おじさん山伏です

修験道の修行から見た心の散歩です。
アイヌのアシリ・レラさんからの命名です。
「キムン・マタギ」になりました。

保江先生の連鎖調和の講演会 その2

2013-10-16 | 冠光寺眞法
10月14日 夕方6時40分から
新宿文化センタ-で保江先生の出版記念講演会でした。
会場はほぼ満員。
司会は、ホロトロピック事務局の山崎さん。
山崎さんは、今回の本の編集に携わったそうです。
「予定調和から連鎖調和へ」のお話です。
YouTubeで1週間ほどすれば放映されると思います。
スピリチュアルTVです。
  

「連鎖調和」とうい言葉は、保江先生の造語で気に入っておられるそうです。

今回の講演会は、少し趣を変えて質問にお答えする形でした。
参加者の大部分は、この本を読んでおられることを考慮されました。



連鎖調和とは、2012.12.20から世界が変化して行くことで
先生の周りに次から次にいろいろなことが起こっていることです。

土曜日から本日(月曜日祝日)までにあった出来事を話されました。
特に印象に残ったことは、日曜日のことです。

・伯家神道のことで京都に行くこと。
・迫先生のお祝いの会があり
 てっきり岡山であると思ったら京都でしたので
 出席ができたこと。
・迫先生の会で七沢さんにお会いしたこと。
・前立腺の友の糀の山本さんの話。
・その日の夕方から神戸道場へ。
・最終の新幹線で岡山へ。
・月曜日の朝早く、以前の女医さんからお会いしたいとの電話。 
 もし、神戸に宿泊していたら当日東京だったので会えなかったこと。
・お昼に岡山のいつものホテルで昼食
・終わって東京へ。



誰かとどこかで会うことで新しい世界が開けてくるようです。

幾つかの質問の回答から
・ポピ-族のシャ-マンがこの秋に
 淡路島から剣山に登る計画をしていました。
 今のアメリカの状況では、居留地のネイティブ・アメリカンの
 生活費が払われないので困窮した状況のために中止になったとか。
・奇跡のリンゴの木村さんは、UFOで奇跡を得たのではと。
 その木村さんから保江先生に土曜日、電話が掛かってきたと。
 ピラミッドの王の間のもうひとつの話だったとか。
・糀の山本さんの話
 前立腺ガンが糀の飲みもので治ってしまった話。
 「前立腺の友」 霧島高原ビ-ル(株)
・リ-マン空間の質問に背広の切れ目で
 分かり易く説明されました。
   

・先生に踊りを踊って欲しいとの希望。
 舞の字のいわれから上は神殿で下は巫女さんが神様に捧げている姿。
 無は、巫女さんが祈っている姿を現している。
・一般に神様の前に願い事をして祈りますが、
 それは祈りではなく自分の願望であって祈りではないと。

僕は、先日の吉野聖天尊に油を注ぐとき
無になってただただ油を注ぎました。
翌日、京都の町を歩いて至福感の不思議な感じでした。

今、神社やお寺では心を静めて手を合わせるだけです。


・無住心会の近藤孝洋先生の話が出ました。
 近藤先生の真剣に素手で立ち向かうとき
 無心になれば神様が刀を除けてくれるとの話。
 でも誰も試したことはないとのこと。

質問だけで終わりそうになったので
最後に、連鎖調和で起こったこと。

ハワイでUFOを呼んで下さる方の奥様の話。
実際にUFOに遭遇したそうです。
ハワイの話は、来年早々に本を出版されます。

その奥様は、予知夢が良く当たるそうです。
寡黙の方で、余り話をしません。
画家だそうです。

先生の話。
福島原発の話で何かおかしい。
タンクから漏れた放射線の量と
側溝から流れる水の放射線の量に違いが有りすぎないか。

皆さんも数値を記録して状況を良く見た方が良いとのアドバイス。

2ヶ月に一度、吉野に法螺貝の稽古に行きます。
大阪と岡山は新幹線で1時間程度なので
岡山道場に行ってみようかなと思っていました。
大学の友人が岡山なのでちょっと顔を見にと。
講演会の前ですが、何となく西の方に向かっているように
思えてきます。

そしたらこの話。
仕事も横浜から関西に行動範囲が広がりそうな雰囲気。
ちらっと京都の話。

でも全てが、わくわくして来ます。

この3月にホロトロピックワ-ルドに出席しなかったら
保江先生とは会わなかったかも知れません。

この本の中で、先生は若くなって行くことが書かれています。

実は、僕も講演会の日に1ヶ月ぶりに
知人のところに訪問しました。
「お兄さん、若くなったね。どうしたの?」と。

あれ、保江先生と同じだ! とうれしかった。

ありがとうございました。

10月16日 串田さんの地震予報の修正はありません。
くるぞ-君も近畿地方の大きな地震の前兆はありません。

今日は、朝から台風で風と雨。
10年に一度の強い台風です。気をつけましょう。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 保江先生の講演会の話 その1 | トップ | 台風ウイバ- 一過の青空 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。