土木の工程と人材成長

土木建設の工程管理や組織運営、そして人材成長の話題や雑学を紹介します

お得意様の多い飲食店の特徴と高工事成績獲得の共通項

2016-10-15 23:00:45 | 建設経営

 トルストイの『アンナ・カレーニナ』冒頭に「幸福な家庭はすべてよく似たものであるが、不幸な家庭は皆それぞれに不幸である」と、書かれている。トルストイは、核心を突いていると、いつもそう思う。

 さて、ネットサーフィンしていて、「お得意様の多い飲食店の特徴」というのを見つけた。http://qualia-partners.com/solution/schoolcont/

 そこで、そのまま拝借し、高工事成績を獲得するポイントをとしてアレンジしてみた。
  ・高品質で見栄えがいい
  ・監督官の価値観に合っている
  ・コミュニケーションの感じがいい
  ・現場が整理・整頓されている
  ・コミュニケーションの内容が監督官の価値観に合っており話題が豊富
  ・監督官の自尊心を満足させている(立場を尊重している)
  ・ネットワークで繋がっている(人脈のつながりがある)
  ・いくら高品質で仕上げていても、コミュニケーションが悪いと台無し
  ・感情に訴えている(感動させている)、なれなれしくしてはダメ
  ・価値観を整合させずにコミュニケーションしても逆効果
 となった。

 原典の「お得意様の多い飲食店の特徴」と見比べてみて欲しい。トルストイの言ってることが、いかに正鵠を得ているかがお分かりいただけるはずである。
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 相手の立場に立つとは、相手... | トップ | 監督職員の考え方主任技術者... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。