町並み情景工房

時の流れから、一歩ひいてみたら、”ほっ”がありました。
廃材にこだわった仕草彫りです。

奈良高取土佐街道「町屋の人形展」

2017-01-23 16:48:49 | ジオラマ作家

「日本一」との評価が多い「町屋の雛めぐり」の準備・・進んでいるようです。

そして私は、雛めぐり後、5月1日から31日までの、
「木彫り人形ジオラマ展」に向け、見やすいステージ作りに精を出しています。
正月から始めた、旧街道の地道です、灯台のある港には、海砂(岡山沙美海岸)を、街道は川砂を使い、水性ボンドで固め、透明ニスで補強しました。

芝桜の道

作品は「貸本屋」「将棋駒販売」

「昼下がりの占い師」
石畳の道、地道、舗装路も・・・約15mが完成しました。

奥の作品は「町屋の文化館」現在の展示物は「国宝 応挙図屏風」

・次の作業は、町並みの配置です、「この隣りに、これ?ウーンおかしいか”?」・・・楽しみながら、自問自答してます。
・このところ堺の朝は氷点下続きで、ライブは諦めて、こんな毎日です。
・直近の予定は、地元の節分祭に華表神社で「忍者シリーズ」の写真撮影・・・?(希望)

・3月「道明寺合戦ジオラマ」撮影に現地天満宮でライブ(希望)

・新作は、駅前公園3作で、登場人形20体と「羊毛フェルトのウサギさん7匹(手作り)
が特別出演。


田舎ジオラマでは、広々とした所で遊びます。

















































































ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 間壁正人情景ジオラマ展 | トップ | 堺の神社でジオラマ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ジオラマ作家」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。