“The humanities”

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

〈第6号〉ラベンダーティー

2017-07-15 21:11:40 | 日記
最近、様々な種類のお茶を飲んでみます。
今日は、ラベンダーの風味の入ったお茶を飲んでいましたが、 最近、牧師先生がある話をしていたことを思い出しました。

 

「耳で大きく音がしても、隣で大きく話しても、テレビを大きくつけておいても、考えをほかのところに集中すれば、聞こえない。

見なければ見えないように、考えなければ聞こえない。
ほかの考えをしていれば、その瞬間話したことを全く聞けない。

飛行機に乗って行く時、ある瞬間飛行機の音が聞こえなくて、『もう飛行機が高く飛んでスピードを出していくから、音が聞こえないのだな』と思った。
分かってみたら、その瞬間隣にいる人と対話に没頭していて聞こえなかったのだ。飛行機のエンジンの音は依然として、していた。」
という内容です。

私たちは、考えを他のところに集中していれば、見てもちゃんと見えないし、聞いてもちゃんと聞こえないし、食べ物を食べても、味もにおいも分かりません。

学生時代を振り返ってみても、学校の授業で教師が熱心に伝えても、それを聞く自分の考えが他のところにあれば、全く聞こえないこともあったし、聞こえることは聞こえても何の話か分からず、理解ができませんでした。

考えが他にあれば、隣で誰かが行ったり来たりしてもそれが気にならず、「集中していること」だけが見え、聞こえるようになります。

私は、はじめにお茶を飲むときにラベンダーの味がすることを確認したのですが、少し時間が経って、また、考えごとしながらもう一口飲んだときには、その味がわかりませんでした。
そのときに、はっと牧師先生の話を思い出した。

瞬間、考えが他のところにいって、聞くべきことが聞こえないことや、気づくべきことに気づけない、そういう自分を振り返った出来事でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 〈第5号〉万物の神秘 | トップ | 〈第7号〉平衡水 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。