おじさん山伏です

修験道の修行から見た心の散歩です。
アイヌのアシリ・レラさんからの命名です。
「キムン・マタギ」になりました。

葛原岡・大仏ハイキングコ-スを歩きました。

2017-05-16 | 山伏修行

5/5日子供の日に葛原岡・大仏のハイキングコ-スを歩きました。

大仏の少し先のトンネルの左の階段を登ります。

今日は、親子ずれの子供たちに多く逢いました。

 

大仏殿は素通りです。

でもいつも沢山の人で賑わっています。

道端に咲いている小さな花ですが、一所懸命ですね。

見ていると心が安らぎます。

 

 

 

この先のトンネルの左の階段を登ります。

鎌倉の岡は、最初の取っつきが急勾配ですが、尾根はなだらかです。

 

 

 

長谷駅から源氏山まで約3km弱ですからハイキングに

丁度、良い距離です。

尾根道は、このような感じです。

 

 

途中に山の斜面を利用した素敵なカフェがあります。

今日は素通りです。

 

 

上り坂ですが、木製の階段があり楽ちん

 

葛原岡から来ると左に折れて下の町に出ます。

 

 

 

 

 住宅街に出ました。

鎌倉の海が見えます。ここに来るとほっとします。

鎌倉時代にはどうだったのでしょうね。

 

ありがとうございました。

清水義久さんのセミナ-から。

「秘伝」引き寄せの法則」の中で紹介されていた書籍が来ました。

シ-クレット 日々の教え ロンダ・バ-ン著です。

この本は、1日1善ではないですが、1日1ペ-ジで

365日の言葉が載っています。

清水義久さんが推薦するように引き寄せを起こすポイントが書かれています。

その日の気持ちで受け取り方が変わってきます。

第8日

人生ががらりと変えるパワ-をお持つ言葉があります。それを口にした

瞬間、この上ない喜びと幸せがもたらされるのです。(中略)

あなたに幸福や夢のような人生をもたらせてくれるのはたった一言です。

その言葉は・・・・

「ありがとう」です。

 

この言葉を読んでいて二人のお婆さんを思い出しました。

一人は、畑田天眞如さんです。

天眞如さんが言われる「ありがとう」の言葉は、

いつも心の底からの声です。

天眞如さんは、若い時に鞍馬山で魔王さんから生きる力をもらい

いろいろな人の邪気を見透す力のある人です。

もう一人は、97才で亡くなった僕の母です。

死ぬ5年位前から医者にもかからず天寿を全うしました。

いつも「ありがとう。済まないね。」の言葉だけ。

死の恐怖の言葉は、聞いたこともありませんでした。

まさにこの第8日目の言葉の通りですね。

「ありがとう」のことばを口に出して言うのは、

ほんとうに難しいですね。

この本は、毎朝、ぱっと開いて2,3ペ-ジ読むのが

いいでしょうね。

清水さんがDVDで話していることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長谷寺の続きです。 | トップ | 鎌倉山の葛原岡神社は、穏や... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。