ひょうたんじじい備忘録

ファイナルカウントダウンに向けて

新緑の候

2017-04-25 21:14:53 | 日記・エッセイ・コラム
桜が芽吹いた、そして早々に散った、また、柳が若い芽を吹き、日光を浴びて眩しいなど、今年は、季節の移り変わり目が、かなり明確に認識出来ている。これまでには、あまり無かったことである。或いは死が近づいていることの証左なのかも…などと考えているのだが。
体調は、まあまあというところか。狭窄症は右脚の臀部の一部に時々痛さを感じる程度で、年齢を考えれば、こんなものなんだろうと思う。前立腺肥大症の方は、薬のお陰かこれもまあまあ。夜間頻尿は相変わらずだが、幾分暖かくなってきたので、起きるのは億劫ではない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なかなか死ねない | トップ | 体調 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。