興味津々丸 階XII

好奇心旺盛でいろんな事に興味津々そんな話を日々綴っています。

パソコン冷却クーラー

2009-06-28 17:09:55 | 私事
<№676>

パソコンを長時間使っていると、熱くなるんです。だいぶ前からになりますが、うなるようになっていたんです。生活空間もかなり暑くなったので、前から欲しいと思っていたパソコン冷却板を仙台駅東口のヨドバシカメラまで買いに行ってきました。





¥7980  全額ヨドバシのポイントで買いました。
早速、パソコンの下に敷いて、スイッチON、あ~ら不思議!うなる音がなくなりました。熱のせいだったんですね。これで静かなパソコンに向かう事ができます。
この時期暑いのは、人間だけじゃないんですね。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米沢ラーメン

2009-06-28 14:39:01 | グルメ
6月26日から藤崎7階の催事場で開催されている「山形物産と観光展」へ午前中行って、イートインコーナーの「米沢ラーメン」を食べてきました。



米沢の山大前のやまとやというラーメン屋さんです。
今日は日曜日なので、お昼頃になるとイートインコーナーはたぶん行列ができると予想されるので、今朝は朝飯を食わないで、午前10時半頃に、朝飯代わりに「米沢ラーメン」を食うつもりで出かけました。思った通りまだ混雑する前でした。

昔、米沢でよく食べました。米沢人は、しょっぱ感なので、地元米沢のラーメンはしょっぱいんです。やはり少々しょっぱい感じでした。なつかしい味でした。これがうまいんだなぁ~。朝飯を食わずに来たので、量的に物足りませんでした。いやそれだけではないなぁ~。確実に量が少ない!

「やまとや」はボリュームが「売り」なはず、米沢のお店で食べたときは、もっとボリュームがありました。チラシに掲載されている写真も小生が食べたものよりはるかにボリュームがあります。小生がUPした写真と比べてみてください。見るからに少ないですよね。これでいいのかなぁ~。「物産展」ってこういうもんなの?
藤崎で開催する「○○物産と観光展」のイートインでは必ずといっていいほど食べるんですが、こういう極端な経験は初めてです。

旨かったんで、まあ、いいか!

6月30日(火)追加投稿
今回の「山形物産と観光展」の米沢ラーメンを食べた人のブログを見てみました。
チラシに載っている写真ほどではありませんが、そこそこボリュームが感じられました。小生の「ラーメン」はたまたま…。そんなのあり!悔しいのでついここまで…。失礼いたしました!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白いたい焼き「尾長屋」次々オープン!

2009-06-28 14:00:19 | グルメ
<№674>

九州発祥の白いたい焼き「尾長屋」のフランチャイズ店が仙台市内に、4店目がオープン!

材料にタピオカでんぷん粉を使用し、白い皮とモチモチとした食感が特徴のたい焼きです。

今年4月にオープンした泉区市名坂の「仙台免許センター前店」は小生のブログで先日取り上げましたが、6月には行って、続けて3店オープンしました。17日に「国分町店」(青葉区)、「仙台中倉店」(若林区)。

23日には「黒松店」(泉区)がオープン。



黒松店のメニューは、北海道産の無添加小豆を使用した「黒あん」「白あん」「カスタード」(各130円)、「チョコ」(140円)、1日限定50個の「抹茶」(140円)を用意。7月からは、季節限定メニュー「冷やしたいやき」(マンゴーチーズ・ストロベリーチーズ・ブルーベリーチーズ、各160円)も販売するとか?

もともと「冷やしてもおいしい」という皮の特性があるんです。「冷やしたい焼き」(チーズ味)、好奇心旺盛な「興味津々丸」としては、食べてみないわけには行きません。もちろん食べるなら「マンゴーチーズ」でしょう。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サヴァン症候群

2009-06-28 08:06:01 | 雑学
<№674>
サヴァン症候群~自閉症や知的障害の人が特定の才能を持つこと。

さて、3月18日(水)よる8:00~9:54まで遡ります。
「相棒7」最終回2時間スペシャル第19話「特命」

右京のところに、ある山奥の村の女性から一通の手紙が送られてきた。殺人事件を暗示するような絵が添えられてあった。特命係に新しい相棒として配属されることになった神戸尊と捜査することになる。知的障害の青年が描いた絵の真相に迫る事で、事件は解決へと導かれていく。目に焼きついたままをまるで写真のように描いたものであった。この青年が持つ特定の才能、いわゆるサヴァン症候群である。

もう一度繰り返します。サヴァン症候群とは、知的障害や自閉症などがある人で、音楽・芸術・記憶力等ある特定分野で普通の人が及びもしない才能を発揮する症状を言います。

日本では49歳で亡くなられた「放浪の天才画家」山下 清さんがサヴァン症候群と言われております。「はだかの大将」というドラマがシリーズ化されていましたので「おにぎり 食べたいんだな!」というせりふを話す、山下清画伯をご存知の方は多いと思います。

このような超天才がなぜ知的障害や自閉症の人から出るのか、非常に興味を惹かれます。

サヴァン症候群は自閉症の10人に1人、知的障害者の2000人に1人の割合で出現するといわれているようです。自閉症の人は、○具体的なことを良く理解して記憶する、○視覚的な認識・記憶力が良い、○決まったパターンの繰り返しに強い、○好きなことへの集中力があるなどの特長があるようです。

サヴァン症候群は、「数学的サヴァン」と「音楽的サヴァン」に大きく分けられるんだそうです。

<数学的サヴァン>
数学的サヴァンの最も有名な能力はカレンダー計算だそうです。

1億年後の○月×日は何曜日か?という問いに、瞬時にその曜日を言い当てるそうです。直感によって答えているわけではなく、カレンダーの日付と、曜日の法則性を瞬時に見出し、その法則を当てはめているということらしいです。

また、一度見ただけの建築物を寸分たがわない比率で描写することが出来る能力も確認されているそうです。これもやはり、建築物の縦横の長さや窓の大きさなどから法則性を見つけ出し絵を描く際に役立てているということのようです。

相棒のドラマの中では、この特定能力をフューチャーしたものです。このとき「サヴァン症候群」に興味がわきました。

現在では、研究が進み、いろんなサヴァンの実例が確認されているようです。想像をはるかに超えた能力です。人間の脳にはまだまだ未知な部分があるようです。

これ以外にも「超」の付く現象、能力がたくさん存在します。小生はこういう話にものすごく興味があります。またいつか機会があったらお話したいと思います。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JAMIN

2009-06-27 07:22:05 | グルメ
<№673>

きのう「みやぎ生協市名坂店」に買い物に行ったとき、近くの「すずらん通り」の
「JAMIN」に立ち寄って、ディナーの後のデザートにケーキを買いました。



店頭にこんな看板がありました。


JAMIN 今月のオススメ 「クレームキャラメル」 ¥245
フランス語で「プリン」のこと。見た目は普通のプリンだけど…
生クリームの入ったまろやかプリンと隠し味のレモンがほんのりきいた
夏むけプリン
一度食べてみて下さい。

夕方なので、売り切れでした。JAMINのオススメや人気商品は、午前中でないと買えないことが多いようです。以前もそんなことがありました。気を取り直して、ショーケースの中から選びました。

厚切りロール


ズンブラン(ずんだモンブラン)


さくらんぼのタルト


フルーツパフェ


バナナキャラメル


この中で小生が食べたのは、もちろん、「バナナキャラメル」です。
ズンブランとさくらんぼのタルトも一口食べて味を見ました。
「ズンブラン」は潰した枝豆を食べている感じかな!
「さくらんぼのタルト」は甘酸っぱ~い「パッションフルーツ」という感じ!
丸ごと食べた「バナナキャラメル」は間違いなく旨かったです。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加