わたなべ正博の「万歳録」

日本共産党上田市議会議員「渡辺正博」の日記帳(まんさいろく)
2009年5月3日スタート

派遣した隊員の命にかかわる記録・・・「潮流」

2017年07月29日 21時59分57秒 | 日記
 映画「ローマの休日」で一躍有名になった「真実の口」。今も観光客の列は途絶えません。古い教会に飾られている海神の口に手を入れると偽りの心がある者は食いちぎられるという言い伝えがあります
▼迷信とは分かっていても、なかには手を入れることをためらったり、神妙な顔つきになったり。何かを偽り、真実の扉を閉ざすことに人はやましさや恐れを感じるからでしょう
▼「これは国民をだます策、いわば詐欺です」。南スーダンに自衛隊を派遣するとき、陸自の元隊員が憤っていました。PKO参加5原則の停戦合意があり、戦闘は起きていないと言い張る安倍政権。戦闘を衝突と言い換えるごまかしに「ふざけるな」と

▼現地の部隊が作成した日報には「戦闘」という言葉が記されていました。その日報を隠蔽(いんぺい)した問題で稲田防衛相が辞任しました。特別監察は稲田氏の関与を認めず、非公表や削除は幹部らが指示したといいます。日報データの存在が稲田氏に報告されていたかどうかについてもあいまいです
▼派遣した隊員の命にかかわる記録。国会でも論戦となった取り扱いについて防衛相が知らぬ存ぜぬとは誰もが信じ難い。これまでの言動と重ね合わせても真実の口が開いたとはとうてい思えません
▼記憶にない、記録がない。うそを吐く口は、周りとともに自身の心をむしばみます。顔触れを変えても疑惑の元凶が居座っていては同じことがくり返されるだけです。この国から真実を覆い隠す政権。人間を壊していく罪は重い。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍首相が出席して加計学園... | トップ | 7月29日(土)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事