出逢い工房 竹山

伝えたい 和のこころ
竹山の季節便りと 出逢い日記

卒業のない 竹山楽らく着付け教室

2017年03月02日 17時42分37秒 | Weblog

今日は  着付け教室

竹山の着つけ教室 に来られる方が どんどん増えています。

           着物好きは ほんとに増えていると実感しています

無理なく   忘れても忘れても  気軽に続けられる    着付け教室

安心して  友達作りもできて 親切で 安価で  あなたの都合の日時で稽古できる

卒業のない着付け教室 ・・・・ それが 竹山の楽らく着つけ教室  の特徴です。

 どこにもない 着付け教室で 着物を学びませんか!!

 着付けの道 30年の 和楽案内人が 丁寧・気楽に 着物道を案内します。

 いつでも 始められます。 竹山までお問い合わせください

                  ☎ 097-520-4622

                  携帯電話 080-1701-0284

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

卒業のない 竹山楽らく着付け教室

2017年03月02日 17時42分37秒 | Weblog

今日は  着付け教室

竹山の着つけ教室 に来られる方が どんどん増えています。

           着物好きは ほんとに増えていると実感しています

無理なく   忘れても忘れても  気軽に続けられる    着付け教室

安心して  友達作りもできて 親切で 安価で  あなたの都合の日時で稽古できる

卒業のない着付け教室 ・・・・ それが 竹山の楽らく着つけ教室  の特徴です。

 どこにもない 着付け教室で 着物を学びませんか!!

 着付けの道 30年の 和楽案内人が 丁寧・気楽に 着物道を案内します。

 いつでも 始められます。 竹山までお問い合わせください

                  ☎ 097-520-4622

                  携帯電話 080-1701-0284

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

卒業のない 竹山楽らく着付け教室

2017年03月02日 17時42分37秒 | Weblog

今日は  着付け教室

竹山の着つけ教室 に来られる方が どんどん増えています。

           着物好きは ほんとに増えていると実感しています

無理なく   忘れても忘れても  気軽に続けられる    着付け教室

安心して  友達作りもできて 親切で 安価で  あなたの都合の日時で稽古できる

卒業のない着付け教室 ・・・・ それが 竹山の楽らく着つけ教室  の特徴です。

 どこにもない 着付け教室で 着物を学びませんか!!

 着付けの道 30年の 和楽案内人が 丁寧・気楽に 着物道を案内します。

 いつでも 始められます。 竹山までお問い合わせください

                  ☎ 097-520-4622

                  携帯電話 080-1701-0284

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

誕生日

2017年03月01日 21時56分38秒 | Weblog

今日は 竹山の和楽案内人の誕生日でした。

      この秋、還暦同窓会の準備をしているようです。

   今朝も早くから 高校の卒業式の参列する

     二人のお母さんの着付けでした。

  卒業式で着物を着るお母さんは この頃 特に増えてきました。

      結婚して 早37年目、着付けを修得して 30年になります。

    この間、たくさんの皆様の着物姿を 創出して 晴れの日の思い出づくりに関われたこと 

      ありがたくもあり 喜びでもあります。

       誕生日 おめでとう  と 小さなケーキを 買って帰りました。

      美味しいイチゴも お祝いにいただき 幸せそうです。

    

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

卒業式の3月だ!!

2017年02月28日 21時27分38秒 | Weblog

今日は高等学校の卒業式

  朝から 竹山は 着物で 卒業式に出席するお母さんの 着付けです。

  看板には 心に残る一日を  としました。

 毎日 ウッドボードで  メッセージつくりと イラストの練習を始めました。

 さて 今日は 先日いただいた 美味しそうなスイーツをご紹介

 大分市富士見ヶ丘の 手作りスイーツ工房 はぴまるのクッキー

  もったいなくて 食べられません。

  どうぞ 食べにいらしてください。早い者勝ちです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の香り

2017年02月28日 11時10分13秒 | Weblog

今日で2月も 終わり、明日から弥生

日ざしも 空気も ほんとに春めいてきました。

竹山の 手作りウッドボードに 毎日の竹山 トピックスや イベントなど

を掲示していきます。

今日は 先日から 竹山の玄関先で 開いていたフキノトウを

調理してみました。

みりん・お酒・砂糖・味噌で 煮てつくった佃煮・・・・ふき味噌 と呼ぶようです。

早速、味見してみましたが 春の香り が口の中でふくらみ

ちょっとほろ苦いフキノトウの味がひろがりました。

これは もう日本酒の お供に 最高ですね。

今夜は 一杯!!

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熊野磨崖仏

2017年02月26日 23時27分16秒 | Weblog

今日は 日曜日。

熊野磨崖仏にいつてlきました。

 紀州熊野から豊後高田 田染に移られたといわれる熊野権現に向かう石階段の

さきに待つのは長いながい 石段でした。

   『 鬼が積みし石段を

           登らば現れむ 

                  岩に刻まれし 大いなる仏よ 』

 

鬼に「人間の肉が食べたい」と頼まれ「それならば日暮れから翌朝までに百段の石段を造れ」と

お命じになりました。鬼は必死に石を担ぎ九十九段目の石を運んできます。

これは大変と夜明けを告げる鳥の鳴き声を真似ると、最後の石を担いだ鬼が逃げ出し、

一里半ほど走って石を放り出します。その石が立ったままなのでその地域を立石と呼ぶようになったと言う

お話が伝わっています。

鬼が一夜で築いてと伝えられる自然の石が 乱雑に積まれ、

歩きにくい急な上り道が続きます。

久しぶりに森の中 短い山登りの体験でした。

登りつくと左方の巨岩壁に刻まれたのが 

   日本一雄大な 大日如来と不動明王 ・・・これが熊野磨崖仏です。

  ご覧ください。この圧倒される 荘厳さを!!

                            大日如来 高さ6.8m

                             不動明王 高さ 8m

  熊野磨崖仏は、仁聞(にんもん)によって養老2年(718)に制作されたと言われています。

 仁聞は、宇佐八幡の化身と称して国東半島六郷に修験の道を開き、多くの仏像と寺院を造り、

 数々の奇跡をみせて、六郷満山を開いたとされています。

 

      『 信心を  石段で見る 磨崖仏 』  

               内藤凡柳(別府)の川柳碑が こころに残ります。

 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おおいた女性チャレンジサイト

2017年02月23日 08時49分52秒 | Weblog

竹山の 和楽案内人である着付け係りが

アイネスの  おおいた女性チャレンジサイトに掲載されています。

PCや スマホで おおいた女性チャレンジサイトを検索いただくと

その中の 女性活躍・仕事と子育て ロールモデルをクリック

次のページの27年度ロールモデルの をクリックいただくと

出てきます。ご覧いただければ幸いです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春まぢか

2017年02月22日 11時47分42秒 | Weblog

寒暖の日々が繰り返され 春がまじかになってきました。

竹山の玄関さきの フキノトウも  開いてきました。

ここ数年竹山では たくさんの方から着付けのご要望をいただいて

竹山らくらく着付け教室では 結婚式 お出かけ 卒業式など 着物を着る方が 増えています。

竹山の着付け係りは この道30年。 

竹山だけでなく 東西奔走しながら きもの屋竹山の 一つの大きな柱である

” きもので おしゃれも気分もリフレッシュ" というコンセプト

で着付けのお手伝いを続けてまいりました。

今春あなたも 春の芽吹きのように 新しい自分を着物で発見してみませんか!

 先日の松山セミナーで 作った 着付け教室の案内です。

 身につくまで 卒業のない着付け教室 

     あなたの都合に合わせて  お昼のランチつき おしゃべりで友達もできる

     どこにもない   楽しい着付け教室 です。

昨年 暮れから竹山のもう一つの新しい仕事を模索してきましたが

 ご支援のおかげで 方向性が見えてきました。

まだまだ 企画段階ですが 

     あなたの仕事や想いを伝える手書きニュースレター代行や (企業・お店・団体・個人・・・など)

     あなたのオリジナル 手書き絵つきはがき制作(個人・企業・お店・・・など)

     あなたの売り込みたい物や サービスのダイレクトメール作成

     ポップ提案など

今春から すこしづつ始動していきます。

 

  どうぞ よろしくお願いいたします。

 まずは ブログを通じて発信してまいります。

 お気軽にお問い合わせ お待ちしています。

 ●竹山のメール  

   takenoko82153320@yahoo.co.jp

     電話番号 携帯 090-3320-3402

              097-520-4622 ( FAX 097-520-4622)

 

    

     

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大洲城

2017年02月21日 09時19分36秒 | Weblog

先日 久しぶりに車で遠出してきました。

松山で 販促の勉強会に参加、 増澤さんのブログセミナーと チラシづくりのセミナーでした。

昨年末から これからの私どもの道を模索してきましたが 竹山の事業として 少しずつ形にしていこうと

思います。

いかにして 店の想いや理念を届けるか。扱っている物やサービスの素晴らしさを伝えるか。

セミナーの講師 増澤さんの わかりやすい・魅せる・共感を感じる販促のお話と体験に 引き込まれ

私の心の底から 厚いものがこみあげてくるのでした。

そこには単にノウハウ やテクニックを 超えた  学ばねばならない 商いの哲学が 込められているように感じました。

松山でのセミナーを終えて いつか訪ねようと思っていた 大洲城に足を運びました。

 

                                              伊予大洲城にある 中江藤樹像

 

10年くらい前のことでしたが 滋賀県高島市にある 藤樹書院(中江藤樹の私塾)を訪ねたあと

中江藤樹が10歳から27歳まで過ごした 大洲の城下をいつかは 訪ねてみたいと思っていたことが実現しました。

春を待つお城の美しい佇まいに 感動を覚えながら 散策したのでした。

不思議なことに デジカメの電池が切れて セミナーの模様や 松山城の写真が撮れず残念に思っていたのですが

不思議なことに この4枚の写真のみが撮れたのでした。

 

中江藤樹について

 1608年(慶長13)近江国に生まれる。

名は原、字は惟命これなが、通称は与右衛門。
自宅の藤の木にちなみ藤樹先生とよばれた。
近江国高島郡小川村で生れ、9歳で祖父に引き取られ、伯耆国米子、伊予国大洲おおずと移り、祖父の死後に大洲藩に出仕。
京都から来た禅僧の「論語」講義聴講をきっかけに、「四書大全」で朱子学を独学。
27歳で近江に残る母への孝養を理由に脱藩し、帰郷して学問に専念した。
藤樹書院という塾を開いて、道徳の形式よりも精神が重要であるとして、時・処・位の具体的場面に適した行動をとることを説いた。
37歳のとき、王陽明の全書を得て、その思想に傾倒する。
近江聖人として崇敬され、熊沢蕃山くまざわ・ばんざん、淵岡山ふち・こうざんらの門人を輩出した。

       『忍の字に題す』

 

     一たび忍べば 七情(しちじょう) 皆(みな) 中和(ちゅうわ)す

      再び忍べば 五福(ごふく) 皆(みな) 並び到る
    

     忍んで百忍に到れば 満腔の春
     

      熙熙(きき)たる宇宙 総べて眞境(しんきょう)


     一度忍べば七情が皆程々になり
     二度忍べば五福が我が物となり
     忍びに忍んで百忍に到れば全身が春のようにさわやかになって
     広い世界全体がやわらぎ真の境地に到る


    (七情(しちじょう))七種の感情、愛・悪(にくむ)・欲・喜・怒・哀・懼(おそれ)
    (五福(ごふく))長生き・富・健康・道徳を好む・天寿を待つの五つ
     (満腔)腹一杯、全身
     (熙熙(きき))光が行きわたる、喜び楽しむ
     (眞境)ありさま


