高谷オカリナの里発2

栃木県佐野市白岩町高谷(たかがい)にある、「高谷オカリナの里」の管理人(自称)のブログです。

定期演奏会(8月12日) そばの種まき完了

2007-08-13 18:53:43 | 定期演奏会

今回の第3回定期演奏会は、「オカリナデュオ響」と「田沼の伝説のブルースマン・M田」さんが、
ホスト役として開催されました。
「オカリナデュオ響」は、8月26日(日)13:00~足利市山辺公民館で行われる
「4WaysコンサートVol.16」のゲスト参加のリハーサルと、
9月12日(水)13:30~栃木市の特別養護老人ホームで行われる
「オカリナコンサート」の練習をかねての参加です。
伝説のブルースマンさんは、「日経大人のバンド大賞」の応募用の
DVDとCD収録をかねた参加になります。 
自分は両者とも、演奏に絡んでいるので、
本日のサブ(メイン?)イベントの「流しそうめん」のつゆを買って10:30「里」に到着しました。
さすがにまだ誰も来ていなかったので、会場作りの準備をしていると、
長ーい竹を担いでオーナーが登場。
その竹は当然、「流しそーめん」に使うために、オーナー宅の裏の竹林から切ってきたものです。
話を聞けば「早朝に畑にそばの種をまいたので、それから食事をしてシャワーを浴びて、
一休みしてから竹を切ってきた」との事。
いつもながらに、オーナーの行動力には頭が下がります。
そうしているうちに、ブルースマンMさん、会員のY君、4WaysのIさん、オカリナ初心者のW君・K君、
2代目風工房Tさん、小山市のKさん夫妻、カウボーイYさん、響さん、次々に到着。
先日(8/10)NHKFMで放送された、
Aさん+「高谷オカリナの里」の会員3名による「ミニコンサート」のテープを聴きながら、
「流しそーめん」・「焼き鳥」・「定期演奏会」の準備にとりかかりました。
Nec_0014_1写真は、竹を割っているオーナーと
焼き鳥・ビールをもってくつろいでいるMさん。
何しろ、一番最初に準備できたのが「焼き鳥」なので、
味見していると他の準備の手が鈍ってしまいます。
結局準備完了しないうちに、
開始時刻13:00になってしまったので、
とりあえず演奏会スタートさせました。
最初は「オカリナデュオ響」+Iさん、
合間に各自の個人演奏を入れながら、
演奏会は進行していきました。
14:00を過ぎたあたりで、メインイベント「流しそーめん」スタート、これは食べるのもよいのですが、
どちらかと言うと流す係のほうが人気があったみたいです。
近くの小川から、「茗荷」を採ってきて、刻んで薬味にして、格別な流しそーめんとなりました。
残った茗荷は味噌和えにして、発泡酒の友としておいしく頂きました。
 第2部も「オカリナデュオ響」からスタート、ブルースマンMさんはというとカウボーイYさんと、ニューフェイスのW君、K君をバックバンドとして、サブステージで「毛バリをまいて」、「三床山ブルース」を熱演(なんだか、昔のフォークジャンボリーのメインステージ・サブステージみたいで聞こえはよいのですが実態は・・・・・)
 途中でカキ氷タイムを入れながら定期演奏会は続いていくのでした。
 自分も、ちょこっと呑み過ぎたみたいなので、その日は「里」に宿泊しました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雷雨 | トップ | カキ氷とキツネの嫁入り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL