか内容が問題なのだ。

それが「ベンガジ大使館襲撃事件に関する疑惑」であって、「私的メールアカウントの使用」だけでは済まないのだ。

言葉に騙されてはいけない、不誠実なまでに広義過ぎる疑惑テーマの捉え方が、言葉を誤らせ、本来問われるべき具体的な

疑惑そのものを歪曲してしまっている。


もしも疑惑が私的メールアカウントの使用だけならば、ベンガジ大使館で死亡した職員の家族が訴えるはずは無い。

ペンス副大統領の州知事時代の私的メールアカウント使用とヒラリーの疑惑はタイトルが同じでもスケールが全く違うものである。




『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三菱地所390mの超高層ビル建... | トップ | 自民の一強では無く、国会で... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。