南信州のりもの倶楽部♪

同好の仲間同士で、少しでも情報交換や維持管理に相互に役立てたり出来たらいいなぁ、というコミュニティを目標としています。

今日は完全に宣伝になってしまいました…

2016年10月12日 21時25分45秒 | 一般整備編



今日注文してあったダックスの部品が来たから、
フロントフェンダーの取り付けに入った。

正立タイプのフォークに兜フェンダーを装着する場合、
いくつか方法はあるみたいなんだけど、
自分で板金が出来る訳でもないから、
まずフォークに装着するクランプを買って来て、
あとはフェンダーのステーを加工して取り付ける事にしてみた。

それは良いんだがやはり不必要な部分は切ったり、
その部分を軽く塗装したりで今日はここまで。
本業が忙しくなってきたから空いた時間を作り難くなってきちゃったなぁ。








この頃ロンシン125cc2次側クラッチエンジンをベースに、
140cc化とWIN120系のビッグバルブヘッドを装着する、
ウチのコンプリートエンジンの依頼がかなり増えまして。

GPXのヘッドを持ってる方なんかだとロンシンのエンジンと56ミリボアアップキットがあれば、
140ccにはなるしビッグバルブにはなるしと、
GPX125を買ってノーマルで乗るよりかパワーがあるから、
ロンシンのエンジンをすでに持っている方向けにこんなメニューを作って紹介しても良いかも。

実は私の今のエンジンもこれなんだけど、
排気量と燃焼室容積とバルブやポートなどのバランスが良く、
トルクもあるけど上まで回る凄く面白いエンジン。
普通排気量が上がると回らなくなるんだが、
私が想定していた以上に高回転が楽しいんだけど、
あまり回し過ぎると怖いから心のリミッターが必要なくらいだ。

ちなみに現在はクラッチカバーはガラスビーズのブラスト仕上げにしているんだけど、
最近はクランクケースもブラスト仕上げにすることが多く、
ブラスト仕上げになっているエンジンは剥離が効かなかったってこと。
最近の中華エンジンな塗装は頑固だわ。

ただ、WIN120系のヘッドが無いと作れないから、
欲しい方はヘッドが無くならないうちに連絡していただきたい。










あと、ロンシン125cc2次側クラッチエンジンを、
高回転まで回るようにするチューニングパーツキット、
在庫がかなりあるからロンシンのエンジンをお持ちで、
自分で組めるスキルがある方はいかが?

内容は私が前に作っていた125ccコンプリートエンジンに使っているチューニングパーツそのままで、
ロンシン125ccエンジン用のハイカム、
ハイカム化でバルブが接触するのを防ぐ少し小径のバルブ、
ストックと比べてかなりハイコンプになるピストン、
軽量オイルフィルターローターがセットになっていて、
価格は1万円ちょうど。

このキットを買って組み込めば高回転がかなり楽しく回るようになるんだが、
組み込みに自信が無い方は相談していただければ私が行っても良いし、
それならクランクの芯出しも含めたフルオーバーホール兼チューニングも可能。

ただ、バイク屋さんよりかなり安く行っているから、
工賃なんかは書けないけど気になる方がいれば、

msworksjapan@yahoo.co.jp

ここに連絡いただければ内訳を含めた細かな見積もりが出来ます。
でも最近依頼が増えたため1ヶ月くらい納期をいただかないと、
バイク関係だけの依頼で溢れかえって晩酌も出来ない…

ちなみにチューニングパーツキットの申し込みやエンジンスタンドの販売、
横型エンジンのオーバーホールやその他の要件なんかも、
このアドレスにお気軽に連絡いただければありがたいです。
質問なんかも全力でお答えしますよ〜。

私は完全に初心者の味方。
些細な事でも自分で無理して壊す前に聞いて欲しいなぁ♪


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自分のバイクなんぞ適当な現... | トップ | 知恵と知識は荷物にならない... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。