新宿少数民族の声

国際ビジネスに長年携わった経験を活かして世相を論じる。

11月12日 その2 好ましくない出来だった昨夜の対オマーン戦

2016-11-12 08:50:33 | コラム
対オマーンの練習試合:

確かにハリルホジッチ監督が事前に言っていたように多くの新顔が試されていたし、言わば帰り新参の大迫も使われていた。いきなり結論を言えば「少なくとも5~6点を取って勝ってもおかしくない相手に、如何に新顔を使ったと言ってもあの出来では手放しで褒めることは出来ない」となる。あの何がしたいのか解らないと言うか、テイームとしての形がで整っていない相手にあの程度の出来では論評のしようがないのだ。

確かに大迫はドイツで毎試合使われているだけに2点を取ってくれたのは結構だったが、望むらくはもっと相手を下に見てやりたい放題をやっても良かったのではないかとすら感じた。前半は長谷部、岡崎、香川(負傷中)、長友(故障中?)、原口等々を出さずに進めた結果か大迫の2点だけに終わったのは非常に歯痒かった。それはあの弱い相手に相変わらず後ろで回している間に、前にいる連中が皆後ろ向きで一向に動いてフリーになろうとする努力をしないし、足下にパスが来るまで棒立ちで待っていたのでは褒めようがない。

本田はずっと貶してきていたが、成長の限界に達した模様で何をしたいのかがほとんど見えてこなかったか、あるいは出来なくなったのか。岡崎も後半には出てきたが、UKでは使われていない為としても余り怖さがない存在だった。2名とも気の毒だと思った。私はせめて元気があるし伸びてきている原口を前半から使うべきではないのかと思っていた。と言うのも、今や彼がテイームの中心選手に近い存在となりつつあるので、ドンドン使って自信を付けさせるべきだと思うから。

それにアナウンサーが五月蠅く「ドリブルがどうした」と褒めそやす斉藤は、未だ未だでJリーグでは通用するが国際試合の経験不足は明らかだ。使って貰えなければ向上しない理屈だが、使って貰える為には短時間の出場でも形を付けてみせねばなるまい。足が長い外国人選手を相手にキープすると「そんなところに足が出て来るはずがない」という次第で狙ったようには抜き去れないのだ。久保はU-23では良かったと思うが、昨日の使い方では判断のしようがない。

小林という新顔が終了間際に4点目を蹴り込んだが、あの髪型が気に入らないので評価したくない。そうそう、浅野を忘れるところだった。サッカーは陸上競技ではないのだから足が速いだけではなく、もう少しサッカーが上手くなる必要があるし、オフサイド・トラップに掛からない工夫をするべきだ。永木と丸山という新顔がいたが、あの相手を守り切ったのでは当然で、現時点での評価を保留にしたい。

次の本戦であるサウジアラビアに勝って貰わないと困るのだが、そこで本田や岡崎や香川や長友の経験をどう使うかに、監督がどう判断するかが大きな課題だろう。私は大迫を出すなら後半で、先ず原口は使わねばなるまいと思う。最後的手段が案外久保かも知れないが、あの監督さんのこれまでの選手の使い方と交代の投入の判断の悪さを思う時、それはあり得ない気がする。要するに「監督で負けた」とならないことを切望する。勿論、選手たちが奮起すべきだ。とは言うが、本心は監督を替えて欲しいのだが・・・・。

如何でしょうか、kazkさん!

ジャンル:
スポーツ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アメリカの政権移行テイーム | トップ | 11月12日 その3 kazkさんの... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kazk)
2016-11-12 10:49:31
勝っただけですねえ…

それ以上言いようがない、そういう気がします。オマーンはアジア予選でもう負けて目標がなく新しいチームを模索してる最中でしょう。いうなれば噛ませ犬なんですからもっと徹底的にやらねばイカンのですよ。本来なら8-0くらいで勝って欲しい試合でしょう。ボール支配率6割シュート数22対5で4点一体監督は何を考えてんだろうと思います。

こんな事、三次予選始まる前にやることだろうが…この監督の戦術眼とか何とかの前に今の状態の選手を評価する能力に少し疑問を感じます。大迫あたりの先発にしてもとにかく調子いいんだから使ってみろという外野の声に押されて使ったんでしょうか。本来前のキャンペーンで使わなかればいけないんです。

代表は戦術ありきか、選手ありきかという問題は常につきまといます。この監督、どっちか分かりません。名前のある代表を使ってそれが出来ることだけやろうっていうんでしょうか…これは最悪でしょう。戦術ありきならばそれにフィットするやつを見極めリザーブを用意しとかなくてはいけません。選手ありきならば、自分の好みにかかわらず生きが良くて元気なやつを名前にかかわらず使わなくてはいけない。

ザック氏は確実に前者でしたが、この御仁自分の好みの戦術をやらす、しかし名前のある奴らにそれやらせるということしか考えていない、上がり目の連中を使わない、一体何なのでしょう。今回は親善試合だから自由にやれたということもあるんでしょうが、それが若手の登用じゃねえ。今の連中の状態上げるほうが先だと思うんだが…それとも今回のようなラインナップでやるんだろうか…

全く意図が見えません。本来ならば選手交代完全自由にして(ジーコがこれよくやってましたよね)前半と後半で全く別のチームでやるとか普段できないことをやってみるとか建設的なことはいくらもあるような気がします。

おそらくサウジ戦はこのメンツで行くんでしょうから、考えねばいけませんがとにかく勝たねばいけない。原口大迫で行けるとこまで行くしか無いんじゃないでしょうか…と言ってもこれを試してないんだよなあ…馬鹿かこいつは…

代表は少し難しいことばかりやらせすぎですがそれを出来る人材は常に確保しろ、というのが小生の意見です。合宿には常に40人位呼び状態を見て常にコンビネーションを考えるべきです。これをやっておけば戦術変更にも調子落ちの選手の対応にも回せます。後は使う意図がない選手はベンチに置くな、と言いたい。本当に試すんだったらU20あたりから連れてきてもいいんです。久保健英は流石にないでしょうが…

日本の選手のレベルはそれなり以上に上がってるのですから、昔のように調子落ちでもリザーブよりマシということはないんです。このあたりが分ってないと監督で負けたわとなるわけです。この監督でよかったことはカウンターの意識が少しは深まったことくらいでしょうか、まあ必要にかられてやっただけという気もするんですがないよりましですかね。

とにかくラグビーと違い、代表行きたいやつらばかりなんだからこんな恵まれた環境はありませんよ。
今回の新人は相手が弱すぎますので評価の対象にはなりません。ただこんな相手に少し反則が多かったというのが気がかりです。こういのが蟻の一穴にならないことを祈るのみです。





コメントを投稿

コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。