新宿少数民族の声

国際ビジネスに長年携わった経験を活かして世相を論じる。

5月14日 その2 中国の発想を考えると

2017-05-14 14:49:31 | コラム
一帯一路に見る中国の物の考え方:

目下、北京で世界から130ヵ国も参加して中国というか習近平が推進するこの構想の会議が進行しているようだ。我が国からは自民党の二階幹事長が出席するかと思えば、DPRKの代表も招待を受け入れたとか。大盛況の模様だ。私は個人的にはこの会議を決して愉快の出来事ではないと思っている。

中国が自認する世界の軍事・政治・経済の大国意識が鼻につくからだ。あれほど多くの国が北京まで行くと言うことは、中国がそれだけ認識され意識されているというか、放って置けないと諸国が考えているのだろう。

私は中国がそれほど経済的にも技術的にも我が国を凌駕して、諸外国が一目置くような存在とは思いたくないのだ。負け惜しみ的な言い方をすれば、アメリカは言うに及ばず、我が国にも21世紀の今日でも中国を下請けとして扱っているような製品、それも非耐久製品が多いではないか。

それでも圧倒的な人口の巨大さに支えられて(いると思う)世界第2の経済大国などと我が国のマスコミは礼賛するのだ。中国を一寸でも旅して見れば明らかなことだが、大都市を一歩でも離れた場合の地方との格差の甚だしさは、とても世界の一流の国家とは思えない様相を呈するのだ。

だが、私がこのように悔しがっても、中国の目の付け所は常に大きな視野と言うべきか、マクロに物事を見ると言うのか、未開の土地と文明の行き渡らない国が多いアフリカような所に進出して、輸出で稼ぎまくった豊富な外貨を活かして資金を振りまき「偉大なる中国の力」を誇示して見せたりするのだ。

今回の一帯一路(英語では”Belt and Road”となるのだそうだが)を見ても、我が国の中ではそう簡単に出てこないだろうと言うか、欧州までも陸続きと言えば言える立地条件を利用した、茫洋とした大きさが感じられるのだ。その立地条件をあのような構想で活かそうとする発想には、中華思想の歴史を感じさせてくれる。

私は個人的な感情論で、中国が企図することなどに関心がなかったが、左に寄っている我がマスコミが嬉しそうに囃し立てて解説するところを聞いていて「なるほど」と思うに至ったことがあった。それは1980代半ばに北欧を代表する多国籍企業の日本法人の副社長だった論客のK氏が初めて北米に出張され、我がW社の本社の壮麗なビルで我が上司のM副社長兼事業部長と懇談された後で漏らされた感想だった。

「初めてアメリカに来てあの本社ビルの中でM氏以下と懇談して痛感したことがありました。それはこういう環境で仕事をしているからこそ、W社はあれほど大きな構想を持って事業を推進される訳だと解ったことでした。だが、そのスケールを分析してみれば、その規模の大きさはあれほど広大なる土地に恵まれていることが、大きな要素だと言えるのです」だったのだ。彼は更に「スエーデンには800万の人口しかありませんし、国土も広大ではありません。発想の力もそういう条件に支配されるのでは」とも追加した。

長々とK氏の感想を引用したが、我が国には優れた人材が多く、例えば、科学の分野でノーベル賞を受賞された学者や研究者が多いこともその辺りを証明していて、中国(況んや韓国など)との比ではない。だが、何となく四方海に囲まれた相対的には狭い国土に住んでいては、アメリカや中国のような物の考え方をしないというか、考えの対象とする物が違うのではないのかと考えているのだが。

言うまでもないこことだが、私はここで彼我の優劣の比較をしているのではない。単純素朴に立地条件の違いだけを語ったいるつもりだ。もしかして、その違いが物の考え方を違いを生んでいるのかも知れないと考えているのだ。

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アメリカで見聞した女性の地位 | トップ | Englishにはこんな言い方もある »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。