高谷オカリナの里発2

栃木県佐野市白岩町高谷(たかがい)にある、「高谷オカリナの里」の管理人(自称)のブログです。

'10.11.14 「こんにゃく作り」体験教室

2010-11-14 23:58:01 | 定期演奏会

10:00「高谷オカリナの里」に到着する。Cimg4223
今日は、「こんにゃく作り体験」が行われる事になっている。
オーナー、東二さん、西田さんが来ていた。
本日の主役は、11月3日「蓬山秋祭り」で、
東二さんが購入した「こんにゃく芋」は4Kg。
これでかなりの量のこんにゃくが出来るらしい・・・
早速、店で聞いてきたやり方で、「こんにゃく作り」を開始する。
まずは、こんにゃく芋をたわしで水洗いする。

Cimg4227

Cimg4229

 

 

 

 


適当な大きさに切りとって(今回は皮をむき)、
おろしがねで水を張ったバケツの中にすりおろす。

Cimg4230_2

Cimg4231_2

 

 

 

 


ここでのポイントは、おろしがねを水に浸けながらおろしていく事らしい。
今回は、この黄色いバケツ2個にすりおろした。
素手ですりおろしていくと、痒くなってしまうので
手袋をするのがお勧めらしいのだが、それほどでもなかった。
後は、すりおろしたこんにゃく芋が沈殿するのを待つ。

Cimg4233

Cimg4235

 

 

 

 


最近は、里の周辺でも紅葉が始まっています。

Cimg4236

Cimg4238

 

 


 

 

沈澱するまでの時間を利用して、オーナーはそばの実を天日干し・・・

Cimg4240

Cimg4241

 

 

 

 


東二さんが釣って来たニジマスを、燻製にしていたのを見に行く。

Cimg4246

Cimg4247

 

 

 

 


もちろん、見るだけではなく味見もしっかりする。
冷凍しなかったせいもあるのだろうか、良い塩梅の塩加減で身離れも良い。

Cimg4248

Cimg4249

 

 

 

 


思わず「缶ビール」が、呑みたくなったのは自分だけではないだろう・・・
オーナーの奥さんの話だと、すりおろしたこんにゃく芋は、
本来は一昼夜沈殿させると言う事だったのだが、約2時間で切り上げる。
上澄みの水を捨てると沈澱したこんにゃく芋が見えてくる。

Cimg4251

Cimg4259

 

 

 

 


そこに、ぬるま湯で解いたソーダをこんにゃく芋に、かき回しながら小分けに入れる。
これは、こんにゃく芋のあく抜きの工程になるらしい。
ちなみに、このかき回している棒は?
オーナー宅から切り取って来た、山椒の枝(幹?)でした。

Cimg4256

Cimg4253

 

 

 

 


なべに水を張りお湯を沸かし、こんにゃくをゆでる準備をする。

Cimg4258

Cimg4261

 

 

 

 


沸騰したところで、すりおろしあく抜きをしたこんにゃく芋をお玉ですくって投入する。

Cimg4263

Cimg4264

 

 

 

 


茹であげて行くと、どんどんあくが出てくる。
だいたい30分から40分くらい茹であげた所で、こんにゃく玉を取り出して水で冷やす。Cimg4266 Cimg4279

 

 

 

 

16:30 とりあえず、これで「手造りこんにゃく」完成!!
味見などはできなかったのですが、
意外とアバウトな作り方でもこんにゃくが出来るのだと言う事が解りました。
今回のこんにゃく作りをレシピにしようと思っていたのですが、
調理のポイントが全然解っていないので、今回はご勘弁を・・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« '10.11.13 とちぎ秋まつり | トップ | オーナー宅の銅鍋について・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL