四季の風景

横浜近郊の風景や鎌倉~江の島へ時には神奈川県内のあちらこちらへ写真を撮り歩いている「たろう」のフォト日記です。

・ 本土寺 あじさい・しょうぶ見て来ました 2017

2017年06月18日 | 

2017年6月17日(土) 快晴の今日、本土寺のあじさいや花しょうぶを見て来ました

千葉県松戸市にある本土寺は「あじさい寺」や「しょうぶ寺」とも言われ、

境内にあじさい1万株、花しょうぶ5000株が咲き誇る

時期があえば、両方の見頃を味わう事が出来ると知って、その時期を考えていたが

朝から快晴の今日、意を決して早朝に出掛けた

常磐線の北小金駅の改札口では、それらしい人達で溢れていた

参道を通り、仁王門に着くと、既に参拝者でいっぱいだったが

受付では列に並んで、すんなり入ることが出来た

 

先に参拝しようと本堂へ・・・階段脇にはあじさいが見頃だ

この様子では、今日はちょうど良い時期に来たかも知れないなぁ~

 

本土寺は日蓮宗の本山で、東京池上の本門寺、鎌倉の妙本寺と共に

三長三本と称されているそうだ

 

そうだ~そうだ~ 先に五重塔を見て行こう

階段の両脇のあじさいは満開で、階段を上がり切った所もあじさいがあった

 

順路に従って入って行き、開山堂をバックにあじさいを撮る

 

通りには沢山のあじさいが咲いているが、日差しの強い今日は

日向と日陰のコントラストの強い所は撮り難い

妙朗堂への道にもあじさいがいっぱいだった

 

しょうぶ田を見下ろすと手前の半分は良く咲いているようだ

この道の両側にもあじさいが咲いているが、お天気続きで

少し元気が無さそうだ

 

しょうぶ田の外にあるあじさい越しに眺める

 

中央に木道があって、近くからしょうぶを見れそうだ

 

木道も人でいっぱいで、狭い所で撮影をする

しょうぶ田の半分程は花数が少なく、手入れも良くなかった

 

木道の中央に円形の広い場所に椅子があって、順番で記念撮影中だ

気温が上がって来たようで、大変暑くなってきた

見渡すと日陰の所に多くの人が居て、しょうぶを楽しんでいるようだ

 

池のある通りに白系が咲いていた

少し入り込んだ所にもあじさいが咲いているが、明暗があったり

ばらばらに植えられていて撮影が難しい

 

ここは像師堂の前だったと記憶しているが・・・

 

所々で休憩もしながら、一回りしてしてきた

雨が降らない為かあじさいは全体に元気がないようだ

 

五重塔の上に白い雲が浮かんでいた

手前のあじさいを入れて撮ってみた

 

お昼近くになる頃には、本堂前の広場は

グループの団体さんで大変混んでいた

今日は土曜日で混雑すると思っていたが

早目にやって来て良かった

 

2017、6、17 本土寺にて

 

 

 

 

 

 

『千葉県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ・ 正覚寺 花しょうぶ・あじ... | トップ | ・ 水元公園 菖蒲まつり 2... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。