おじさん山伏です

修験道の修行から見た心の散歩です。
アイヌのアシリ・レラさんからの命名です。
「キムン・マタギ」になりました。

ホロトロの清水義久さん講演会から

2016-10-13 | 日記

先月ホロトロピックネット-ワ主催の

清水義久さんの講演会がありました。

清水さんは、天外伺朗さんから「魔法使い」と言われています。

僕も3回ぐらい講演会を聞き増したが、終わって懇親会で

魔法を見せて貰いました。

一つ目は、ワインの味を、ドイツワイン、イタリアワインとその場で変えてしまいます。

二つ目は、縦書きに書いた漢字の名前を指でなぞるだけで

その人の状況が分かります。

気を送ってその方が良い方に向かうように祈ってくださいました。

今回の講演会に出席できませんでしたが、ホロトロのメルマガに

詳細に書かれています。

ホロトロピック・ネットワ-クからのメルマガは無料ですので

是非、申し込みください。

ホロトロピック・ネットワーク
〒102-0084 
東京都千代田区二番町1-2 番町ハイム234
Tel・Fax:03-6315-2533
E-mail:info@holotropic-net.org
URL:http://holotropic.wix.com/network 

一度、5000円を払うと会員になりいろいろな行事の参加費が

会員価格になります。

10月には、光田 秀さん12月には木村 由岐さんの講演会があります。

では、清水さんの講演の記録の一部です。

出版記念講演会からです。

私なりのアプローチがある。

効果があるとかないとかは関係なく最初からゴールを想像することだ。

あなたが問題解決に向けてやろうと決めたことは絶対に全部役に立つ。

この世のすべてはつながっているからだ。

だから何ができるか、なんでもいいから考える。

庭掃除がいい、道路掃除がいい、と思ったらそれをやる。

自分がゴールに向かっていると思って決めたすべてのことは

本当に現実的にアプローチとなる。決めているのはあなただ。

 

 アメリカ先住民のシャーマン、ローリング・サンダーの衝撃的な話がある。

 ある日、サンダーはニューヨークで入院している末期の

がん患者さんからヒーリングを頼まれる。

すると彼はその病院へは行かず、

アリゾナの砂漠に行ってしまう。

その時たまたまテレビの取材をされていて、

サンダーは薬草を取りに行くのだろうとカメラのクルーたちが

ついていくのだが、彼は来る日も来る日も砂漠を旅するだけ。

途中で何度か儀式をし、さらに砂漠の奥へ入っていく。

何日かたって、サンダーは砂漠のある地点で言う。

「あった、見つけた」と。そして何も無い砂漠の一点に杖を突き刺し、

帰りをうながす。

クルーたちは何が起きたのか、何の目的かも分からず

一緒に帰ってくるのだが、後日大変なことを発見する。

サンダーが砂漠で大地に杖を突き立てた同時間に、

病院で末期ガンの患者が一瞬で治っていたのだ。

 サンダーが砂漠で杖を突き立てた行為と末期のガン患者が

治ったことはなんらかの関係があるようには思えないのだが、

パウリはこういうことをシンクロニシティ(共時性)、意味がある偶然と言った。

このふたつの出来事は何の関係もないのだが、

サンダーにだけは必然だった。

彼はガン患者さんを治そうという意図を持ち、

その意識で砂漠へ出かけ、杖を突き立てたわけだから。

治ると思う確信と治る現実をただ砂漠で杖を突き立てると

いうdoingで結びつけただけだ。

 あなたが為しうるすべての行為はあなたが意図するとき、

目的と意味を持っている。

どんなことでも、そうしようと思って始めたことはゴールに近づける。

無駄な努力なんてこの世に何一つもない。なぜなら、

我々はホログラフィックユニバースのつながりの中で生きているのだから。 

 

この続きは、是非ホトロピックネットワ-クのホ-ムペ-ジから見て下さい。

勿論、無料です。

 face book 「この素晴らしき「気」の世界」で清水義久さんの

「気」の伝授が受けられます。

アドレスが長いのでコピ-ペ-ストして下さい。

https://www.facebook.com/%E3%81%93%E3%81%AE%E7%B4%A0%E6%99%B4%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%8D%E6%B0%97%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%95%8C-1610541489257037/

最後に、お金が黙って入ってくる話です。

「あなたを見た瞬間、素晴らしい方だとわかりました。

私は有り余るお金があります。

あなたこそが、わたしのお金を使っていただきたい方だ」。

 たったいまホテルの部屋で無一文だった彼が、

エレベーターを降り、外に出て、部屋に戻ってきたら、

10万ドルの小切手を手にしていた。

その事務員はひどく驚いたに違いない。

ヨガナンダはお金さえも引き寄せてしまう力を持っていた。

あなたのオーラを輝かせると世界はやさしくあなたを助け始める。

エネルギーボールという概念があります。

手からエネルギーを出してボールを作り、自分を輝かせてください。

と書かれています。

清水義久さんは、東京でセミナ-を行っていますが、

いつも満員です。

 

ありがとうございました。

自分を信じることですね。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 半世紀まえの淡い思い出です... | トップ | 鎌倉小町通りの散策 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。