新宿少数民族の声

国際ビジネスに長年携わった経験を活かして世相を論じる。

9月15日 その2 専門商社マンと懇談した

2016-09-15 20:33:20 | コラム
紙パルプ産業の将来を憂いて:

今週はお陰様で多忙でも言うべきで、一昨日の商社マンに続き本15日は輸出入の古強者とでも形容したい専門商社の知人と懇談した。紙流通分野の動向などは今更語り合うまでもなかったほど沈滞気味なので割愛して、専ら世界の動向などを話題にしていた。

その中でも最も残念と言うべきか何と言うべきかも解り辛かった話題に、W社の私が19年間所属した事業部も売却処分され、何と最大の得意先の一社だった我が国の製紙会社が買い取って9月1日から同社の在米100%の子会社として再出発となった件があった。これで嘗てはアメリカ第2位の紙パルプ・林産物メーカーもほぼ完全にパルプと製紙事業から撤退して、元々の木材会社に戻った形なった。

最早、これで当方が在職中だった1990年代にアメリカの上位10社に入っていた製紙会社全部がパルプと洋紙部門を処分したか、他社と合併させたか、売却したかで、当時の社名が残っているのは未だに世界最大の規模を維持しているInternational Paper他1社を残すのみとなったと言える状態だ。アメリカにおけるICT化の進捗状況が大きく影響して、印刷(紙)媒体はそれほど激しく衰退したという意味である、

尤も、段ボール原紙のような「洋紙」ではない紙を作っている包装材料関連の会社は、合併等で社名が変わっても業界再編を進めて残っているところは多いようである。私が何時も言っていることだが、これと同じような現象は何時か我が国でも起きる事は間違いないと危惧するのだ。その時に、AIなどの普及に各方面でより一層努力されては、紙パルプ産業が持ち堪えるのは本当に容易ではないだろうと、彼と語り合った一時だった。

彼とは1時半に別れてから大江戸線経由で新宿に向かい更に山手線を乗り継いで高田馬場駅前のジムに向かった次第。それは、今日行っておかないと明日は朝から通院等の予定で動きが取れないので、せめてシャワーだけでも浴びてからゆっくりと入浴して休んでおこうと心がけた次第。

なお、余談だが、紙流通分野は不調とは申せこの1845年創業の専門商社は昔から都内というか江戸に店舗や倉庫等を所有していたので、その土地を活かして売上の中で不動産収入が二桁の比率になっているような体質改善が効果を発揮しているように見える。このように江戸時代から存続する歴史ある紙流通の大手は、未だ他に何社かあるが、皆都内の今となっては一等地に社屋や倉庫を持っていて有効活用しているようだ。

ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アメリカで離婚される条件 | トップ | 豊洲/築地問題 »

コメントを投稿

コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。