 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

振袖の帯むすび

2017年01月08日 14時02分44秒 | Weblog

今日は大分市の成人の日祝賀式典

竹山の着付け係りは 朝から 3人の振袖の着付けをさせていただきました。

帯結びも それぞれに新春を寿ぐ 縁結び

その名も 立春・淑女・花の舞

一つの袋帯が いかようにも変わり きものを引き立てます。

これも日本の技の美だと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

竹山 きもの始め

2017年01月03日 21時34分02秒 | Weblog

今日は朝から 母と娘の着物はじめ。  

2時間で4人の振袖の着付け  4人それぞれの帯むすびで ミスきもの誕生。

竹山の着付け係りは大忙しでしたが

華やかな午前中の 正月3日でした。

やはり着物姿の華やかな雰囲気は幸せを感じます。 

今年からは 一味違う きものや竹山が始まります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新しい年が始まりました

2017年01月02日 18時06分56秒 | Weblog

昨年の11月から いろんなことがありまして ブログも休止しておりました。

新しい年が始まり、今までのようにはいきませんが これからもできるだけ

ブログを続けて行こうと思います。

本年もよろしく お願いいたします。

今年も何とか 干支の絵馬を二つの神社に 奉納することができました。

大分県護国神社の絵馬  『挑戦』

精一杯翼を広げ 再び羽ばたき、 飛ぶことに挑む鶏 ・・・・自己への挑戦の意味を込めて描きました。

日吉神社(大分市木田)  『よし 今日も…』

また 一年 一日が始まる 一日一日を丁寧に大切にの意味を込めています。

朝霧の立ち込める 日が昇った由布を背景にしています。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋の自然が誘います。

2016年11月06日 22時17分35秒 | Weblog

8月末の母の逝去から ブログも休んでいました。

10月中旬から 家の中の大掃除と模様替えをしました。

不要なものを整理し家の中もすっきりしてくると

心まで すっきりしてきました。

3人暮らしの毎日から 2人暮らしが始まり 新たな 竹山を創造してまいります。

秋の自然が 呼んでいます 誘います。

そんなイラストを 描いてみたくなりました。

久住から 阿蘇を望む 秋のひと時。 15年くらい前のイラストです。

もやがかかる 秋の里山。こんな風景に出逢いたい

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

倭史の夏移動合宿と帰郷

2016年08月17日 21時59分17秒 | Weblog

倭史の大学のサークルの夏の移動合宿で 大分市広内 九六位山から臼杵に向かう画像です。

8月2日に北九州を出発し、宮崎県日向岬まで10日間で250キロを踏破する ローバースカウトの活動。

野宿をし、時にはヒッチハイクしながら4人一組で ひたすら前進、

200キロ以上は必ず歩かなければならないのだそうだ。

あるチームは熊本から、 鹿児島から、高知から 、福岡から

日向岬に12日に全員集合した 記念の一枚です。

全員で55名という人数がまたすごい!!

13日 合宿を終えて そのうち倭史の同期の3年生6人が 民宿『竹山』にやってきた。

 旅の思い出話に 盛り上がり 飲んで食って ここでも若さが爆発だ !!

 同期の友は いいものだ。あと一年たらずで それぞれの人生を歩む仲間たち。

 私にも そんな時代があつたのでした。

 

朝は 朝食起きてまだ 二度寝。

昼飯まで食ってさて 出発だ

2人一組、でこれからの道は ヒッチハイク。

どの組が一番に 博多に着くか?  さらば 竹山

無事に東京につきますように。また来いよ。

また来まーす。

倭史は 17日まで竹山に滞在。

本日夕刻竹山を出発しました。

記念写真 97歳の母と。

  『今度はいつ帰ってくるんな』   「こんどは正月に帰って来るけん。元気にしちょってな」

ちーばーちゃんが来て さあ出発。

『これで どっかでアイスクリーム食べよな』

「いつもお小遣いありがとう ちーばーちゃん、また帰ってくるけん」

5日間の倭史の竹山帰郷でしたが 楽しい時間でした。

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加