四季の風景

横浜近郊の風景や鎌倉~江の島へ時には神奈川県内のあちらこちらへ写真を撮り歩いている「たろう」のフォト日記です。

・ 飛鳥Ⅱ就航25周年記念出港セレモニー

2016年10月29日 | イベント

2016年10月25日 日本最大の豪華客船「飛鳥Ⅱ」の就航25周年記念セレモニーが行われた

「飛鳥Ⅱ」が、初代就航から25周年を記念したクルーズに、横浜港大桟橋国際客船ターミナルから

出港するのを祝い「アニバーサリークルーズ出港セレモニー」が催された

上の写真は大桟橋赤レンガ側で出港を待つ飛鳥Ⅱで、象の鼻パークより撮ったのだが

快晴を期待したが曇り空で残念だなぁ~

 

10:30より運行会社の郵船クルーズや船長へ花束贈呈され

ここ母港の横浜港に25年間で781回帰港したとの話だった

 

観衆が見守る中で、マーチングパーカッション「鼓和ーkore」による

歓送演奏が始まった

 

大桟橋に響き渡る程の大音響で、乗客もビックリ~見入っている

 

数多くのテープが投げられ、飛び交い、風に舞っている

 

テープを握り締めて、「お元気でね~」と大きく手を振っている

感激が最高潮となる

 

出港の11時となり、大きく2度3度汽笛が鳴らされてゆっくりと

離れ出し、そしてバルーンがリリースされ舞い上がった

 

デッキに集まった乗客は皆んな一斉に手を振っている

「 お元気でね~ 便りを頂戴ね~ 」

 

飛鳥Ⅱはゆっくりと大桟橋を離れ

「行ってきま~す」 「行ってらっしゃい~」と大きな声が聞こえる

 

感激! 感激! 飛鳥Ⅱに向かって大きく両手を挙げている方がいる

別れの時が最高潮に達する、 カメラのファインダーから眺めながらも

感激のためか自然と涙腺がゆるみ、こみ上げてくるものを感じる

 

大桟橋の人達も動き出した飛鳥Ⅱに向かって大きく手を振っている

 

大桟橋の先端まで追っかけて行って飛鳥Ⅱを見送る

 

ゆっくりと港内を進む飛鳥Ⅱは4台の船に見送られていた

 

ベイブリッジの手前では放水の大きな祝福を受けている

 

大桟橋にはいつまでも見送っている人達がいた

 

お天気が悪く、空や海の白さに溶け込んでしまって

ゆっくりと進む豪華客船も次第に見えなくなってしまった

 

今回は飛鳥Ⅱの生まれ故郷の長崎へ

4泊5日のクルーズだそうだ

 

2016、10、25 撮影 横浜港大桟橋にて

 

 

 

 

 

 

『神奈川県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ・ 野毛柳通り流し芸 201... | トップ | ・ 湘南台ファンタジア 20... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

イベント」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。