おーちゃんぶろぐ。-まっすぐ歩いてる?-

人生は『ロード・ムービー』

喜び悲しみ
ひとコマひとコマ紡ぎ合わせて…
いつしか、ハッピーなエンドロールを。

心の画用紙。

2009-03-31 14:39:33 | Weblog
空いっぱいの薄いレースのカーテンの隙間から
時折、薄日が立ちこめる

そんなお天気の年度末
あと半日、みなさん頑張りましょうね


こんにちは 大橋理容室です。



今朝は
初めてご来店のお客さま

お話を伺うと、午後から出勤とのこと


なんでも
これまで部屋に閉じこもりのお仕事をされていたようで‥

今度は、接客の仕事らしく
髪を短めにサッパリとカットしたいとのこと


トップから全体に長く
ボリュームが潰れてしまっているので

半分くらいの長さにカット
サイドも遊びが出る程に


全体的に軽く毛先~中間をセニング
短めの馬場さん風に仕上げてみた



都内から越されてきたこの方
これまでアニメーション・クリエーターのお仕事をされていたらしく

縁あって、こちらへ移り住んでこられたようだ。


とは言うものの
新たな職場で『夢への資金』を稼ぎ
クリエーターの仕事は続けると

テレビ・アニメとかではなく
自身の中の想いをテーマに
台詞のない、映像のみで表現する作品


先日のオスカー受賞作『つみきのいえ』
そんな作風だと伺った

10年来温め続けた構想
フェス出品作として取り掛かるらしい。

パソコンで長い時間をかけ
独りでの作業


外の空気や、途中の人との出会いが
また作品にエッセンスを加えるのだという


マサもFCの話や
これまでの話をさせて戴き

すっかり話に花が咲き
『感性』の引き付けあうものを感じた。



以前、日記にもご紹介した
マサが好きなあるCMクリエーターの作品


小学校で『自由な絵』として
生徒一人一人に真っ白な画用紙を配る先生

みんな想い想いに
その画用紙に絵を描く


草原で遊ぶ少女(自分)やペットの絵
真っ青な空に飛ぶ、飛行機の絵と‥


その中に、一人の男子児童の描いた『絵』に注目する
画用紙一面が真っ黒に
クレヨンで塗り潰されている


先生は、その児童のお家を訪問するが
特に家庭事情に問題がある訳でもない

しかし
あれ以来、部屋に閉じこもり
真っ黒に塗り潰された画用紙だけが部屋中に溢れていた


心配した先生は
他のベテラン先生達に相談するも
なんら糸口が解らぬまま、塗り潰された画用紙だけが増えていった


ある日
児童の両親と先生達、立ち会いのもと
精神科教授が『絵の変化』に気付く


これまでの絵の中に
数枚の白い余白部分のある絵を見つける


そして
児童を含む、全先生が
体育館の床一面に数十枚の『絵』を組み合わせる


そして完成したのが
『大海原を泳ぐクジラ』の絵


その児童には
大好きなクジラを描くには
画用紙一枚では足りなかったというお話。



つまりは
児童が描きたかったものは
その児童にしか見えていない

好きなものを自由に表現したかっただけのこと



子供の『未知の感性』を
大人たちが勝手に決めつけてはならない


子供の自由な発想・想像力
それは測りし得ない

そんなメッセージ性の作品。



子供の感性を理解出来る親
つまりは
今は親のほうがむしろ、進化し続けなければならない


子供は、いつの時代も伸び伸び自由に生きている


子供たちを生きづらくしてしまったのは
我々、親や大人達なのではないだろうか?



『ヨリイスタイル』と
マサの名刺をお持ちになり

『また、来ます。』
クリエーターさんは、そう帰られた。





町の情報ジャンクション・大橋理容室
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

きっと僕らは輝きたくて、生きる意味を探してた。

2009-03-30 15:56:05 | Weblog
風もなく、暖かな日差しに恵まれた月曜日
3月・最後の休日を過ごしております

春休みの、元気な子供たちの声が
近くの公園から聞こえてまいります


こんにちは 大橋理容室でございます。



本日は
『理容組合』の20年度・定例総会
出かける前に、いつものように掃除機をかけ

暖かな陽の光を確認して
パーカーを羽おって出発


どんな職種にも、『組合』というものがあり
執行部役員の方がいて成り立っている。


全国組織の場合
当然、物事を統括する責務があるわけだが
それぞれに地域が異なる訳で
一つの町の中の小さな支部に至っても、意識の統一が難しい

業界全体の考え方 地域支部の考え方様々
『何の目的の為』そこが本来、意識として統一されていなければ
『ずっと昔から続いている決まり事だから‥』
それを永遠に続けてゆくのみ。


マサは
『飯を喰う為』その一、仕事(職業)として理容師であり
それ以外は余り正直、興味がない。

店を訪れてくれるお客さんに
義務を果たすことだけで手一杯だからだ。

『組合』は、単なる同業者の集まりにしか過ぎない
前にも述べたように、地域のお客さんが喰わせてくれる
お客さんのニーズに応え 
お客さんから選んでもらえるような店作りをすればいいだけのこと。


全国で、何千万も費用が掛る『業界内の持ち回りイベント開催』
その為の経費をお上に献上するような
そんなお付き合いが出来るわけだから まだ、みなさん余裕があるのだろう

床屋のマサが興味無いのだから
一般消費者は、なんのことだかすら解り得ない。


商売には、なんの肩書も要らない

地域のお客さん相手なのだから、地域で顔と名前を覚えて戴く
その為には
地域の責務であったり、広い視野で地域の行く末をリサーチすることが
やはり大切。


時代や、そこに暮らす人々が変わってきているのに
一、業界や商店街はいつまでも変わらぬまま

本当に、地域のお客さんが求めているもの・欲しているもの
もっとそこに眼を向けるべきではないだろうか?

以前から言っている
『街から人がいなくなっては、商売にすらならない。』


業界内の内輪だけで盛り上がるのも良いが
もう、いつまでもそんなには『お付き合い』はしていられない。

以上がマサの独り言。




総会の最中
ずっと連絡を取り合っていた、制作スタッフから着信があった

会議が終わり 車中で電話してみると‥
以前から何度かロケハンを行っていた『某・劇場映画』

正式に決定の報告 (ピース!!)

ついては
ロケの際の申請手続き等
確認事項の相談として、しばし話をした。


そのままお昼を挟み
商工会で、YFC事務局と確認後
役場へ


今回の劇場映画も
素晴らしいキャストの面々

そして、実に面白い脚本になっている

お伝えできる時がきたら
また、お知らせいたします。



総会の場でも先日のドラマ『相棒』の話を聞かれ
簡単に言ってしまえば

『みなさんと同じように、町の人もそっちのほうが興味がある。』


もちろん、どんな職種も業界の方針であったり
存亡であったりと‥
いろいろと悩みは付きもの。


人口の絶対数が減っていて
大変なのは、なにも理容師だけの話ではない

不況の煽りを受けて、大変なのはみな一緒。


商売する上で、『実りある』そんなお金の使い方
そして時間の掛け方

無理をしてまでお付き合いを続けて
何かが残るのならばまだしも‥


お客さんの為に
地域の人や子供たちの為に

そういったものを
優先・提供してゆきたい。


業界や組合が喰わせてくれるのではなく
地域のお客さんが喰わせてくれること


消費者の選択肢が増え続ける時代

お客さんの選択肢に選んでもらえる企業努力


そこには
一、業界内でしか通用しないものは
もはやこれまで。


本当に『生き残り』を賭けるのならば

いつまでも、みんなで肩を並べて‥は通じない


それぞれ地元の地域性や、客層のライフスタイルのリサーチ
その為に必要な自身が成すべき責務


地方・地域が成り立たなければ
国や業界は成り立たないのと同じこと


無理してまで業界のお付き合いを続けるほど
時間も余裕もない


個人の考えが在る以上、いつも通りのスタンスで。



自分のイズムを持っていない者
思っていても、憎まれたくない者
自身の意見や想いを口に出来ない者は
いつまでも流されてください。



寄居で毎年、一番早く咲く桜

マサにも、もう時間はない。







〝町の情報ジャンクション・大橋理容室〟

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今一度日本をせんたく致し候。

2009-03-29 12:00:08 | Weblog
愛知県の私立中学で、この1~2月
1年生の男子、十数名が
注意されたことに腹を立て

30代の妊娠中の教諭を
『流産させる会』を結成


椅子のネジを緩めたり、車への悪戯
教諭の給食に、食塩や食品添加物の『ミョウバン』を混合し続けた


女子生徒により、事件が発覚
教諭には特別、健康被害はなかったという。





バカばっかりだなぉぃ‥


いったい、どんな教育を受けてきたのか?

『物事の善悪』が本当に理解できない子供
それを野放しにしてきたバカ親


共に幼稚園から出直せ。




もう、なんもせんでいいから
『道徳』だけを重点的に学べ。




もちろん、こんなのばかりじゃないとは思うが


どんなに優秀だろうが

どんなに綺麗な洋服着ていようが




人間、最後は中身

『人間性』に尽きる。




『教育』とは
教え、育てること


教科書を暗記させれば良いということじゃあない。




どんな人間に育て上げるか




今後、どんな人間に託してゆきたいのか




余りにも腹立たしく



怒りを通り越して、虚しいな。





ところで

こいつらクソガキの親は


ちゃんとゲンコツ出来たのかな‥。




町の情報ジャンクション・大橋理容室
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一緒にどっか飛んでっちゃえ。

2009-03-28 18:20:13 | Weblog
冬の様な寒さが続く
三月・最後の週末

高速道路は、朝から混んでいるようです
時間に余裕を持ってお帰りくださいね


こんばんは 大橋理容室です。



先程
よく立ち寄るセブン-イレブンさん
顔馴染みのパートさんが突然の訪問

聞けば
数日前、外国人の女性の方(セブンのお客様)が
『ヨリイスタイル』をかざして

『オトヒメチャンノォ~グッズハ ドコニイケバカエマスカァ~?』そう尋ねてきたらしい

それならばと‥
『コノトコヤサンデェ~キイテミテクダサイィ~。』

『ヨリイスタイル』に載ってる、マサの写真を指差したらしい笑


要は
勝手に教えてしまったので
迷惑が掛からなかった?と

お庭に咲いた、綺麗なお花を持って
説明に来たのだと言う。


残念なことに、その様な女性は
まだお見えになってない

『オォ~ザンネンデェ~ス。』

マサの流暢な英会話は
またの機会へと持ち越された笑


『乙姫ちゃん』も、ワールド・ワイドに仕掛けてゆきたいW



ワールド・ワイドと言えば

世界的恐慌は、いまだ続いておりますが
不況の波と共に、花粉やら黄砂やら‥

最近は、いろんなもんが飛んでまいります


お隣では何だか実験があるようで‥
飛ばすなら飛ばすで
ちゃんと飛ばしてくれと。

飛ぶんだか飛ばねんだか
判んねぇの飛ばされても

また
国内あちらこちらで『万が一』に備え
いろいろ準備があるようで

それも
あたるんだか、あたんねんだか‥


最悪の事態も踏まえ
緊張は高まるばかりでございます。



一昨日
町内の先輩が訪問

地域には『隣組』というものがありまして‥
回り順で『組長さん』が廻ってきます

寄居のような、お祭りの多いところでは
その都度『組長会議』というものが行なわれますが

ここ、数年の問題は
会議への組長さんの参加率の低いこと

それを解消する為に
出てこないお宅に説得しに伺おうと

先輩は、マサに相談に。


しかしながら
基本、そんな暇じゃないので

これまでずっと、それを通してきてしまったこと
そこの問題を提議した。

要は『給食費を払わずも、喰えるクセ』
最近では、働かなくても誰かが喰わせてくれるクセ

『会議』に出なくても祭りは成り立つ
ならば出ないほうが楽

そのツケが
マサたちの若い世代へ。


マサたちの年代が、一番忙しいことは当然のこと
それは『意識して』やっているから。


本来、隣組を代表して会議に出席
決定事項を持ち帰り、みなさんに伝達する義務がある

そんな、当たり前の義務を果たせない奴の仕事を
ただでさえ忙しいのに、余計仕事が増えるだけ 


義務を果たさなくも通してしまうこと
そこに問題があること。


それを処理(整理)するのは若い世代ではなく
本来、執行部役員の役目ではないだろうか?


誰も言わない・言えない
大事なことや、当たり前のことに限ってそうだ。


学校には学校の
家庭には家庭の

地域には地域の
世界には、世界のルールがある。  
 

ルールを守れない者

みんなと仲良く出来ない奴は要らない。


一番ダメなのは
『ダメなことを、知っていながらも通し続けてきた』
そのバカの取り巻き達。


人様に迷惑掛け続けても
トンチンカンな主張を繰り返す奴は

いずれ除外される


いつの世も、歴史は繰り返す。





町の情報ジャンクション・大橋理容室
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

この世界で一番綺麗なものは、君を優しく包む夕陽の色。

2009-03-26 15:53:51 | Weblog
薄曇りの空に
少し風の吹く午後

残り少ない3月に
桜の花咲く、木曜日


こんにちは 大橋理容室です。



来月、中学生になる
マサの長男の同級生のカットを終えて

時間より少し遅れて
商工会へ


本日は
昨年の年度末、寄居を訪れた
県内・八潮市の商工会さん同様

県・東部に位置する越谷市から
商工会・町づくり委員の方々と共に、行政の方々が視察研修に訪れた。

その目的は『FC事業』について。


今日の資料には
これから発行される『よりいカタログ・観光版』

こちらにも掲載される、町の人が描いてくれた『ノンちゃん』のイラストも。


お越し戴いた方の中には
昨年・大宮ソニックで行なわれた『県商工会青年部40周年記念式典』で
県内4ブロックの代表者として、マサと共に壇上で発表した方もいらした。


FC事業の一連の流れを説明させて戴き
苦労話や、質疑応答形式で勧めた

YFCの場合は
やはり『ノン子』が全てのベースとなっており

それ以前に行なっていた『乙姫ちゃん・プロジェクト』とのリンクが実現し
『ちゃん茶』などの関連商品や『ノン子橋』といった新たな名所も生まれた。

越谷市さんが町興しとして実施している『鴨ネギ鍋』
こちらも、仕掛けによっては思わぬ波及が得られること

やはり『何事も無駄なことはない。』

そのことをお話させて戴いた。


商工会に行く前に
カットした子供がこんなことを言ってた 
『VOICEとか、相棒もヨリイって出てたょね!』

寄居が映像とは、全く無縁だと思っていたのか笑

でも
それが本当に素直な言葉だと思った

自分の町だって、十分映像に応えられる

そのことが素直に嬉しいということ。


寄居と越谷市さんの話だけじゃない

処変われば、様々な問題や苦労もある

でも
何もしないでいいなら

何もしないでもやっていけるのならば
誰も、何も苦労したり文句言われながらもしない。


そのままでいいのならば
誰も改革なんてしない。


変える必要があるから、変える。

家庭も社会もそう
変える必要があると思うから変える。


越谷市さんも言っていたが
『やってる人にしか解らない部分ありますからね。』

その後にこう続けた

『楽しい町に暮らしたいですもんね。』


マサも同じこと
これまでやってきたもの含め

『自分が子供の頃、こんな街ならいいな
こんな商店街だったらいいな‥
こんなイベントがあったらいいな‥。』

それがベースになっている。


商売人には商売人にしか解らないこと

そんな想いも『宿命』もある。


山に暮れる夕陽を見て
綺麗だと感じる想いは

子供も大人も
勤め人も、商売人も

昔からの人も、転入者も
住んでる地域も変わらない。


大人が元気に働き
連携のとれた町並み

それを見て育った子供は
将来に希望を抱く。

それを感じるか、感じないかの違いだけだ。





町の情報ジャンクション・大橋理容室
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

『侍』は死なず。

2009-03-24 17:34:06 | Weblog
霞が掛かった天に
まだ少しだけ風の吹く午後

一筋の光が差し込んでおります
まるで、海の向うの歓喜のように


こんにちは 大橋理容室です。



先程、第2回WBC
『侍JAPAN』連覇達成のニュースが
飛び込んでまいりました。

仕事しながらも
つい、気になってしまい‥

途中、途中でしか観ておりませんでしたので
テレビのVTRで感動を味わいました。


粘りに粘った宿敵・韓国チームも素晴らしかったですょね


7回表のイチローのバント・ヒットは
さすが、職人の為せる技


9回に捕まってしまったダルビッシュ
試合の行方は、初の延長戦へともつれ込んだ


そして
役者には、不思議と見せ場は訪れる‥

今大会
なかなか本来の調子を取り戻せなかったイチロー

前大会同様、チームを引っ張る立場である
そんな自分の役割を、誰よりも理解しているからこその
孤独な自身との闘いが続いた


そして、最大の見せ場
ランナー二者生還の値千金のセンター前ヒット


最後は
ダルビッシュも9回のケリを着け
試合を締め括った


一時は、もうダメか‥
そう思われた瞬間もあったが

最後まで諦めない姿勢

グラウンド上の選手も
ベンチも客席も

そして
テレビの前のファンも
誰一人として、諦めなかった。


たかが野球

されど野球


男同士の真剣勝負に
身震いしながら


そして
その分、感動を味わった


素晴らしい闘いを観せてくれた選手に

本当に、おめでとう!!


日本には
まだ、侍は存在する。





町の情報ジャンクション・大橋理容室
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

我が成すことは、吾のみぞ知る。 ~ノン子の真意~

2009-03-23 23:38:55 | Weblog
『春分の日』も過ぎ
早いもので、3月もあと一週間余り‥

今朝は『春の嵐』とでも言いましょうか‥
物凄い突風が、吹き荒れておりました
みなさんも 火の元・戸締りに今一度の確認を。


こんばんは 大橋理容室です



お休みの今日は
ゆっくりと起きて、所用を済ませながら

昨年・春に購入した『麻のサンダル』
こちらに合いそうな、夏のコットン・パンツを購入

そのまま 午後の風も止んだカフェで
珈琲を飲んでマッタリしておりました


携帯ニュースに目を通していると
いろんな意味で、実に興味深い記事が

『佐賀県に、29歳の町長が誕生』

様々な意見があるかと思いますが


年寄りだからダメなわけでも
若いからダメなわけでもなく

ベテランだから良いわけでも
勢いがあるから良いわけでもないと思います。


要は『志』が在るか、保ち続けていけるかどうか
『常に、心に花を咲かしていられるか。』

自身の為のその前に
後世に続く者たちの為に、今なにをすべきか

それが、自身の為に繋がってゆくのではないでしょうか。


『意識しながら』頑張って戴きたいものです。




そのまま『深谷シネマ』さんへ向い
昨日より上映が始まった『ノン子36歳(家事手伝い)』
こちらをまたまた、観てまいりました笑

上映前にスタッフの方と談笑
深谷シネマさんの近況と、YFCの近況報告
『ノン子』の評判も上々とのこと
本日も、平日・夕方の割に入っておりましたょ。

マサは今夜で0号試写合わせ、8回目?9回目??笑


面白いのは、観るたびに新発見があったこと
それだけ やはり深い作品であったこと。


まだ来月、5月公開の全国の劇場も控えており
ネタバレはいたしませんが
以前から話しておりました『ノン子の真意』
少し、お話してみたいと思います。


昨年・春にロケのお話を頂き
台本に目を通し、イメージを膨らませておりましたが

度重なるスタッフ会議 制作との連絡

関係各所へのお願い 熱い日差しの中のロケ


メンバーと共に、招待された『0号試写』
正直、R指定ということもあり
1シーンだけでどうしても評価の対象となってしまい
それだけが常に気になっておりました

町の人に、全国のみなさんにどう受け止めてもらえるか
YFCとしての初の本格始動作品だったからだ。


でも
マサの不安はすぐに解消された

この映画の意図する深い部分
『ノン子』の前向きな姿勢と、寄居が舞台として選ばれた訳

気づいた点を、昨年10月の公開初日(ワーナー・マイカル熊谷)
舞台挨拶前の熊切監督に尋ねた


『マサさん、解りましたか笑』
監督は笑顔で応えてくれた


マサが学生時代から今日まで
ずっと『学園祭男』だったこと
寄居に戻り15年、町のイベントに携わってきた理由


たびたび日記にも書いているが
マサはイメージ先行型の人間

まず先にイメージが見えてしまい、あとはそれに合わせてゆくやり方
逆に、イメージ出来ないものは最後まで形にはならない。


時代背景と、初代故 ましてや移り住んできた両親
マサとはやってきたこと 性格も全くの真逆
ある意味、反面教師として育ち
商売の仕方や、地域との関わり


自分の家だけじゃない、商店街も
自分の持つ『ドラマの中のようなイメージ』とはほど遠く
商売を継ぐ以上、どうしても必要不可欠である地域性のリサーチ
それをもって見ても山積みの課題だった。


シャッターを降ろし、錆びれゆく商店街
若い人は都心へと、夢を追いかけ少なくなってゆき
家を継ぐ以上、嫌でもそこで暮らさなければならない

5年先、10年先を見据えたとき
どんな商店街や街に変貌してゆくのか‥
そのイメージのほうが先に見えてしまっていた。


自分はまだしも、子供たちが成長し
『毎日が月曜日のような商店街』に学校から帰る時代
そんな状態にしたくはなかった。


連携のない商店街 なんとなく仕事をして終わる毎日
『街から人がいなくなっては商売どころじゃない。』
時代も変化し、人付き合いも商売の仕方も変化しているのに
変わらないのは『中途半端に都心に近い』自身の町や環境

オリジナルが生まれにくい土地柄だからこそ
何かを仕掛けたかった。


仕事一筋の時代の両親には
マサの考えも、やっていることも全く理解されず
常に争いごとの火種になった

『自分が視ている先は、自分にしか解らない。』

そう自身を励ましながらの繰り返しの毎日
『志』を持ってはいたものの
結果を出しても、なかなか評価の対象外
形として繋がりが見えてこなければ同じこと


くすぶって、腐って‥
家族にも多大な迷惑と、悲しみを味あわせてしまう結果となった

これまでの努力と視ていたものが
少しずつ結果として表れ出したのは、独りになってのことだった。


映画の中のノン子も
くすぶって、腐って‥『どうにでもなればいい。』と

しかし、世界を夢見る青年と出会い
腐っていた自分と出会い

『でもね、まだ終わってない。』



マサが作品の中でメッセージを感じ取ったシーン

断崖絶壁の『鉢形城跡』から、ノン子とマサルが街を見渡す場面
芸能界から身を引き、田舎町でくすぶっているノン子
今はひよこ売りだが、これから世界を目指そうとしてるマサル


『こんなもん。』

『‥まだまだっすねぇ。』


それはマサがずっと抱いていた想い
制作の仕事に憧れ、夢を諦めくすぶっていた自分


継いではみたものの
昔見た『ドラマの中の活気ある商店街や街』と何処か違っていたこと


『こんなもんだから守りたいんだ。』

『こんなもんだからこそ、変えてゆきたいんだ。』


都会に憧れ、ドロップ・アウトした経験を持つマサには
ノン子の叫びが本当に理解出来、中途半端な自分や環境が
実は熊切監督の狙いだったと聞いた。


結果が表れ、考えが理解され今では両親との確執も少しづつ薄れ
同じ処を視れる仲間たちも大勢集まった

『自分や、家族や仲間たちがずっと暮らしてゆく町ならば
良い街に、楽しい街にしてゆきたい。』

そんな町を残してあげたい


ノン子からのメッセージは
今日、しっかりとまた再確認してきました。



先程 月9『VOICE』も最終回
本当に、いいエンディングでしたね

春からのスタートも
リ・スタートも

『前向き』に進んでゆきたいものです。



マサの敬愛する、龍馬先生の最も有名な言葉
『我が成すことは、吾のみぞ知る。』


パイオニアは常に孤独である
人々から理解されなくも、『志』を持って歩くべし
結果はいつしか、必ず出る
また、時代が追い付いてくる。


今のマサには、たくさんの同志がいる

そして
まだまだ、やりたいこと・やらなきゃならんことが山ほどある


業界の黒船『ヒゲ倶楽部』も

瀧澤部長率いる海援隊『青年部』も笑

そしてそして
マサの『目的』も達成しなきゃならない。



年度末に
また新たな決意を固めております


『恥ということを打ち捨てて、世の事は成るべし』
                   龍馬



まだまだ、これからじゃ。





〝町の情報ジャンクション・大橋理容室〟

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファイティング・ポーズ。

2009-03-18 11:13:12 | Weblog
今朝も暖かな空気に包まれ
日毎に、春めいてまいりました

あちこちで、野焼きによる火災のニュースも入っております
お出かけの際には、今一度の火の元確認を


おはようございます 大橋理容室です。



今朝の『埼玉新聞』の記事から

中学校から6年間、剣道部に所属し
『オタク』のイメージからは程遠い18歳

隣町の県立鷲宮高校を卒業したばかりの彼が
発起したプロジェクトチームとは‥


寄居町商工会ブログにも度々登場の、県内東部の『鷲宮町』

アニメ『らき☆すた』で、商工会青年部が『第二の秋葉原』として
地元・神社とのコラボを実現 町興しを仕掛けた。


高校に通いながら、活気づいてゆく鷲宮町が羨ましかったという彼は

トミーテックが発売した『鉄道むすめ』
(実在の鉄道会社の制服に基づき、駅名や沿線地域にちなんだネーミングのフィギュア)

こちらのキャラクターである
地元の『栗橋みなみ』を活用し、町を鉄道むすめの聖地に出来ないか?

