ふたりdeぶろぐ
多種多様な趣味を持つふたりのブログ~絵本、プロレス、切手、音楽など~
 





7月4日、三沢さんのお別れ会に行ってきた。
決して東京までは近いわけではないが、お別れ会に出向いて、直接お礼を
言わないと、自分の中で納得できなかったからだ。

有明の、とある花屋さんでは献花のためのお花を買う客で行列・・・。
店先にはいつもより多いと思われるお花の数・・・。
おそらくいつもより仕入れを多くしているに違いない・・・。
自分たちはあらかじめ電話で予約していたので、すぐ買えた。
お花の包装は、三沢さんのカラーの緑にしてもらった・・・。

その有明のお店は、ゆりかもめ「国際展示場正門」という駅。
そこからディファ有明まで歩いていった。
手にお花を持っているファンが多くいた。
同じ人の流れに沿って、ディファに向かう。

ディファに着いたのは13時すぎ。しかしディファの駐車場は
すでにファンで埋まっていた。列の最後尾に向かうが、ディファの
角を曲がって、ゆりかもめに沿って長い列ができていた。
一般の献花は14時からだったが、やはりみんな早いなと思った。
どんどん歩いて行くと、「有明テニスの森」の駅を超え、
橋があったが、その橋の途中まで歩いた。13時すぎの時点で、
ここまで並んでいた。

13時すぎの時点では、関係者の献花式が行われていたので、一般
ファンはまだ入れなかった。なので列はほとんど動かなかったのだが、
列に続こうと、どんどん一般ファンが列に追加していった。
ヘリコプターが頭上を飛んでいる。おそらくこの献花式に並ぶ列を撮る
ためではないだろうか。

関係者の献花が終わった14時30分くらいから、少しずつ動くよう
になっていったが、いかんせん列が長いので、自分の献花の順番は
まだまだかかりそうだと予想した。
結果的に、ディファの建物の中に入れたのは16時過ぎだった。

ディファに入ると、右の壁には三沢さんの雄姿のパネルが、左には
献花者リストが。献花者リストには天龍や若林アナなど、、、。
献花式会場に入ると、スパルタンXが流れ、祭壇となっているリング
の上に、三沢さんがGHCベルトを巻いた雄姿が。
涙が出た。嫁も泣いていた。

ぜひ正面から献花したいと思い、お花を置こうとするが、すでに正面は
お花の山になっていて、リングの中にお花を置くためには、投げるしか
なかった。
とにかく、これまで素晴らしいプロレスをありがとうという感謝の気持ちと、
ゆっくり休んでください、ということ、あと、これからもノアを見続けます、
というようなことを、手を合わせて祈った。
でも三沢さんの雄姿を見ると、やっぱりまだ信じられない気持ちだった。
献花場を退場する際、ノアの選手が返礼していたが、彼らの顔をじっと見るのが
つらかった。



会場を出て、ディファの敷地を出る際、ポストカードとTシャツをいただいた。
ポストカードは、三沢さんの著書「理想主義者」の表紙写真。
添えられた言葉は、
「時間は取り戻せない。私は後悔したくない。 from理想主義者」。
7月4日という日付も。
Tシャツは、書道家の田中太山氏による「三沢光晴」という文字と
メッセージがプリントされたものだった。

最終的には献花に訪れたファンは2万5千人に上るとのことだった。
一時期2つ先の「新豊洲」まで列をなしたらしい。
梅雨の季節だったが、結局雨は降らなかった。
神様もちょっと我慢してくれたのだろうか。
三沢さんはこんなに多くの人たちに夢と感動を与えてきたという証拠。
偉大なレスラーにふさわしい旅立ちになったことが、ファンとしては
悲しいけど、うれしかった。

この日の模様は、当日12:45~15:00までG+で生中継していて、
録画した映像を後で見たが、徳光さんの弔辞と、北斗のコメントは
泣けた。

ノアはこのお別れ会以降、献花台は設置しないということだった。
この日がひとつの区切りとなって、新しいノアとして前に進んでいく。
役員人事も一新され、田上社長・小橋副社長・丸藤副社長などの新体制が
発表された。
われわれファンも、前に進んでいく必要がある。
個人的にはお別れ会に参列してよかったと思っている。
三沢さんの旅立ち、ノアの新しい旅立ち、ファンの旅立ち。
それらを直接感じることができ、悲しい出来事だったけど、現実として受け止め、
踏ん切りをつけられたような気がする。

三沢さん、本当に、おつかれさまでした。
我々ファンは、三沢さんの作ったノアを、ずっと見守ります。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )



« マイケル・ジ... レンタルコミ... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
NOHA新体制を発表!しかし百田は退団! (スポーツコラム出たとこ勝負!)
三沢光晴さんの試合中の死去により社長不在のままシリーズを戦っていたが、このほど新生NOHAの新体制が発表された。以下がNOHAの新体制です。 代表取締役社長: 田上明 取締役副社長: 小橋健太 取締役副社...