水田昌宏の『知るは見るなり。』

水田昌宏自身の体験記を日々更新しています。。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

難民ボランティアについて

2017-06-19 | 日記
難民問題と聞いて、日本はまったく関係のない話だと思っている方は多いと思います。実際、難民と聞いても日本で暮らしている方だとまったくピンとこないでしょうし、遠い世界の話のような気がしている方がほとんどでしょう。しかし、日本にも支援を必要としている難民の方はいますし、決して遠い世界の話というわけではありません。私水田昌宏も難民のことを勉強し始めて初めて知ったのですが、日本でも支援を必要としている難民はたくさんいるのです。

私は難民問題にも強い関心を持っていますし、自分に何ができるのかと考えていました。ボランティア活動を積極的に行ってきた私ですが、難民問題のような大きな問題に対して何ができるのかと常々考えていたのです。直接的なボランティア活動はできなくても、募金ができるということを知って今では定期的に募金を行っています。もし、あなたが難民のためにボランティアをしたいと考えているのならまずは募金から始めてみるといいかもしれません。

難民支援協会という支援団体を通して寄付を行うことができますし、しかもオンラインでできてしまいます。わざわざどこかに足を運んで募金する、というわけでもなくインターネット環境さえ整っていれば誰でも募金ができるのです。ほんの少しの募金で大勢の難民が助かる可能性があるのですから、これはやらない手はありませんよね。例えば、5000円のお金があれば家がない難民の方に3泊の宿を手配することができますし、10000円あれば難民の方の一回分の治療費を捻出できます。より多くの方が募金を行うことでよりたくさんの難民の方を救うことができますし、ぜひ多くの方に支援の手が届けば良いと思います。私水田昌宏も、出来る限りの事をしています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 海外ボランティアのために語... | トップ | ボランティアの一環としての募金 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。