『市町村合併』を控え、慣れ親しんだ栗橋町の名前を残したい
そんな想いもあったという。

町興しに使うグッズやイベント開催のため
企業トミーテックと東武鉄道に電話するも
『高校生じゃ話にならない。』と門前払い

その後 商工会や町に掛け合い、大人顔負けの『企画書』を作成

活性化のアイデアが豊富な企画書を見て
『これで大人が応えなければ恥ずかしい』
そう感じた町内の酒店の店主

周りの大人たちの協力の甲斐あって
企業も了承し、プロジェクトチームが発足

町の商店街の賛同者も増え
『不景気の中、生き残るには新しい試みが必要
協力できることは何でもしたい』
そうエールを送る。




『常にイメージする。』

マサは思う
自分の暮らす町がどう在るべきか

また、どう在ってほしいか。

今までは、これでやってこれた時代があっただけ

時代が変われば、その時代に生きる人(消費者や新居者)や
それを取り囲むもの(流通や新店舗・道路アクセス)も変わる。

しかし
それは単なる『言い訳』にしか過ぎない

後継者不足であったり、高齢者といった
どうにもならないことは否めないが

それならば
今後数十年、第一線で町で働く世代が
行く末を見据えて常に『仕掛け』ていかなければならない

町のイメージ統一

人の挙げ足を取ったり、バラバラなことばかりを繰り返す時代から


町の歴史を踏まえ
それに基づく観光地

それに関するキャラクターから
企業とのタイアップのお土産・物産・食
イベントや、そこにしかない景色を映像化すること


地元の人たちに浸透してゆかなければ
真の町興しには繋がらない

マサは常々、スタッフに口にするが

『田舎は田舎の風景でいい、しかし田舎者から脱却しないと』

やはり
そこに暮らす人や商売人の『感性』を磨くこと

考え方が変わらない限り
中途半端な田舎者のままだ

世界クラスの企業を受け入れるには
進化し続けなければいけない。




今夜20時からのテレ朝
『相棒 最終回二時間SP・特命』

先月、寄居町でもロケを行なった作品

僅かなシーンではあるが
また新たな寄居のロケ地として登場します。

お見逃しなく!



テレ朝さんのドラマと言えば‥
日曜日に池袋・サンシャインシティ
B1噴水広場で行なわれた、馬場さんのフリーライブ

たくさんの人が全国から駆け付け
寄居ババ・プロからも数名が『商工会ブログ』の特派員として参加

この中で、来月スタートのテレ朝ドラマ・新番組
『名探偵の掟』主演・松田翔太さん

こちらの主題歌『ファイティングポーズの詩』を
新曲として、馬場さんが担当することが発表された。

馬場さんの新たな展開に
今後も期待しております。


掟もセオリーも
時には打ち壊すことも必要

志が或るならば
想いが在るのならば

『前へ。』


18歳の頑張りに
刺激を受けない訳がない。




町の情報ジャンクション・大橋理容室
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

犯人は、お前かぁっ!!

2009-03-17 19:20:27 | Weblog
昨日・今日と、風の強い日が続きました
割と暖かかったものの

花粉と共に、黄砂も飛んできているようです
明日のお洗濯ものには気をつけてくださいね


こんばんは 大橋理容室でございます。



連休の月曜日
まったりと起きて
お部屋のお掃除から始まり

ちょっとスーパーでお買いもの笑


夜からは『商工会青年部・定例会議』に出席

新年度の体制や
今月と来月に控えたイベントの打ち合わせ等

そして
マサもメンバーの『フットサル部』始動に向け
いきなり試合が組まれた(練習してねぇし‥)


また、例年通りに
『いつの間にか‥』新しい年度が始まる

この繰り返しの中
今年は少しずつ、後輩を育てるという意味で後ろへ下がり
新しいステージに向け 
ある意味、『ヒール』の部分もあえて出してゆきたい。


真の意味で町を、商店街を活性させるのならば
『憎まれ役』も必要となる

自分たちが視据えている先に
イメージが見えている以上、やはり自分たちが変えてゆくしかない


昔からのものを続けてゆくこと・守ることも大事だが
時代に合わせた考え方や、変えてゆくことも大事。

ニーズに合わないことや、意味のないことをいつまでも続けること

時間や労力を割いて行う以上
意味のあること・ニーズに応えられるものに変えてゆかなければならない。




連休・火曜日
『休めるときに休む。』
マッタリ~と起き出して、なんか食べた。

パソコン・メールのチェックと
昨日の『仮面ライダー ディケイド』のVTRチェック笑


只今
先週の『ヒゲ倶楽部』講習と、昨夜の『定例会議』でまだ観ていない
2週分の『VOICE』を観ております

いよいよ 来週は最終回なんですね‥1月のロケが懐かしいです

寂しいような‥ でも、楽しみです。



最終回と言えば
この後 22時から放送のCX系『トライアングル』

江口さんの演技が素晴らしい
『VOICE』共々、ハマっております

ついに今夜、25年前の事件の真相が全て明らかになる



ご飯食べて、お風呂入って
『氷結』を冷やしてスタンバります笑






〝町の情報ジャンクション・大橋理容室〟

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

雨曝しの看板が錆びても忘れないよ、かつて此処で闘った男がいたことを。

2009-03-12 22:50:54 | Weblog
本日は、花粉が元気よく飛びまわっており
口の中がカラカラに乾いております‥

でも
その分、ビールが美味しく感じる木曜日


こんばんは 大橋理容室でございます。



昨日
午前中のお客様がひと段落し‥
100円・ショップにお買いものへ


すると そこへ映画・スタッフからの電話
『今、監督ロケハンで寄居に来ているんですが
お昼食べられるところありませんか?』

『ノン子の山崎屋で食べられますょ。』とマサ


かんちゃんも快く、応対してくれて
再びスタッフからの電話
『山崎屋さん、美味しかったです
脚本、一部修正になりますが、(ロケ現場候補)良い感じですょ。』

今回の作品も、実に面白い内容なので
なんとか決まるといいなぁ‥



今日は
FM NACK5、11時台のゲスト・コーナーに
馬場さんが出演

昨日リリースとなった新曲『世界中のアンサー』
こちらを引っさげ いつものゆるいトーク笑

また、甲乙つけ難いくらいの良いNewアルバムが
今から待ち遠しい



午後になり
珈琲でマッタリしていると‥
常連のお客様がご来店

マサよりも2コ下の彼は
新しい『シェイブド・ヘッド』のリピーター


薄毛から、ボーズを奨め 
1mm以下のトリマーまで段階を踏み
前回、思い切ってシェイブを奨めてみた

すると、今回も『シェイブ』でお願いしたいと。
『金太郎』のマスターに次ぐ、2人目のシェイブ獲得だ
(マスターは薄毛じゃないょ笑)


実はこちらのお客様
いろいろあって、今新たな職探しを余儀なくされている
それでも前向きに『働こう』と頑張っている

そして今日
履歴書を持参し、この後 会社を訪問するという。


いろんな話の中から
マインドの持ってゆき方であったり
『ヒゲ倶楽部』や『ヒゲStyle』でマサが提唱する精神論

同世代ということもあり
やはり、視ている先や考え方も良く似ていて
話に花が咲いた


『諦めずに、頑張り続ける大人の背中』を
どうか彼にも持ち続けてほしいと思った



当たり前のことが普通に通る世の中


一生懸命に努力してきた者が報われる世の中


日本人が本来持ち合わせているはずの『美徳』



ここで是非とも、踏ん張ってほしい
いや 踏ん張らないと。



帰り際
先日の『ヒゲ講習』でメンバーから分けてもらった
『シャイニー・バッファー』を差し上げた

ネイル講習の時に使う、いわば『爪磨き』
履歴書や、名刺を渡す際に手先を見られる


ヒゲやシェイブの『心得』同様
ビジネスマンや、大人の男のダンディズムとして
爪も磨いておきたい

いろんなことに目を向け、気を配る
そんなことの重要さをアドバイスさせて戴いた。



大人たちよ どうか、まだまだ負けないでほしい。






〝町の情報ジャンクション・大橋理容室〟

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加