ねぐら(進化する弁護士ブログ)

(-. -)zzz...  
 
法律とかに関係ない話題が多いです。今の自分に一番興味あるネタを書いて行きます。

リーマンショックを知らない世代

2016-11-26 | 弁護士が株式投資を始めて分かったこと
あなたは、「リーマンショック」のとき、どこで何をしていましたか?

3年~4年くらい前に異業種交流会(※合コンとも言う)でそんなことが話題となり、その場に居合わせた紳士淑女が、「いや、あのときは大変だった」「仕事が激減した」「今はだいぶよくなった」などとうなずき合っていたのを思い出す。

僕は、(へえ、そんなもんかね)と聞いていたが、正直実感がわかなかった。

ちなみに、そのときの集まりは、男女ともに、聞けば名の知れた企業にお勤めの人たちであったが、とくに銀行・証券・保険などの業種ではなかった。


リーマンショックとは、言うまでもなく、2008年9月15日に、米国の投資銀行であるリーマン・ブラザーズが破綻したことに端を発して、続発的に世界的金融危機が発生した事象のことである。

そもそもの前提として、その前年のサブプライムローン問題があり、ものすごく省略して言えば、これは証券価値が大暴落する一種のバブル崩壊現象である。
そのせいで、だれも予想し得なかったリーマンブラザーズ社が破たんしてしまったということである。
(あと詳しくはWIKIを見てちょ)


・・・・なるほど、2008年9月15日か。それは、実感がないわけだ。


そのころ、僕と同年代の男女はみんないっぱしの社会人として、矢玉の飛び交う経済フロントラインで戦っていたのに対し、僕はただのプータローだったからね。

(このブログをつけていなかったら忘れていた。その年の9・11が、司法試験の合格発表日であったのだ)

ぶっちゃけ、世界経済でなにが起こっているかよりも、おのれが受かるかどうかの方が大事、というよりも、そのこと以外に関心がなかった。


と、いうわけで、何が言いたいかというと、僕は投資家としては、「リーマンショックを知らない世代」だということである。

まあ、それを言ったら、「東日本大震災」も知らない(事象としては体験しているが、そのころ相場の世界に身を置いていないので、たとえば日本で震災が起きたのに、なぜか円高になる、という現象を身をもって体験していない)し、アベノミクス相場も最後の方しか知らないんだけどな!

ぞくに10年に1回とか、100年に1回などとも言われるが、こうした大相場をぜんぶ経験して、今日まで生き残ってきた個人投資家というものは、尊敬に値する。


とりあえず、僕は、今年起きた「ブレグジット(英国離脱)」と「トランプ様現象」は、なんとか生きのびてます。

まあ、この二つは、遠くからだんだん盛り上がって近づいて来る波が、いつころ到達するか、あらかじめ分かっている点で、投資家に与える驚異の度合いとしてはリーマンと比較にならないのであろうが。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 外国為替相場のチャートを見... | トップ | 第一審の国選弁護人が、控訴... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東京のマチ弁)
2017-05-14 17:26:54
>だれも予想し得なかったリーマンブラザーズ社が破たんしてしまった

そうでもないのですよね。たとえば、ブリッジウォーターのレイ・ダリオはリーマンショックを予見し、大儲けした投資家の一人です。
how the economic macihne works by ray dalio
https://www.youtube.com/watch?v=PHe0bXAIuk0

私自身も予見していた一人です。リーマンショック前に自社ビルを建てる等して経費削減をドラスティックに行うとともに、廃業しても生活できる(不動産業に転身すればいい)環境を確保しました。

幸い弁護士を続けさせていただいていますが、何の保証もない自営業者ですから、収入源の多角化は大事ですね。

全天候型ポートフォリオの一部としての株式投資は、別に人に話しても構わないことだと思いますよ。

(しかも、今も再び、バブル加熱の香りがします。)

これからも有益な記事をよろしくお願いいたします。
Unknown (masahi_62)
2017-05-25 02:38:42
東京のマチ弁様、
ご投稿ありがとうございます。最近またしても放置ぎみでしたので、気づくのが遅れました。

リーマンショック、予見されていたとはすごいですねー。そして、いつか歴史は繰り返すということでしょうか。

たしかに経営の多角化が大事だなと思う今日この頃です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL