おーちゃんぶろぐ。-まっすぐ歩いてる?-

人生は『ロード・ムービー』

喜び悲しみ
ひとコマひとコマ紡ぎ合わせて…
いつしか、ハッピーなエンドロールを。

自分より不幸な者を見付けては、更に叩いて満足する時代に生まれた命の行く末は?

2014-09-12 07:57:05 | Weblog
はぃ
もう週末です

お天気、少し回復
気温は上がりそうです


がんばろう!! 大橋理容室でございます



今の日本人のモラル・レベルを象徴する
こちらをネットニュースから


【全盲生徒負傷、埼玉県警が捜査開始 暴行や傷害容疑で】


JR川越駅前のコンコースで登校中だった全盲の女子生徒が
何者かに足を蹴られ負傷した事件で

生徒が通う県立特別支援学校の塙(はなわ)保己一(ほきいち)学園は10日朝
全校生徒らに事情を説明して注意を呼びかけるとともに、登下校時の駅に教職員を配置した。

川越署は暴行や傷害の容疑で捜査を始めた。


学園によると、女子生徒は8日午前7時50分ごろ

白い杖を頼りに点字ブロックの上を歩いていた際
正面から歩いてきた人が杖にぶつかって転倒。

その人物に右ひざの裏を蹴られたとみられる。


医療機関から約3週間のけがと言われたといい
女子生徒は痛みで実習授業を受けるのも困難な状態という。


学園は10日朝、幼稚部~高等部のホームルームの時間に、各担任が事件の概要を説明。

「怖い目に遭ったら、大声を出して周囲に助けを求めて」などと話した。

9日からは、校長ら複数の教職員が
スクールバスのバス停と駅構内の間で、登下校する生徒らに付き添っている。


学園側から相談を受けた川越署は
コンコース内の店舗や通勤客らに聞き込み捜査を始め、防犯カメラの映像を調べている。

10日朝には目撃情報を求める看板を改札口近くに立てた。

当面の間、制服姿の署員が付近を警戒するという。


女子生徒は9日の取材で

「怖かった。蹴った人は私とわかっても、私には誰かわからない。
今も駅に行けば、その人が居るのでは、と緊張してしまう」と話している。


(10日 朝日新聞デジタル)



もちろん、一部であるが

あまりにも
この手の報道が増えたので

本当に、嫌になる


大人も余裕の無い時代

経済的にだけではなく
心も貧しくなってしまった現代人



これまで唯一、諸外国との違いであった
格差と精神性の国民文化も

今となっては崩壊寸前に


早く、この国に
「日本人」を取り戻してほしいと願う。




がんばろう 終末






☆町の情報ジャンクション・大橋理容室☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加