わたなべ正博の「万歳録」

日本共産党上田市議会議員「渡辺正博」の日記帳(まんさいろく)
2009年5月3日スタート

行政主導(岡崎市・商工会議所)の岡崎ビジネスサポートセンター

2017年07月12日 14時28分46秒 | 日記


私の質問:①ビジネスサポートセンターは民間のたとえば株式会社でも事業を行っているがなぜ行政主導型なのか?富士市の産業支援センターを知り、調査を始め、アンケートを取るなかで、事業者の声として相談するところがないというところに着目し、市長に事業の必要性を進言した。②関係法令はあるのか?ない。市独自で6500万円の予算を組み事業を始めて3年目となる。③費用対効果は?直接市税に反映したのかは難しいが、すでに1400もの事業所から相談がある、市内には15000の事業所があり現在1割だが、まだまだ需要はあると見込んでいるが広く市民に知ってもらうという点では課題でもある。



参考とした「富士市産業支援センター」の理念
①挑戦することへのリスペクト
②上から目線より一緒に考える
③分析よりまず聞く
④課題の指摘より強みを見つける
⑤お金をかけず知恵を出す
⑥好奇心アンテナの高さ
⑦ユーザー目線自然に考える
⑧公的支援制度・機関の連携



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 構造改革ひとことで言えば競... | トップ | 「日本会議」の候補 都議選... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL