今村雅弘活動日記

衆議院議員今村雅弘のブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

国政の最大課題として

2013年03月20日 | Weblog
予算委はTPPに関する集中審議を行いました。公約違反ではないかとか、影響に関する試算について等が質問の中心でしたが、民主党は与党として推進してきたせいか追求に迫力が欠け何を言ってるのかよく判らない質問でした。訪米した際の総理の国を守る使命感と覚悟により聖域無き関税撤廃の大原則に風穴を開けることが出来たこと、自動車関税などにおいて米国も交渉で弱味を有することが明らかになったこと、医療関係は議論に上がってないこと等により、交渉に参加しない論拠が薄れ苦渋の選択なれども決断に至ったものと思います。激動する世界情勢の中、TTPの隠れた意義である安全保障の課題もあります。いずれにしろ現下のところは交渉の門前に立っただけであり、問題点や課題も多く、正にこれからが本当の闘いになり交渉力が問われることとなります。大きな影響を受ける農業分野を絶対に守り抜く、ことを必須条件として、折り合いがつかねば脱退や国会で批准しないのは当然のことです。東南アジアの参加国と連携し米豪の圧力に対抗する途もあります。い
ずれにしろ私自身今後の国政の最大の課題として全力をあげて取り組んで参ります。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 党大会を終えて | トップ | 選挙制度は難しい課題 »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。