高谷オカリナの里発2

栃木県佐野市白岩町高谷(たかがい)にある、「高谷オカリナの里」の管理人(自称)のブログです。

'08.07.20 「ぎゃらりぃ萌」での講演会でオカリナ演奏

2008-07-21 00:02:19 | その他のイベント

上三川町の「ぎゃらりぃ萌」に行ってきた。
東アジア文化フォーラム 日韓の視点から  と言う講演会に参加するためだ。
と言っても、講演会を聞くのがメインではなく、
講演の合間にオカリナミニコンサートをやる事になったからだ。
演奏するのは「オカリナデュオ響」、今年初めての演奏依頼だ。
まずは、会場の「ぎゃらりぃ萌」の紹介。
築400年の歴史がある古民家の納屋を改装した画廊で、
メインの通りからしばらく入った、田んぼの中にあります(詳細はチラシ参照)。

Cimg0726

 

 

 

 


これが、「ぎゃらりぃ萌」の入口。写真に写っている建物は住居ではなくて、ただの門だ。

Cimg0727

Cimg0728

 

 

 

 


門をくぐり中を覗くと「ぎゃらりぃ萌」がある。
と言っても展示場所はこの建物の手前1/3を改装したところだ。
白い壁に間接照明、なかなか感じの良いスペースだ。

Cimg0755

Cimg0730

 

 

 

 


以前は馬小屋に使われていたのだろう、立派な梁に圧倒される。
展示されていたのは、益子焼の成井恒雄さんの作品だ。

Cimg0733

Cimg0732

 

 

 

 


講演会場は、展示場(元・馬小屋)の脇の土間、
炎天下の表とは違い、風が抜けなかなか快適だ。
自分は早速持参のPAをセットをする。
これは講演会準備中の余先生。
14:00 講演会スタート。
第1部は韓国・全南大学校日語日文学科兼任教授の余淳宗(ヨ・スォンジョン)先生。

Cimg0734

Cimg0735

 

 

 

 


日本、韓国、中国の文化の違いを、言語・文字・庭園・茶道・等の観点から、
スライドやビデオを使って考察する。
各国の歴史的背景の解説なども含め興味深くきかせていただいた。
講演後、質疑応答があり数名の方から質問がある。

Cimg0737

Cimg0751

 

 

 

 


これは質疑応答中のスナップ。
左から、仏語研究者の池田先生・トマトの重田さん・杣人の山川さん・
shino企画の篠崎さん、そうそうたるメンバーだ!
その後、休憩時間を利用して「オカリナデュオ響」のミニコンサート。
今回の演奏は、「翼をください」「埴生の宿」「見上げてごらん夜の星を」の3曲。
第2部は、英仏語翻訳家の高橋一徳さんの講演。
文字の無かった日本に漢字が伝来してから、万葉仮名に至までの考察から、
文明開化の時代を切口にして、福沢諭吉の事例をメインに、
欧米語の翻訳(解釈)と造語に関する講演だった。
高橋さんが用意してきたレジュメをもとにした講義だったのだが、
このレジュメが優れもの、講義のポイントが全て網羅されているので、感心してしまった。

Cimg0752

Cimg0758

 

 

 

 


ちなみに、今回のレジュメ見たい方は、ここをクリック!!
高橋さんの講演終了後、お茶会が開かれた。
今回の講演会、参加者は少なかったものの、
講演後の質疑応答・意見交換が活発に行われた事もあり、
なかなか良い会に参加させていただいたと思った。
ところで、「オカリナデュオ響」は、今回のオファーをもらってから当日まで、
スケジュールの調整が付かず、ミーティング・練習が一切出来なくて
当日も現地集合で選曲打合せだけで、リハーサルも無しという荒業!
講演に来ていただいた人達や、余先生・高橋さんに失礼は無かったかちょいと心配だ・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« '08.07.19 第15回 蓬莱荘納涼祭 | トップ | '08.07.21 お茶の水楽器屋巡... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
マーチャンさんこんにちは。当日ブログのことをお... (unevertu)
2008-07-30 02:35:10
マーチャンさんこんにちは。当日ブログのことをお聞かせいただいたのに、この間仕事に忙殺されておりまして、今日になってはじめて拝見させていただきました。いろいろなページも拝見しまして、とても興味深かったです。文章に味がありますねぇ。これからもよろしくお願いします。unevertu@shinoさん悪党連.宇都宮支部.comでした(^_^)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL