おじさん山伏です

修験道の修行から見た心の散歩です。
アイヌのアシリ・レラさんからの命名です。
「キムン・マタギ」になりました。

長谷寺の隣の光則寺はお花が沢山。

2017-06-18 | 日記

長谷寺の山一つ北側の光則寺には、

沢山のあじさいが咲いています。

長谷寺ほど人がいませんのでゆっくりと

お花とお話ができます。

でも全国から鎌倉にやってきています。

お花ひとつひとつに名札?がついているので勉強になります。

ありがたいですね。

山門で維持費を100円。

境内の案内図があります。

 

 

 

 

 

 

長崎普賢岳のあじさいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お花の案内図?です。

 

ありがとうございました。

 

淸水義久さんのセミナ-から

昨日17日にお茶の水で第3回のセミナ-が1日ありました。

2回のセミナ-を受けて感じたことがあり、今回はどうなるのかと

思いましたが、期待していた以上でした。

京都や福井・大阪からいらっしゃっています。

①人生は、努力が1割で残りは運であること。

では、どうしたら運気を呼び寄せるか?

頭の上の第7のチャクラサハスラーラsahasrāra)と呼ばれ、

頭頂にある。sahasra は「千」、ara は「輻」〔や〕で、

千の花弁の蓮華(千葉蓮華)で表象される。

一説に千手観音の千手千眼はこのチャクラのことという。

参加者は大部分の人は、サハ-スラチャクラが開いているそうです。

僕も最近、わずかですが思わぬ収入があったり、昨日朝の食事の支度で

指を切りました。血がぽとぽとと。

でも1時間もしたら止まりましたし、痛みもありません。

自分でも不思議に思いました。

②もうひとつは、「あ」「い」「う」「え」「お」の

言霊のこと。「い」と発声すると天とと地がつながり

神さまからのメッセ-ジを受け取れるとのこと。

③手からエネルギ-を出せる方法のこと。

エネルギ-ボ-ルを手の中につくり30分ぐらい

手の中でそのボ-ルと遊んでいることを毎日続けること。

その結果、いろいろな面白いことがわかります

④癌は、心のストレスから起こることが多い。

本当は、心療内科にかかった方がよいのでは?

癌の発生する場所でその人の性格がわかります。

⑤奇跡が起きた人の話。マクドナルドの開設者の話。

彼の運がどのようにして起きたかの解説。

 

淸水さんは、縄文時代のシャ-マンの人たちが1万年を

掛けて育ててきた呪術を現代風にアレンジして僕たちに

惜しみなく教えていると感じています。

淸水さんの脳の中にDNDとしてしまい込まれていることを

自然と出てくるのではと思います。

僕たちもその淸水さんのメッセ-ジで自分の脳に

眠っていることが起きるのではと思います。

今回のセミナ-でさらに確信しました。

自分の願望のための高額な機械を必要としません。

自分の気持ちの持ち方や気功(淸水さんの言う気功)で

運気が広がり自分の望みが叶えられますと。

以前、淸水さんの話で京都芸子さんの奇跡のお話を

何人か人にお話を伝えましたが、ほんとうにわかったかたは二人だけ。

昨日の話でわかりましたが、そのお二人はサハ-スラチャクラが開いて

いることを確信しました。その方には運の女神さんが微笑んで

くれるのでしょうね。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長谷寺のあじさいの小道が始... | トップ | 光則寺のあじさいの続きです。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。