わたなべ正博の「万歳録」

日本共産党上田市議会議員「渡辺正博」の日記帳(まんさいろく)
2009年5月3日スタート

「自分の創作の基調はリアリズムだと思っている」というつげ氏・・・「潮流」

2017年06月30日 22時12分30秒 | 日記
 漫画家のつげ義春氏(80)が2017年度第46回日本漫画家協会賞大賞を受賞しました。17歳でデビューして以来、賞とは無縁だったといいます
▼贈賞式(16日)では、同協会理事長で選考委員長のちばてつや氏が「戦後まもなくの日本人の貧しい生活を詩的に表現した」と作品世界の芸術性をたたえ、選考委員の弘兼憲史氏は「漫画研究会に所属していた大学時代、こんな漫画を描いていいんだと衝撃を受けた」と語りました
▼仕事もままならない切ない日々の暮らし、高度経済成長から取り残された辺境の地への旅、不安と寂しさに彩られた夜ごとの夢。それらを題材にしたつげ作品から伝わってくるのは、踏みにじられた者たちへの優しいまなざしと、それでも生き抜こうとする人間の営為への信頼です
▼5歳の時に父が病死し、母が行商や仕立物をして兄弟3人を育てました。母の再婚後は義父の仕打ちに傷つきながらも小学校を卒業し、メッキ工場で働き始めます。当時の体験を基にした「大場電気鍍金(メッキ)工業所」には、職人が鉱毒に内臓を侵されて死んでいく劣悪な労働環境の中でも、生きがいを求めて働く少年工員が描かれています
▼かつて多摩川沿いにあった在日朝鮮人の集落への愛着を表現した「近所の景色」からは、差別を生む社会構造に対する静かな怒りと悲しみが感じられます
▼「自分の創作の基調はリアリズムだと思っている」というつげ氏。現実をあるがままに直視することは、人間の原点に立ち返ることなのでしょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スカイツリーの麓 墨田区へ”... | トップ | 「築地ブランド」を守ること... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL