興味津々丸 階XI

好奇心旺盛でいろんな事に興味津々そんな話を日々綴っています。

そばの実スムージー

2017-07-06 07:56:38 | 健康

6月の下旬頃、NHKのあさイチで紹介された「そばの実スムージー」を試してみようかと、数日前より試行錯誤をしながら一日1杯、朝に飲み始めました。

朝がいいんだそうです。

朝一番に飲んだり食べたりするものが最も効率よく吸収され効果が大なんだそうです。

 

 

~スーパーフード・そばの実~

海外のスーパーモデルやロシアのボリショイバレー団のバレリーナたちなど、美女たちはこぞって「そばの実」を食べているそうなんです。

 

気になる効果・効能は?

そばの実には、ダイエットに必要な食物繊維やビタミンB2が含まれている上に”レジスタントプロテイン”という脂肪の吸収を抑える希少なたんぱく質が含まれています。

 

レジスタントプロテインとは、日本語で消化されにくいたんぱく質という意味です。

体内の消化酵素で分解されにくくタンパク質でありながら食物繊維の生理機能を示す食品成分です。

消化抵抗性が血中コレステロールの低下に関係あることが発見されました。


レジスタントプロテインの特徴は「油をガッチリ捕まえること」

さらにレジスタントプロテインは消化されにくい為、そのまま小腸へ運ばれます。

そこで、コレステロールなど食品の脂質や食べた油を捕らえ消化吸収されることなく体外まで排出してくれるんだそうです。

また、便中の脂質の割合が増えることで柔らかく、出やすい便となり便秘が改善すると考えられます。

 

 

 

材料と作り方を紹介します。 

材料:1人前

そばの実         20g

水           200ml

アーモンドミルク    200ml

はちみつ         適量

 

作り方

1.鍋に、そばの実と水を入れ、強火にかける 。

 沸騰したら、弱火にかけ15分間ゆでる。

 ゆでたそばの実は、粗熱をとっておく。

 ※焦げないように、時々かきまぜる。

  水が少ないようであれば、足す。

 ※ゆであがりに水が残っているようであれば、

  ざるにあげ、水けを切る。

2.ミキサーに、1.のそばの実とアーモンドミルク、

 はちみつを入れ、なめらかになるまでかくはんする。

 

 

 

アーモンドミルクの効果効能

カロリーが低くてコレステロールが含まれていない。

ビタミンEがごまの約310倍も含まれている。

アーモンドの栄養成分がダイエットにとても効果的。

代表的な4つの栄養成分とその効果

  • ビタミンE・・・強い抗酸化力とアンチエイジング効果
  • ビタミンB2・・・脂肪燃焼を促進
  • オレイン酸・・・悪玉コレステロールを減らし、皮下脂肪になりにくい
  • 食物繊維・・・ごぼうの約2倍含まれており、腸内環境を整え余分な脂肪を排出する

その他にもビタミン・ミネラル・鉄分他が豊富に含まれているスーパーフードです
アーモンドには脂肪の分解や吸収を抑える働きもあります。


豆乳が苦手な方でも気にせずに飲める味です。

牛乳や豆乳よりは価格がちょっと高めですが、サプリメントなどに費用をかけるなら「アーモンドミルク」で試してみるのもよいと思います。

「アーモンドミルク」を飲んでいるからといって、高カロリーな食事をとってしまうと効果が薄れてしまうので、食事の内容も少しだけ気をつけましょう。

 

そばの実やアーモンドミルクのレシピがたくさんあります。

NHKあさイチで紹介されたのは、

ぷりぷりそばとろ

そばの実のトマトファルシ

そばの実おこげの夏野菜あん

ウェブで検索してみてください。

 

 

<きのうの晩ごはん>

          焼きビーフン

          厚揚げ煮

          生きゅうり

          生みそおにぎり

      山形県のソールフードです。

  小腹がすいた時、おやつなどによく食べます。

          こんにゃくで作ったかぼちゃ

    上山市楢下宿 丹野こんにゃく 野菜シリーズ かぼちゃ

          お裾分けでいただいたものです。

            可もなく不可もなく

 

 

        

  ブログランキングに参加しています。    

   ← 一日一回クリック応援お願いしま

ジャンル:
健康食品・飲料
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レトルトカレー | トップ | かにあんかけ炒飯 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

健康」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。