青い空へようこそ!!

福島・二本松の青い空の活動を紹介しています。

不登校・引きこもりの家族が越える5つの関門⑤

2016-11-03 | 日記
第5関門 「子どもの人生は子どものもの」と腹をくくる

精神保健福祉士・社会福祉士の野村俊幸さんの講演や著作を引用させていただき、5回にわたって特集しました「不登校・引きこもりの家族が越える5つの関門」。今回が最終回です。

第5の関門は「子どもの人生は子どものものと腹をくくれるか」です。
本来、だれでも問題解決する力を持っています。そしてパワーが落ちているときは、本来持っているはずのパワーを発揮できるように支援する必要があります。例えば、親がいくら「高校くらい出なければダメだ」と説教しても無理で、本人が自分で見て、考えて、判断して、納得しなければやり遂げることはできません。

つまり、相談されたら一緒に考え、必要な情報は提供するけれど、最終的な決定を本人に任せるということが大切なのです。親御さんは、子どもは自己決定なんてとてもできないと考え、自分が何とかしなければと思ってしまうことが多いです。しかし、何らかの「自己決定」というプロセスを経ない選択や行動は長続きしないし、リバウンドも大きいのです。
自己決定の結果、失敗した場合は、また相談にのり、支援していけばよいのです。「失敗すること」をちゃんと保障し、その後をきちんとフォローして、失敗から学ぶことを手助けしていただきたいのです。

親は子どもの人生を歩むことはできません。「子どもの人生は子どものもの」と腹をくくり、子どもの自己決定を最大限に尊重するという関わりこそ、親が越えるべき最後の関門だと考えています。

(おわり)

青い空では、無料教育相談や体験入所、不登校・引きこもりの保護者の交流会を毎月実施しています。
ぜひ、お気軽にご参加ください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不登校・引きこもりの家族が... | トップ | 11月の森のようちえんは森の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。